ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

カテゴリ:インドネシア( 12 )

インドネシアの保護区でスマトラサイの赤ちゃん誕生

5月12日、インドネシアの
スマトラ島のWay Kambas
国立公園内の保護区で
2頭目のスマトラサイの
赤ちゃん(♀)誕生!

地球に残るスマトラサイは
100頭以下なので、
スマトラサイの未来を担う
本当に大事な赤ちゃん!

a0280851_23353101.png
(C):Stephen Belcher


母親の Ratu は、出産前の数日は落ち着かない様子だったが、
分娩には僅か4分しかかからなかった。

赤ちゃんはとても元気で、1時間以内に立ち上がり、
2時間後には授乳が始まった。

生後2日目の様子。




この赤ちゃんは、野生由来の母親と、米国の
動物園生まれの父親とのあいだに生まれた第2子。


母親のRatu :
ラトゥ♀は、約10年前の小さい頃、付近の住民に大きなブタと
間違えられ殺されそうになっていたところを
国立公園のレンジャーに助けられ、サンクチュアリーで
暮らすようになった。推定14才。


父親のAndalas :
アンダラス♂は、2001年、アメリカのシンシナティ
動物園生まれで、2007年に繁殖のためにインドネシアの
この保護区に移動した。


ラトゥとアンダラスのあいだには
2012年、第1子のアンダトゥが誕生している。


ブログ内関連投稿記事 :
「保護区のスマトラサイが第2子妊娠」
(2015.09.30)


参照記事 :
1.希少スマトラサイの赤ちゃん誕生、インドネシア
2.It’s a Girl! Rare Sumatran Rhino Gives Birth At Indonesian Sanctuary
3.Indonésie: naissance d’un bébé rhinocéros de Sumatra


参照記事2より原文一部引用 :

“Ratu was restless for several days and took only about four minutes to deliver the calf in the last stage of labor. The calf stood within the first hour and began nursing within the first two hours,” said Arsan. “Once again, Ratu is showing us that she is a very good mother.”




by dearhino | 2016-05-20 09:17 | インドネシア | Comments(0)

落とし穴から救出されたスマトラサイが死亡

先月、インドネシア領の
ボルネオ島の
落とし穴に、
はまった
ところを救出、
保護区に移送された
スマトラサイが
5日、足の感染症のため死亡

a0280851_16182630.png
(C):Ari Wibowo/WWF

このスマトラサイは Najaq と名付けられた
4-5才の若いメスで、
その死は地球上の生息数が
100頭にも満たない
スマトラサイの未来にとって
大きな損失となる。

本当に残念だ。


ブログ内関連記事 :
「ボルネオ島の落とし穴で発見されたスマトラサイ」
http://dearhino.exblog.jp/22668406/
2016.03.31





参照記事 :


参照記事より原文一部引用 :

”The rare rhino was caught in a pit trap last month in East Kalimantan province in an area close to mining operations and plantations, where it was struggling to survive.

However Najaq, as the female rhino was known, succumbed to a leg infection after her health deteriorated in recent days, Indonesia's environment ministry confirmed.”








by dearhino | 2016-04-07 16:33 | インドネシア | Comments(0)

ボルネオ島の落とし穴で発見されたスマトラサイ

3月12日、ボルネオ島で、
落とし穴にはまった
スマトラサイが発見され、
保護された。

生きているうちに発見されて
本当によかった!

a0280851_02010938.png
(C):Ari Wibowo/WWF


ボルネオ島は、北半分がマレーシア領、
その一部がブルネイ領、南半分が
インドネシア領であるが、このスマトラサイが
発見されたのはインドネシア領東カリマンタン州の
西クタイ県の鉱山とプランテーションに近い場所に
設置された落とし穴だった。



ボルネオ島インドネシア領のスマトラサイは
絶滅したと考えられていたが、2013年に
カメラトラップでその姿が撮影され、
その後の周辺調査で、Kutai Baratにおいては
3グループ15頭が確認されている。

