ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

ベトナムでサイ角の需要を減らすための長期キャンペーン開始

「私は、ベトナムに届くサイの角の多くが、
まだ生きているうちにサイの頭から
残酷に切り取られたものだということを
皆さんに知ってもらうために、ここに来ました。」


参照記事 :
1.Viet Nam fights to stop medical rhino horn myth (E)
2.Campaign Launched to Reduce Demand for Rhino Horn(E)


世界のサイの70%以上が生息する南アフリカでは、
今年になって既に580頭以上のサイが密猟された。

そのサイ角は東アジアの主に中国とベトナムに密輸されている。

ベトナムの最後のサイも、2年前に密猟者により殺された。

ベトナムでは、サイの角の粉を使った漢方薬が、抗ガン剤、解熱剤、
催淫剤、二日酔いの薬として効果があると信じられている、

また、高級ギフトあるいはステータス・シンボルとしての価値をもつ。

そのような現状のベトナムでなかで、8月26日から
「アジアの消費者からサイを救うキャンペーン」が始まった。

ハノイのイベントでは、ベトナムの・CITES当局 (*)が、
サイ角の需要を減らすため長期にわたる啓蒙キャンペーンを
実施することを開始することを発表。


キャンペーンの目的は、サイ角需要を減らすため、
ベトナム人に「髪や爪の成分の同じケラチンできているサイ角には
まったく薬効はない」という事実を知らせること。

まずはビジネス・リーダー、学生、伝統医学および西洋医学の医師、
学生、女性グループなどキーとなる人々に働きかけ、
そのコミュニティーの人々に広めてもらうことをめざす。


このキャンペーンに協力するHuman Society International
(世界的動物福祉団体のひとつ)野生動物部門のディレクターの
Teresa Teleckyは、

「この重要な問題について、ベトナムのCITES当局と協力できることは
喜ばしい。ベトナムでの需要を減らすことが、サイ角の不法取引の
市場を減らす根本的な解決策だ。」と語る。


このキャンペーンのために南アフリカからベトナムに来た
William Fowlds氏も次のように語る。

彼は、日頃、密猟者によって角を抉り取られたサイの
ぞっとするような傷を治療している南アフリカの野生動物医。

「ここから数千マイルも離れた私の国で苦しむサイのことなんか
東南アジアでサイの角を使用する人には、どうでもよいのかも
しれません。

でも、私は、ベトナムに届くサイの角の多くは、まだ生きているうちに
サイの頭から残酷に切り取られたられたものだということを
皆さんに知ってもらうために、ここに来ました。

私にとっては、それが日々の密猟の現実なのです。」


"William Fowlds, a South African wildlife veterinarian who has treated the appalling wounds of rhinos whose horns have been hacked from their faces, said: “From a distance of thousands of miles, the suffering of rhinos in my country may not register with people who use rhino horn in East and Southeast Asia. I'm here to remind people that rhino horns arriving in Vietnam have been brutally hacked from the faces of animals that are often still alive. For me, that's the day-to-day reality of rhino poaching.”
(参照記事2より、原文一部引用)



専門家は、このままでは、2026年までに、南アフリカの
クロサイとシロサイは絶滅するだろう、と警告している。



(*)
ベトナムは、1994年に121番目の CITES(ワシントン条約)
締結国となった。


-------------

ベトナムの環境保護団体 Education for Viet Nam Nature が
このほどリリースした広報ビデオでは、サイの角には薬効がないことは
言うまでもなく、サイの密猟問題にベトナムのサイ需要の増大が
どのように大きく関わってきているのか、などポイントを押さえて
わかりやすくセンスのよいアニメに短くまとめてある。

↓ (英語字幕つき)
Links between the killing of rhinos in Africa and consumers in Vietnam



このブログにおける関連投稿記事 :
http://dearhino.exblog.jp/16073046/ 
「サイの角が好きな金持ちベトナム人」

http://dearhino.exblog.jp/17746132/
『ベトナムで大量のサイ角を押収」
by dearhino | 2013-08-29 11:45 | ベトナム | Comments(2)
Commented by pentarou_2010 at 2013-08-29 23:39
素晴らしい報告をありがとうございます。
消費国に対してのアクションが一番理にかなっていると思います。
Commented by dearhino at 2013-08-31 16:06
このキャンペーンが、ベトナム富裕層の心に
届くことを切望しますよね。
<< サイとゾウ空輸、ナミビアからキ... 来年のライノ・カレンダー >>