ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

発表されない南アフリカのサイの密猟数

昨年までは、毎月、
南アフリカの環境省が
自国のサイの密猟数を
公表していたが、
今年は4月に、393頭と
発表されて以来、
情報がない。


4月の時点での393頭は、昨年の同時期に比べて
62頭の増加だった。

7月に有力な保護活動NGOから出された数字では、
6月末現在において、595頭。つまり、
月に100頭平均が殺されている。

もし、このペースで続くと、年末には
昨年の年間密猟数の1.214頭と同じくらいに
なるのだろうか?


a0280851_19482992.jpg
© Nam Tuan Nguyen


年間密猟数に関して、保護活動家らは、
妊娠していたサイの胎児や、
親が殺された後にライオンなどに食い殺された
孤児サイの数が抜けていることもあり、
実際は発表された数字よりも多い、と見ている。


南アフリカ環境省のモレナ大臣は、
密猟数の発表時期の予定も
まったく表明していないので、
次の発表がいつになるのか不明。



参考:
「謎:南アフリカはサイの密猟数の毎月の発表を中止! 」
http://dearhino.exblog.jp/21219427/
(2015.05.12)


南アフリカには、シロサイ約18,000頭、
クロサイ約2,000頭が生息し、それは
世界のサイの生息数の74%に当たる。




参照記事 :
1.Unofficial rhino kill figure just short of 600.
2.South Africa counts carcasses as rhno poaching surges.





by dearhino | 2015-08-19 15:37 | 南アフリカ | Comments(0)
<< 米スマトラサイ、インドネシアの... ベトナムで連日、港と空港でサイ... >>