ブログ内関連投稿 :
「ボルネオ島のスマトラサイ」
http://dearhino.exblog.jp/20351279/
2014.11.04


落とし穴から救助した現地のWWFによると
今回のように直接スマトラサイと接触をもつのは40年来、
初めてのことであるという。

このスマトラサイは4-5才のメスで、そこから150kmほど
離れた安全な保護区に移送される予定。



a0280851_02012441.png

スマトラサイは、インドネシアのスマトラ島と
ボルネオ島のみにしか生息しておらず、
総数は100頭以下と考えられている。

ボルネオ島のマレーシア領では昨年、野生のスマトラサイの
絶滅が宣言されている。


参照記事 :
1.野生のスマトラサイ、40年ぶりに接触
2.Sumatran rhino sighted in Indonesian Borneo for first time in 40 years.
3.New hope for Sumatran Rhino in Borneo



参照記事3より原文一部引用
"The captured female rhino is being held in a temporary enclosure before being translocated by helicopter to a new home – a protected forest about 150 km from the capture site. The rhino's new home is envisioned as the second Sumatran Rhino Sanctuary in Indonesia."


by dearhino | 2016-03-31 20:05 | インドネシア | Comments(0)

米シンシナティ動物園のスマトラサイがインドネシアの保護区に無事到着

動物園のラスト・サムライならぬ
ラスト・スマトラサイが
生息地のサンクチュアリーへ。


スマトラサイは、密猟や生息地の破壊により
ここ50年で生息数が激減し、もう地球に約100頭しか
いなくなってしまい、絶滅の危機が切迫している。


そのため繁殖を目指して、米国オハイオ州から生息地の
スマトラに移動することになったシンシナティ動物園生まれの
スマトラサイ、Harapan (愛称ハリー)が、11月1日に無事に
インドネシアに到着。

a0280851_19155796.jpg

36時間のフライト後、ジャカルタの空港からトラックで
Mirak 港に行き、そこからフェリーでスマトラ島に渡り、
再び陸路で目的地のWay Kambas 国立公園まで、
出発地から1万6000km、計50時間の長旅であった。

出発前には、入念なメディカルチェックや
狭い輸送箱に慣れる訓練が行われた。



その結果、問題なく長旅を終え、到着後も
食欲が衰えることもなく元気にしている模様。

2週間以上の検疫期間を経て、サンクチュアリーに
迎えられる予定だ。


Harapan♂ は、現在8才、重さ816kg,
動物園にいる世界唯一のスマトラサイ
だった。


出発前日のシンシナティ動物園で。↓
a0280851_19172560.jpg
Photo(C):AP


3頭の子の繁殖に成功した(Harapan の姉の
Suci は昨年に死亡)シンシナティ動物園の
スマトラサイ・繁殖プログラムもこれで終了。


生後4ヶ月のHarapan と お母さんの Emi
a0280851_19153966.jpg
Photo(C):Courtesy of the Cincinnati Zoo


繁殖プログラムの責任者のTerri Roth 博士と
Harapan の移動に付き添ったキーパー, Reinhart氏。

a0280851_19152060.jpg
Photo(C):Courtesy of the Cincinnati Zoo
and Botanical Garden


今後、Harapan は、同じくシンシナティ動物園から
2007年に移動して来た兄のAndalas と共に、
3頭のメスがいるこのサンクチュアリーで
繁殖をめざす。

Andalas は、2012年にRatu とのあいだに
最初の子を設けた。そして現在、Ratu は
第2子を妊娠中、2016年5月に出産予定。

Harapan ♂が、兄のAndalas に続いて父親となって
スマトラサイの血を後世に繋いでもらいたい、
というのがスマトラサイを思う世界中の人々の
願いだ。

Harapan の名前の意味は「希望」。
まだ、スマトラサイの未来に希望はある。


参照記事 :
1.US-Born Sumatran Rhino in Indonesia on Mating Mission
2.Harapan, the Sumatran rhino starts 50-hour journey to Indonesia with zookeeper,veterinarian and six cases of food.
3.Harapan, l'un des derniers rhinocéros de Sumatra, arrivé en Indonésie pour sauver son espèce


参照記事1.より原文一部引用 :
A U.S.-born Sumatran rhino arrived in his ancestral home of Indonesia on Sunday, making the long journey from Cincinnati, Ohio, on a mission to mate to help save his critically endangered species from extinction.



