ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

ボルネオ島のスマトラサイ

WWF Japan
スマトラサイ保護
緊急プロジェクト開始。



ボルネオ島は、北側の約3分の1がマレーシア領、
中部から南側にかけてがインドネシア領であるが、
そのインドネシア領のスマトラサイは、
1990年代に絶滅したと、考えられていた。

しかし、2013年3月に偶然、WWFインドネシアの
スタッフがスマトラサイらしき足跡を発見し、
その後、追跡調査したところ、カメラ・トラップにも
その姿が撮影されており、ボルネオ島の
インドネシア領でもスマトラサイが生存していることが
明らかになった。



ブログ内・関連投稿記事 :
「スマトラサイ 生存確認!!」
(2013.04.06)

スマトラサイが撮影された動画は こちら



スマトラサイが発見されたのは
国立公園からも離れた場所で、
保護の法律で守られているわけではない。

現にさほど遠くないところで、密猟者の姿が
カメラトラップに写されていたそうだ。

せっかく発見されても、密猟者に知られて
殺されてしまうなら本当に元も子もない。


そのため、WWFインドネシアでは
地方政府と連携して生息数、生息範囲などに
基づく法的整備をめざす。


密猟防止には、地域の警察、森林開発企業、
住民との協力も不可欠なので、WWFの
専属スタッフが関係強化にあたっている、
という。



この活動を支援するWWFジャパンの
キャンペーンについては、 ↓
https://www.wwf.or.jp/campaign/2014_au/
a0280851_23252460.jpg

参照記事 :
WWF会報 2014.11-12月号
「生きていた!ボルネオのスマトラサイ」



11月2日、金沢動物園の「エコ森ワンダーパーク」に
出展されたWWFのブース。
a0280851_22592194.jpg



ブースでも販売されていた支援金付きの
サイのキーチェーン。800円の支援金込みで
1829円。なかなか可愛い。
Panda Shop での購入は ココ
a0280851_23012865.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スマトラサイ :

5種類のサイの中で一番小さく、身体にうっすら毛がある。
スマトラ島、ボルネオ島、マレー半島の熱帯林に、
あわせて 220~275頭くらい生息。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



by dearhino | 2014-11-04 23:27 | インドネシア | Comments(0)
<< 早くも2013年の年間密猟数を... 南アフリカのサイの過酷な密猟状況 >>