ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

罰則強化直後にまたナイロビで密猟

罰金最高50万円→→2300万円
禁固最長10年間→→死ぬまで


ケニヤで1月から施行されている
密猟の関する新しい法律では
罰則が大幅に強化された。

しかし、早くもケニアの首都ナイロビ中心部に
ごく近いナイロビ国立公園でサイが殺され
角が奪われた。犯人は逮捕されていない。



参照記事 :
1.Kenyan rhino killed in brazen attack despite new laws(E)
2.Braconnage. Un rhinocéros tué dans le parc national de Nairobi (F)
3.Serial Rhino Poacher Surrenders to Kenyan Authorities(E)


密猟が起きたのは、ケニヤの首都ナイロビにある
ナイロビ国立公園。

ナイロビの中心の高層ビル群から僅か
7kmのところにあり、首都に近い
貴重な野生の場所である。

フェンスで囲われた総面積17平方kmの
警備が最も厳しいとされる国立公園で、
サイにとって主要なサンクチュアリーと
なっている。。

昨年8月に初めてこの国立公園でサイが密猟され、
それはケニヤ政府にとってショッキングな出来事で
あったが、今回は、密猟の厳罰化実施直後のことで
さらに衝撃は大きい。

ケニヤでもここ数年密猟は急増し、2013年には
60頭のサイが密猟された。

そのため、密猟・密輸に関わる犯罪の罰則強化を
定めた新しい法律を昨年12月末に採択、
1月から施行している。

以前の法律では、罰金が最高465ドル、
懲役最長10年だった。

新しい法律では、罰金が最高23万ドルと
50倍近く跳ね上がり、終身刑を課すことも
可能になった。


また、ケニヤでは昨年から、追跡調査ができるように
すべてのサイの角にマイクロチップを埋め込む
計画を開始している。


参照記事1.より一部原文引用 :
”New laws have massively increased the punishment, with poachers now facing fines of as much as 20 million shillings ($230,000, 170,000 euros) and possible life in jail.”


ブログ内関連投稿記事 :
target="_blank">http://dearhino.exblog.jp/18357059/
「ケニアでも密猟が増加」
(2013.08.16)

target="_blank">http://dearhino.exblog.jp/18868224/
「ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み」
(2013.11.07)
by dearhino | 2014-01-28 17:14 | ケニヤ | Comments(0)
<< "野生動物不法取引&... 南アフリカ、2013年・サイ密... >>