ブログ内関連投稿記事 :
「米のスマトラサイ、繁殖のためにインドネシアへ」
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/
(2015.09.07)



by dearhino | 2015-11-02 19:56 | インドネシア | Comments(0)

サンクチュアリーで保護下のスマトラサイが第2子妊娠

地球に残っているサイ5種のなかで最も小さく、
体毛が生えた原始的な種とされるスマトラサイは、
スマトラ島とボルネオ島に約100頭、飼育下で
9頭しか生息していない。


インドネシアのWay Kambas 国立公園の
スマトラサイ保護区で飼育されているメスのラトゥが
第2子を妊娠していることが、9月22日「世界サイの日」
("World Rhno Day")に公表された。

1月に、第1子の父アンダラスと交尾し妊娠、
来年の5月頃に出産の予定。


参照記事 :
1.絶滅危惧種スマトラサイ、第2子を妊娠 インドネシア
2.We’re celebrating World Rhino Day with BIG NEWS
3.Indonésie: Une rhinocéros de Sumatra est enceinte



117日目の超音波診断の画像に赤ちゃんの顔がはっきり写っている。
a0280851_00074692.jpg

超音波診断の動画画像 → ココ

ラトゥ♀は、小さい頃、付近の住民に大きなブタと
間違えられ殺されそうになっていたところを
国立公園のレンジャーに助けられ、サンクチュアリーで
暮らすようになった。推定1999年生まれ。

アンダラス♂は、2001年、アメリカのシンシナティ
動物園生まれで、2007年に繁殖のためにインドネシアの
この保護区に移動した。

ラトゥとアンダラスのあいだには
2012年、第1子のアンダトゥが誕生している。


ラトゥと第1子のアンダトゥ ↓
a0280851_00285861.jpg
Photo(C):Indonesian Ministry Of Forestry Indonesian Ministry Of Forestry


関連投稿記事 :
「インドネシアでスマトラサイの赤ちゃん誕生」
http://dearhino.exblog.jp/16055754/
(2012.06.25)

アンダラスの弟のハラパンも近く、
シンシナティ動物園から、同じく繁殖のため
ここの保護区に移動予定。

関連投稿記事 :
「米のスマトラサイ、繁殖のためインドネシアへ」
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/
(2015.09.04)


100頭くらいしか現存しないスマトラサイが、
1頭でも増えることは、大きな希望だ。
無事に誕生してくれることを切望する。


参照記事2.より原文一部引用 :
"Ratu — a rhino living at Indonesia’s Sumatran Rhino Sanctuary — is pregnant with her second calf! Our new recruit is a game changer — offering hope for the survival of critically endangered Sumatran rhinos."




by dearhino | 2015-09-30 00:59 | インドネシア | Comments(0)

ジャワサイの赤ちゃん3頭が生まれていた!

ジャワサイとは、インドネシアのジャワ島に生息する、
インドサイを少し小型にしたような角が1本のサイ。

現在は、ジャワ島のウジュン・クローン国立公園に
僅か60頭ほどが生息しているのみ。

そのジャワサイに、嬉しいニュースが!

ウジュン・クローン国立公園内に
設置されたトラップカメラで、
2頭のオスと1頭のメスの
赤ちゃんが撮影されていた。

a0280851_22423956.jpg
(C):参照記事2より


トラップカメラで撮影された動画はココ


今回の撮影時期は、今年4月から7月の期間。

カメラは、ユネスコ世界遺産に指定されている
原生林のなかにある5100ヘクタールの国立公園の
サンクチュアリーに最近設置された。

赤ちゃんは、それぞれ別の母親の子で、健康状態も
良好の様子。

ウジュン・クローン国立公園のジャワサイは、
2011年には35頭まで減少したが、嬉しいいことに
約60頭まで増加している。

それには、2014年に設立された人間の立ち入りを
禁止したサンクチュアリーの存在が大きいのだろう。

サンクチュアリーでは、電気柵を設置することにより、
密猟者だけでなく周辺住民とのトラブルも回避して
ジャワサイの安全を強化している。

このサンクチュアリーの設立の経緯に関しては
以下の投稿記事へ。
   ↓
「ジャワサイのサンクチュアリー」
http://dearhino.exblog.jp/19240275
(2013.12.28)


参照記事 :
1.Rare baby rhino filmed in Indonesian Park.
2.Trois bébés rhinocéros rares ont pu être filmés.


