ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

南アフリカのサイの密猟数:769

南アフリカのサイの密猟は
最近、特に増加が激しい。


参照記事 :
1.Poaching Update: More Than 730 Rhinos Killed So Far This Year
2.Rhino poaching Update 10/09/2014



6月30日まで 496 頭
7月10日   558 頭
7月31日   618 頭 

9月10日  769頭


今年、殺された769頭のうち、
489頭は南アフリカ北東部、
モザンビークとの国境に接する
クルーガー国立公園で犠牲となっている。


クルーガー国立公園の面積は
約2万平方キロメートル、
日本の四国に相当する大きさで、
約9千頭のサイが
生息していると言われている。

a0280851_14340648.png

2013年の南アフリカのサイの密猟数は
1,004頭であるが、
このペースで殺され続けると、
今年はそれを上回る数の
サイが犠牲になることが避けられない。


1977年以来、ワシントン条約によって、
サイの角の国際取引は禁止されているが、
需要の増大で密猟が増加するばかり、
絶滅の危機が刻々と迫っているのが現状だ。



以下、参照記事2.より原文一部引用 :

The call for communities to embrace the rhino as an important contributor to tourism and as a heritage icon in South Africa comes as the number of rhino poaching for their horns since January 2014 increased to 769, with 227 people arrested countrywide.

The Kruger National Park continues to bear the brunt of rhino poaching in South Africa, having lost 489 rhinos so far this year. A total of 103 rhinos have been poached in Limpopo, 65 in KwaZulu-Natal, 47 in North West and 43 in Limpopo.


ブログ内関連投稿記事 :
「南アフリカのサイ、7月の惨状」
http://dearhino.exblog.jp/20082300/
(2014.08.10)



by dearhino | 2014-09-12 16:46 | 南アフリカ | Comments(0)
<< 南アフリカでのサイ角盗難事件 南アフリカ・500頭のサイの移動計画 >>