ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

南ア、密猟者に厳正な裁判

16年の禁固刑、
死者に罪を着せようとした
若い密猟者たち。

南ア・アパルトヘイト時代の
国境・電気柵。

587



参照記事 :
1.Kruger rhino poachers get 16 years in prison(E)
2.Seize ans de prison pour trois braconniers de rhinocéros



20才のモザンビーク男性2人と、、23才の同じくモザンビーク男性が、
南アフリカの Nelspruit 裁判所で、南アフリカの
クルーガー国立公園において、メスのシロサイとその子サイを
殺した罪で、16年の禁固刑を言い渡された。


彼らの罪状は、公園内不法侵入、サイ殺し、角の切り取り、
火器と弾薬の不法所持。

この密猟事件が起きたのは、2012年5月10日のことで
公園レンジャーと南アフリカ軍との協力で、3人の男が
逮捕され、4人目の犯人はその際、撃たれて死亡した。


逮捕された3人の男らは、

「4人目の男が密猟者で、
彼がサイの親子を銃を狩猟用自動ライフルで殺した、
自分たちは、サイの角を斧で切り取り運ぶのを手伝っただけで、
その手間賃として2000ランド(150ユーロ)を各人がもらう
約束だった、」 と主張。

しかし、十分な証拠があるとして、裁判所の判断は、
彼らに16年の禁固刑を言い渡した。



彼らはフェンスを乗り越え公園内に侵入し、逮捕されたのは
戻るためにフェンスに向かっていたときだという。

逮捕時、激しく抵抗し、その時の銃撃戦で
4人目の男が致命傷を受けた。彼らを追跡するために
ヘリコプターも使用された。

担当検事によると、密猟の容疑者の殆どがモザンビークから
入ってくるという。




南アフリカの環境大臣の8月21日の発表では、
今年の密猟数は現時点で587頭。



近年の南アフリカの密猟の増加は止まることを知らない。


2007年 13頭

2010年  333頭

2011年  448頭

2012年  668頭



南アフリカでの密猟最多発地域は、モザンビークと国境を接する
このクルーガー公園で、モザンビークの組織化された武装密猟者たちが
流入している。

その結果、クルーガー公園で殺されたサイの数は
南アフリカの全密猟数の60%がにも上る。


今年、8月21日までにクルーガー公園で
犠牲になったサイは362頭。


このような現状にあって、 近頃、南アフリカの人々は、

アパルトヘイト政策時代、人種差別に反対する活動家の
潜入を妨げるために国境に設置された電気柵を、
密猟者の侵入防止のために再導入することを望んている、という。


なお、以前は、南アで密猟した犯人が国境を越えて
モザンビークに入ると逮捕できなかったが、
現在は両国の合意により
国境を越えても逮捕できるようになっている。




以下、参照文献1より原文一部引用

”NELSPRUIT - Three Mozambican nationals were jailed for 16 years each on Friday, for killing a white rhino and its calf in the Kruger National Park (KNP).

Their charges included entering the KNP without written authorisation from management, carrying out a restricted activity in a designated area (namely killing and dehorning a white rhino cow and its calf), and possession of an illegal firearm and ammunition.”


赤い印が、クルーガー国立公園。
a0280851_17395899.png

by dearhino | 2013-09-03 17:29 | 南アフリカ | Comments(0)
<< ケニヤのクロサイ、21頭の国内移動 サイとゾウ空輸、ナミビアからキ... >>