ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

オークションにかけられるクロサイの命

1頭のクロサイを
大金持ちのアメリカ人に
撃ち殺させてもらえれば、
1800頭のクロサイに
いいことありますよ。




サイを絶滅から救うべく、サイの命を守るため密猟と戦う努力が
続けてられているなか、「1頭のサイを殺す」ことで、
サイの保護をしようという計画がある。



米テキサスの狩猟愛好グループ、ダラス・サファリクラブでは、
約1800頭のクロサイが生息するナミビア北東部の
Mangetti 国立公園の「クロサイ1頭を撃つチャンス」を
オークションにかける予定だ。

a0280851_01143100.png


ダラス・サファリクラブは、すでにナミビア政府から、
「クロサイ1頭を撃つ」許可を得ている。


同クラブはオークションを2014年1月に実施する予定で、
この許可証が、少なくとも25万ドル、できれば100万ドルで
売れることが期待され、それは全額、ナミビアのクロサイ
保護トラスト基金に寄付される。


クラブ事務局長のベン・カーター氏は、次のように語る。

「その資金が、密猟の監視やサイの頭数チェック
健康観察などトラスト基金の活動のために使われれば、
1頭のサイの損失をはるかに上回る利点があるはずだ。

それより、サファリ写真を売ればいいじゃないかと、
よく言われる。それもオークションにかけるが、
人々はそういうものには大金を払ってくれない。
もちろん、サファリに野生動物を見に行き、
猟銃ではなくカメラで野生生物を撮るために、
お金を使う人がたくさんいることも事実だが。」


アフリカ南部の国であるナミビアは、約1800頭のクロサイが
生息、その頭数ならば年間5頭までのクロサイを殺すことが
認められている。ダラス・サファリクラブによると、
限定的狩猟は、アメリカ野生動物局、国際自然保護連合,
CITESに支持されている保護戦略だという。


アメリカのFish and Wildlife Service(魚類野生生物局)
によると、過去には2009年にアメリカ人ハンターがクロサイを
1頭殺す許可を得て、そのために支払われた17万5000ドルが、
ナミビアの保護活動のためのトラスト基金に寄付された
ことがあるそうだ。


ナミビア政府は、狩猟許可を与えるのは、すでに子供を
設け、繁殖能力が落ちてきている年齢の高いクロサイに
することを決めている。


クロサイは、縄張り意識が高く、年齢の高いオスが若いオスの
繁殖を妨げるので、こうしたサイを排除することで、そのエリアの
若いオスが多くの子どもを作ることができるようになる、という。


オークションで権利を得たハンターは、狩猟のガイドを雇い、
ナミビア野生動物局の役人同伴で狩を行わなければならない。


アメリカのFish and Wildlife Service(米国魚類野生生物局)
によると、アメリカ政府はまだ、サイの死体をアメリカに持ち込む
許可をダラスクラブに対して与えていないという。


このオークションは、サイの保護に取り組んでいる人々にとって、
理解に苦しむものであり、それより基金にお金を寄付すれば
よいではないか?絶滅危惧種を殺すことは許されない、
と他の保護団体は反対している。


アメリカ最大の動物愛護団体 The Humane Society of
the United States (「全米人道協会」)もこのオークションの
ニュースに懸念を示し、アメリカ政府がサイの死体を持ち帰る
許可を与えないようにキャンペーンを実施する。



参照記事 :

1."Kill a rhino, save the rhino?"(E)
2.Texas ‘safari club’ auctioning chance to kill rhino in the name of conservation(E)
3."Dollas Safari Club to "Save Rhinos" by Auctionnig off a Rhino Hunt"(E)
4.Texas hunters to auction permit to kill black rhino(E)
5.Un permis de chasser un rhinocéros de Namibie aux enchères au Texas(F)



以下、参照記事4.原文一部引用 :

”Washington (AFP) - A Texas hunting club said Friday it aims to raise up to a million dollars for endangered black rhinoceroses by auctioning off a permit to kill one in Namibia.

"First and foremost, this is about saving the black rhino," said Ben Carter, executive director of the Dallas Safari Club, which is hosting the auction early next year.”


---------------------------------------------
大金を出して、狩猟許可を勝ち取ったハンターが、
もし、わざと弾を外して、サイを殺さなかったら、
彼の名は、サイを救ったヒーローとして世界中に
知られるでしょう。

そうすれば、サイ殺しのために支払ったお金も、
自己宣伝費として結構ペイされることにならない? 

お金持ちには賢くお金を使って欲しいわ!
by dearhino | 2013-10-26 23:56 | ナミビア | Comments(2)
Commented by pentarou_2010 at 2013-10-30 00:22
インディアンの次は、クロサイを殺す・・・!?
ブラックジョークだったと終わって欲しいです。
Commented by dearhino at 2013-10-30 15:22
ほんとうにそうですよね。さすがにこのオークションに関しては参照した記事にも、「撃ち殺すべきは、ハンターの方」といった怒りのコメントがたくさん付いていました。
<< ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み M99 に言及する最近の密猟関... >>