ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

ハノイの笑顔はサイを救う希望!


ハノイ・サイ保護イベント報告②



5月29日にハノイのイオンモール・ロンビエンで
開催したサイ保護イベントに来てくれたベトナムの
子供たちとファミリーの皆さんは、サイの密猟の原因となる
サイ角の使用をやめてサイを守ろう!という私達の願いに
共感してくれたことを素晴らしい笑顔で示してくれました。

ベトナムにはサイの味方になってくれるヒトもたくさんいる!と
サイたちにも伝えたくなります。ここにサイを救う希望があります。

皆様にもその笑顔をご紹介したいと思います。

クロサイの大きな写真の前にサイ保護のメッセージを
手に立ってくれたハノイのこどもたちとファミリー。
a0280851_15594256.jpg
a0280851_15502997.jpg
a0280851_15500879.jpg
a0280851_15513438.jpg

a0280851_15592192.jpg
a0280851_15511754.jpg


そして、リトルGと仲良くしてくれたみなさん、
ありがとうございます。

今回のイベントの展示で、南アフリカには、
お母さんを角目当ての密猟者に殺された
リトルGのような孤児サイがたくさんいることを
紹介しました。

これからもリトルGのことを思い出して、
サイ角の問題を考えてもらえたら有難いです。

サイの角には薬の効果はないこと、
サイ角を使うのをやめないと、サイが絶滅することを
みんなに伝えてくださいね。


a0280851_16331788.jpg
a0280851_16325965.jpg

a0280851_16324966.jpg
a0280851_16323502.jpg


赤いTシャツのスタッフ達もリトルGを可愛がってくれました。
a0280851_16322556.jpg

a0280851_16320004.jpg

a0280851_16312843.jpg
a0280851_16314363.jpg
a0280851_16311503.jpg


現実のリトルG (Gertjie) はこの子です。
親友のラミーと一緒。

a0280851_17313677.jpg
(C):The Hoedspruit Endangered Species Centre


最後に皆様にお願いです。

お母さんを密猟者に殺された孤児サイは、
ひとりで生きていくことはできません。
母乳をもらえないので餓死するか、ライオンなどに
襲われるか、あるいは不幸中の幸いでリトルGのように
レンジャーなどに見つけられ保護されればミルクで
育てられます。

ベトナムでのサイ角消費をゼロにすることで
孤児サイをこれ以上ふやさないようにするためにも
こうした活動を今後も続けていきたいので
現在クラウドファンディングで資金の支援を募集しています。

こちらからクレジットカードでご支援いただけます。↓
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos


口座振込みでご支援して頂ける場合
にアクセスして、リターン(お礼の品)についても
確認いただいた上、当ブログのコメント欄から
ご連絡(非公開コメント可)頂けましたら
振り込み口座番号のお知らせをさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。



参考 :

○東京のリトルGの Facebook ページ。
https://www.facebook.com/littleGkun/


○ブログ内関連投稿記事:

”5/29 ハノイでサイ保護イベントを実施しました”

”ベトナム人が書いてくれた130のメッセージ”




by dearhino | 2016-06-10 17:52 | ベトナム | Comments(0)
<< ベトナムの人々が書いてくれた、... 5/29 ハノイでサイ保護イベ... >>