参照記事1より原文一部引用 :
"Officials said the calves - two males and a female - were filmed in Ujung Kulon park on the island of Java, between the months of April and July."



ジャワサイ :
体重900~2300kg
体高1.5m~1.7m
寿命30~40年
3年に1度くらい出産



by dearhino | 2015-09-28 23:03 | インドネシア | Comments(0)

米スマトラサイ、インドネシアのサンクチュアリーへ移動

インドネシアのスマトラ島南部、
Way Kambas 国立公園内の
Sumatran Rhino Sanctuary へ、
米オハイオ州のシンシナティ動物園の
スマトラサイのオスが繁殖のため
移動することになった。



Photo(C):Cincinnati Zoo
a0280851_21464847.jpg

もはや野生に約100頭くらいしか生息していない
スマトラサイ、飼育下では9頭。

Sanctuary 内での繁殖が切実に期待される。

詳しくは、
 ↓
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/





by dearhino | 2015-09-07 00:13 | インドネシア | Comments(0)

WWFスマトラサイ保護プロジェクト報告会

昨秋からキャンペーンが開始されたWWFジャパンの
「幻のサイを守ろう!スマトラサイ保護プロジェクト」の
報告会が3月14日に実施され、WWFジャパンおよび
WWFインドネシアの担当者の方から現地の状況などを
聞くことができた。調査の大変さを知ると同時に、
スマトラサイを守ろうという熱意が伝わるレクチャーだった。


1990年代にスマトラサイは絶滅、と思われた
インドネシア領のボルネオ島で、
WWFインドネシアのスタッフが偶然
スマトラサイらしき足跡を発見。

その後、設置された自動撮影カメラに
スマトラサイが撮影され、
その生存が確認された。



そして、この「スマトラサイ保護プロジェクト」で
調査と保護への活動をサポートすることになる。

a0280851_10593772.jpg

スマトラサイ保護のWWF緊急プロジェクト↓
http://www.wwf.or.jp/campaign/2014_au/



<当日のメモより>

○見つかった足跡の大きさからは、大きいサイ2頭と
 子サイ1頭がいる、と考えられる。

○映像には、身体のひっかき傷で判断すると、同じ1頭の
個体しか写っていない。

○東京都の面積くらいの広さに、多くて3~4頭が
生息していると考えられるが、カメラトラップの数は
数十台と限られているので、サイが通りそうな場所を
厳選して設置しなければならない。

○雨季の調査では、サイの足跡が消えてしまう。

○生息範囲のなかに、石炭採掘許可が下りた場所もあり
 生息地が奪われる心配もある。

○森林の消失の原因は、木材の利用、農地への転用、
石炭の採掘、紙の原料のアカシヤの植林、パーム油の
原料のオイルパームの植林などであり、日本人の暮らしと
サイの森の消失も無関係ではない。

○将来的には、充分な食料と安全が確保できる場所に
サイを移送することが検討されている。

○スマトラ島のサイと、ボルネオ島のサイは
異なる亜種。

○生息地の地元住民には、サイの生息地を奪わずに
生計が立てられるような魚の養殖、ラタンやカカオ栽培を
提案している。



WWFジャパンのこのプロジェクトへの寄付金は、
昨年の10月からの現在までの半年足らずで
約1800人から既に1072万円集まっている。
パンダショップで販売した支援金つきの
サイのキーチェーンも完売。

日本でスマトラサイへの関心は決して高いとは
思えないが、さすがWWF!



ブログ内関連投稿 :
http://dearhino.exblog.jp/20351279/

by dearhino | 2015-03-17 11:19 | インドネシア | Comments(0)

ボルネオ島のスマトラサイ

WWF Japan
スマトラサイ保護
緊急プロジェクト開始。



ボルネオ島は、北側の約3分の1がマレーシア領、
中部から南側にかけてがインドネシア領であるが、
そのインドネシア領のスマトラサイは、
1990年代に絶滅したと、考えられていた。

しかし、2013年3月に偶然、WWFインドネシアの
スタッフがスマトラサイらしき足跡を発見し、
その後、追跡調査したところ、カメラ・トラップにも
その姿が撮影されており、ボルネオ島の
インドネシア領でもスマトラサイが生存していることが
明らかになった。



