ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

南アのサイ角取引の合法化提案、その後。

南アフリカの1週間の平均密猟数

1月1日 ~3月13日  15.36
3月14日~9月19日  18.6

3月に南アフリカが提案した
サイ角取引の合法化案が
この密猟数増加に関係しているか?


参照記事 :
Number of Rhinos Poached in South Africa on Pace to Break Record (E)


南アフリカのEdna Molewa環境担当大臣が、
今年3月3日から14日までバンコクで行われた
ワシントン条約(CITES)会議において、
サイ角の不法な大量密猟への対抗手段として、
敢えてサイ角の国際取引の合法化を求める
提案をしたのは今年の3月。


その後、9月に発表されたロンドンのNPO Environmental
Investigation Agency (EIA)”の分析によると、
その提案以後、南アフリカのサイの密猟数は、毎週、
増加していった、という。


1月1日から3月13日までの、1週間の密猟数は、15,36。

3月14日から9月19日までの毎週の密猟数は18.6 に増加。
この6カ月で、合計505頭のサイが密猟されている。


この分析結果に基づき、ロンドンの Environmental
Investigation Agency は、サイ角の合法化に対し、
以下のような反対意見を掲げている。

「南アフリカの合法化案は、ベトナムや中国でのサイ角需要を
さらに刺激し、密猟を広げる。

サイ角は、あたかも投資対象として優れた商品であると、
国際市場に示唆することになるこの南アフリカの提案は、
南アフリカのサイに津波のような脅威を与えることに
なるだろう。」


それに対し、Molewa大臣の考えは、以下の通り。

「取引の合法化により、世界のサイの75%が生息する
南アフリカでのサイの密猟を減らすことができる。
南アフリカは、自国のサイを大量虐殺する
犯罪シンジケートを為すがままにはさせない。
南アフリカには、 16,437kg という大量のサイ角の
ストックがある」 


南アフリカ政府は、この合法化プランを支持しているが、
実行には、CITES メンバーの承認が必要で
投票は2016年に予定されている。


合法化案に関して、Save the Rhino Internationalの
ロンドン責任者 Cathy Dean氏の見解は以下の通り。、

「密猟に対する現在のアプローチがまだ十分でない
ということが、合法化支持と反対の双方の立場に
共通した現時点の認識であり、取引合法化に関しては、
詳細な検討が今後必要。」


今年の終わりには、南アフリカのサイの密猟数は、
900~1000 となることが予想されている。



以下、参照記事の原文一部引用 :

”Last March, in a bold move to combat the illegal slaughter of rhinoceros for their horns, South Africa's Minister of Environmental and Water Affairs Edna Molewa called for a legal international trade in rhino horn.

Now, an analysis by the non-profit Environmental Investigation Agency (EIA) in London reveals that since Molewa's announcement, the number of rhinos in South Africa poached each week has risen.”
by dearhino | 2013-09-29 21:58 | 南アフリカ | Comments(0)
<< 725 688 >>