ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

来日中のウィリアム王子はサイの保護活動にも熱心!

来日中の英国ウィリアム王子は、
サイの密猟問題にも関心が高く、
絶滅阻止のための啓蒙活動にも
貢献している。

a0280851_10203416.jpg
Photo(C):Getty Images

王子から野菜をもらっているのは、イギリス、ケントの
Port Lympne Wild Animal Park から他の2頭と共に
繁殖のためタンザニアの国立公園に移送されるZawadi という
5才のクロサイ。王子はこのプロジェクトをサポートしている。
(2012年6月)

因みに、大阪の天王寺のクロサイ、トミーの孫アサニも、
同じケントの、Port Lympne Wild Animal Park にいる。
ここは、欧州で最も多くクロサイを飼育し、タンザニアの
安全な保護地にクロサイを送るプロジェクトを実行している。


ウィリアム王子に話を戻すと、王子はサッカーのベッカム選手、
バスケットボールのスター選手ヤオ・ミンらと共に
サイ角製品の不買を訴えるキャンペーンビデオにも出演。

CGのサイに囲まれて3人が
サッカースタジアムを歩いているという
視覚的にもとても面白い映像だ。

下記の投稿記事を参照しつつ、是非
このキャンペーンビデオを見て頂きたい。

「英王子とベッカム選手らが、アジアに向けて訴える!」
http://dearhino.exblog.jp/19476184/
(キャンペーンビデオ動画あり)
(2014.02.18)


ウィリアム王子がケイト妃にプロポーズしたのは、
サイの保護区としても有名なケニアの
レワ野生動物保護公園だったそう
なので、
それは、王子の人生に「サイ」が大きな意味をもつ
ことの表れかもしれない!


参照記事 :
1.Duke of Cambridge: rhino poachers make me angry.
2.Prince William speaks out against rhino horn illegal trade.
3.Prince William :Rhino poachers are "ignorant".

参照記事3.よりウィリアム王子の言葉を引用 
”The prince called illegal poachers “extremely ignorant, selfish and wrong," adding, "It makes me very angry. It’s a waste.””




by dearhino | 2015-02-28 12:25 | イギリス | Comments(0)
<< クロサイの赤ちゃんの小さな角ま... キタシロサイ最後の5頭の覚え方... >>