ブログ内・関連投稿記事 :
「スマトラサイ 生存確認!!」
(2013.04.06)

スマトラサイが撮影された動画は こちら



スマトラサイが発見されたのは
国立公園からも離れた場所で、
保護の法律で守られているわけではない。

現にさほど遠くないところで、密猟者の姿が
カメラトラップに写されていたそうだ。

せっかく発見されても、密猟者に知られて
殺されてしまうなら本当に元も子もない。


そのため、WWFインドネシアでは
地方政府と連携して生息数、生息範囲などに
基づく法的整備をめざす。


密猟防止には、地域の警察、森林開発企業、
住民との協力も不可欠なので、WWFの
専属スタッフが関係強化にあたっている、
という。



この活動を支援するWWFジャパンの
キャンペーンについては、 ↓
https://www.wwf.or.jp/campaign/2014_au/
a0280851_23252460.jpg

参照記事 :
WWF会報 2014.11-12月号
「生きていた!ボルネオのスマトラサイ」



11月2日、金沢動物園の「エコ森ワンダーパーク」に
出展されたWWFのブース。
a0280851_22592194.jpg



ブースでも販売されていた支援金付きの
サイのキーチェーン。800円の支援金込みで
1829円。なかなか可愛い。
Panda Shop での購入は ココ
a0280851_23012865.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スマトラサイ :

5種類のサイの中で一番小さく、身体にうっすら毛がある。
スマトラ島、ボルネオ島、マレー半島の熱帯林に、
あわせて 220~275頭くらい生息。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



by dearhino | 2014-11-04 23:27 | インドネシア | Comments(0)

ジャワサイは少しだけ増えて58頭に!

ジャワサイの唯一の生息地、
インドネシアのウジュン・クロン国立公園の
ジャワサイ生息数の2013年の調査結果が、
その前年の調査結果より、7頭増加して、
58頭と判明。


2012年に撮影されたジャワサイの親子
a0280851_00503421.jpg
Photo(C):AFP


参照記事 :
1.Increase in Javan Rhino population (E)
2.Ujung Kulon National Park Says it Gained Seven Javan Rhinos(E)

 

現在ウジュン・クロン国立公園内には58頭生息するとされる
ジャワサイの、内訳は以下の通り。

成獣  50 (♂ 30 ♀ 20 )

幼獣   8    ( ♂ 5   ♀ 3 )

 

 

 国立公園内には、120台のビデオカメラが設置され、
2013年3月から10月までの10ヶ月のあいだに撮影された
1万6000クリップのうち、ジャワサイが写っていたのが1660、
その中で個体識別に役立つものは1338.

個体識別のポイントは、
「角の大きさと形状、目の周りの皴、首の周りのひだ、
耳の位置と形状、傷跡や怪我、そして皮膚の色」である。

なかでも特に重要なのは目の周りの皴で、
これはヒトの指紋と同様にまったく同じものはない。

ジャワサイの角は1本、他の種類のサイと同様に
オスの角のほうがメスの角より大きいが、
特にウジュン・クロン国立公園のメスは、角がない、
あるいは、小さなこぶ程度のものが多い。

普通、ジャワサイのオスの角は長さは20cmくらいまでだが、
今までに記録された最長のものは27cm、これはロンドンの
大英博物館に保管されている。


以下、参照記事1より原文一部引用 :
"We are delighted to hear news reports from Indonesia that the Javan rhino population in the Ujung Kulon National Park (UKNP) has increased by seven rhinos during the past year."


ウジュン・クロン国立公園内の4000ヘクタールのジャワサイ保護区域
では、現在周りを囲むフェンスと保護チームの基地となる建物を
建設中。その写真は
ココ(The International Rhino Foundation Blog)。

今、地球上に23頭しかいない雌のジャワサイの今後の出産数に
「ジャワサイ」の生き残りがかかっている。


ブログ内関連投稿記事:
「ジャワサイのサンクチュアリー」
http://dearhino.exblog.jp/19240275/
(2013.02.28)


by dearhino | 2014-03-07 00:25 | インドネシア | Comments(2)