ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

2014年・南アフリカのサイ密猟数:172

今年、南アフリカで
密猟されたサイは
3月14日現在、172頭。



つまり、
人間が、平均1日3.01頭、
生きたサイからその角を奪うため、
やがて死に至る残酷な方法で
サイを傷つけている、
ということ。



2月26日現在の統計では、
平均1日2.56頭だったので、
状況はさらに悪化している。




参照記事 :
172 rhino poached, 54 arrested in 2014


以下、参照記事原文一部引用 :

”A total of 172 rhino have been poached in South Africa since the beginning of the year, the environmental affairs department has said.“The Kruger National Park remains hardest hit by rhino poaching, having lost 113 rhino since January 1,” spokesperson Albi Modise said today.”


ブログ内関連投稿記事 :
「146」
http://dearhino.exblog.jp/19516624/
(2014.02.28)
by dearhino | 2014-03-17 11:50 | 南アフリカ | Comments(2)
Commented by くみ at 2014-03-20 01:39 x
はじめまして 犀が大好きなおばさんです。偶然このブログを見つけ読ませていただきました。密猟は昔のことと思っていましたので、未だ密猟が行われていることを知り衝撃です。しかも増加していると知り驚きです。 世界の実情を知りたいので今後もたくさん教えて下さい。そして、私たちに何ができるのか考えたいと思います。
Commented by dearhino at 2014-03-20 18:10
くみさん、コメントを有難うございます。近年、中国やベトナムの経済が発展して、サイの角の粉を使った漢方薬や、角から細工された製品などをステータス・シンボルとして、違法であるにも拘わらず、超高値で買う金持ちが増えてしまいました。彼らは、自分が買ったサイの角が、密猟者によって生きたサイから残酷に切り取られたものだという事実に関心が薄いようです。今、野生のサイのニュースといえば激化する密猟のことばかりで、暗い気持ちになってしまいますが、関心を持って下さる方がいらっしゃるのはサイのためにもとても嬉しいです。よかったら、動物園のサイのブログの方もご覧になってくださいね。Twitterでブログ更新のお知らせをしています。それでは今後共、よろしくお願いいたします。ちなみに私も「おばさん」世代です。
<< シロサイの赤ちゃん、撃たれたけ... 新たなメスのスマトラサイを捕獲 >>