ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

アッサム地方のインドサイの密猟

野生のインドサイ約3200頭のうちの約70%が暮らす
カジランガ国立公園は、紅茶の産地として有名な
インドのアッサム地方にある。

a0280851_18165167.jpg

1月4日、アッサムで今年最初に密猟の犠牲となった
インドサイの死体が発見された。

夜中の3時半頃、銃声が聞こえて監視員が駆けつけたところ。
すでに角がえぐり取られたサイの死体が残るのみで
密猟者の姿はなかった、という。


2014年にアッサム地方で密猟により殺されたサイは31頭、
その殆どがカジランガ国立公園のインドサイだった。

その前年の2013年はアッサム地方の密猟数が過去最多で、
年間41頭、内訳は以下の通り。

カジランガ国立公園    27
マナス国立公園       5
オラン国立公園       3
パビトラ野生生物保護区  2
その他          4



2014年の大晦日には、オラン国立公園で密猟があった。
オラン国立公園の監視員が密猟者にサイの居場所の
情報を流し、さらに密猟者援護のため同僚の監視員を
殺害している。


2001年から2014年までのアッサム地方での
サイの密猟数は、トータルで193頭。
ここ3年間で109頭ということから、
近年、密猟が急増していることがわかる。



参照記事 :
1.New year in Kaziranga begins with rhino poaching
2.Forest guard held for killing colleague, rhino
3.Poachers kill this year's first rhino in Assam


参照記事1より原文記事一部引用 :

”For the officials and staff of the Kaziranga National Park, the new year began on a sad note as poachers after succeeding in killing a rhino on Sunday, managed to escape unchallenged after sawing off its horn.”


by dearhino | 2015-01-05 18:50 | インド | Comments(2)
Commented by kazz_amemori at 2015-01-05 22:50 x
どっかの頭のいい悪党が偽物のサイ角を開発し流通させる事を望みます。
Commented by dearhino at 2015-01-06 10:27
それはすばらしいアイディアですね!それが大量にブラックマーケットに流入してサイ角が値崩れし、密猟シンジケートがサイ角でぼろ儲けすることを諦めてくれたら、と想像するだけでも嬉しくなります。あと、サイ角の薬を飲むと、時間を経て少しづつ神経が侵され麻痺がおこる、とか何かまことしやかなデマが流せないものかなと思っています。
<< 南アフリカのサイの密猟増加は止... サイの蹄も高値で闇取引 >>