ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

ケニアでも密猟が増加

参照記事 :
1.Des braconniers abattent un rhinocéros dans le parc de Nairobi(F)
2.Rhino killed in Kenyan reserve(E)
3.Poachers kill rhino in heavily protected Kenyan park (E)


ケニアで最も警備が厳重で、サイにとっての
サンクチュアリでもあるナイロビ国立公園で
8月9日、シロサイ1頭が殺された。

きっちり囲われたその45平方マイル(116.6平方km)の
ナイロビ国立公園は, 首都ナイロビの中心部から
僅か7km のところにある、世界で唯一、
首都の近くで生態系が守られている場所だという。


Kenya Wildlife Service (KWS)によると
この6年間でこのような密猟は初めて、ということだ。

ケニアで2012年に殺されたサイは29頭であったが、
今年はすでに35頭にのぼる。


ケニアでは、36年前からサイの角の商取引は禁止されている。
しかし、昨年も、ブラックマーケットで、サイの角が1キロあたり
6万ドルで売られていた、とKWSでは見ている。

7月には、ケニアの Mombasa 港で、3トン、そして1.5トン
という大量の象牙の積荷が続いて押収されている。



"It is the first such poaching incident in the park in the last six years," he said, adding it brings the total number of rhino killed this year to 35, already more than the 29 killed in Kenya in the whole of 2012.
(ref.3)
by dearhino | 2013-08-16 08:30 | ケニヤ | Comments(0)
<< 来年のライノ・カレンダー テロ組織の資金源となる密猟 >>