ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

カテゴリ:ネパール( 4 )

映画「アバウト・ア・ボーイ」の子役ニコラスくんが青年になってインドサイのために!


2002年に公開された映画
「アバウト・ア・ボーイ」の
マーカス少年を演じたニコラス・ホルト。

a0280851_19022959.jpg
Photo(C):amazon
a0280851_19051889.jpg
Photo(C):radiotimes

現在は27才、映画「X-メン」シリーズなどに
出演して映画界で活躍している。

a0280851_19153309.jpg
Photo(C):The Wrap


12月中旬、そのニコラス・ホルトが、幼な馴染の友人2名と共に、
絶滅危機にあるインドサイ保護に成功している
ネパールのチトワン国立公園を訪れた。

ネパールでは、2014年5月2日に
密猟された1頭のサイを除くと、
2011年からサイは密猟されていない。

この素晴らしい成果は、国としての密猟に対する断固たる姿勢、
軍隊による徹底的な監視、地元のコミュニティーの
協力、自然保護団体の貢献のおかげだ。
そして現在ネパールには645頭以上のインドサイが生息地している。


a0280851_18592804.jpg
a0280851_19000547.jpg
Photo(C):WWF

ニコラスが撫でているのは、孤児サイの赤ちゃん Mayure.
彼は3才の頃から特にサイが好きで、当時もらった
木彫りの小さなサイを今でも大切にもっているそうだ。

来年1月、ニコラスとふたりの友人は、インドで
開催される ” Rickshaw Run !" (リクシャー・ラン)
と言われるインドを横断するロードレース」に
参加して、サイの保護(WWF)、そして若いガン
患者と家族のための財団への資金集めをする。

Ruckshaw は、インドで使われている小さな3輪の車で
語源は日本の「人力車」だという。

参考:The Rickshaw Challenge サイト
a0280851_01254749.jpg
Photo(C):startravel

a0280851_23431213.jpg
Photo(C):funalive

a0280851_01200408.jpg










レースはインド南部の Cochin から北上してJaisalmer までの
3000km という長距離で、1月2日から15日にかけて
走行する予定となっている。

a0280851_01190140.png
(C):India.com


「アバウト・ア・ボーイ」に出演した頃は
ぽっちゃりした可愛い子だったニコラスくんが、
とてもハンサムな青年に成長して、サイのために
大変なレースに参加してくれるのは嬉しい。
是非がんばって完走ね!

参照記事 :
1.Nicholas Hoult joins WWF in Nepal to learn about rhino conservation.
2.The Ghandi Warhols'Rickshaw Run


参照記事1より原文一部引用 :
“Wildlife conservation is so important,” said Hoult. “A lot of these animals are being poached illegally, their numbers are dwindling, and once they’re gone, they’re gone. Rhinos in particular I’ve adored since I was three years old and was lucky enough to go on holiday to Africa. I didn’t see a rhino at that age, but I was given a little wooden carving of a rhino which I still own to this day, I’ve loved rhinos ever since that moment.

by dearhino | 2016-12-22 22:50 | ネパール | Comments(0)

ネパールの街中にインドサイ侵入で大パニック

3月31日、ネパール南部のHatauda という町に、

近くのチトワン国立公園からインドサイが侵入、

道路を走り、市場を駆け抜け、病院にも入り込み、

大パニックとなった。


道路を走るインドサイ。↓

a0280851_19072206.png
Photo :参照記事2.より


不幸にも61才の女性が角で突かれて死亡、

7名の市民が負傷した。

クラクションや、太鼓などの大きな音を出して、

サイを追い払おうとした人々もいたが、

功を奏すことはなかった。

結局、麻酔銃を用意し、ゾウを連れた森林管理官らに
追われ、サイは無傷で森に戻った。


このニュースは、「報道ステーション」でも
取り上げられた。

このサイの住処のチトワン国立公園には、
ネパールの約500頭のインドサイの殆どが生息している。
多摩動物公園のインドサイ、ナラヤニとビクラムも
チトワン国立公園から来ている。

これまでも、インドのカジランガ国立公園などで
サイが近くの村に出没し、死傷者が出たという
ニュースはあったが、今回のような街中で、
しかも、目撃者が撮ったビデオが公開されたというのは
初めてだ。



参照記事 :
1.Insolite. Népal : un rhinocéros terrorise la ville de Hetauda
(目撃者による動画あり。
 サイが街中の道路を走る映像は貴重!)

2.Wild Rhino Chased Into Forest After Deadly Rampage in Nepal


参照記事2.より原文一部引用
”Forest officers and tamed elephants have chased a wild rhino back to the forest after it killed a woman and injured seven people in a rampage through a city in southern Nepal.”


by dearhino | 2015-04-01 23:36 | ネパール | Comments(0)

ネパールのインドサイ密猟

ネパールで2年ぶりに

サイが密猟された。



参照記事 :

1.Poachers kill rare one-horned rhino.(E)

2. Hornless rhino found dead in Chitwan National Park.(E)


ネパールの首都カトマンズの南西70kmに位置する

チトワン国立公園で、角を奪われたインドサイの死体が

発見された。



公園当局者とネパール軍がカトマンズ・ポスト紙に

語ったところによると、殺されたのはオスのサイで、

頭を撃たれていたという。


チトワン国立公園では2012年に1頭のサイが

密猟で殺されて以来、被害はなかったので、

保護活動家らは事態を大変深刻にとらえている。


ちなみに2013年、密猟を企てたことによる

逮捕者は14名だった。



ネパールは約500頭のサイの生息地で、

その大部分がチトワン国立公園で暮らしている。


ネパールのインドサイは、1996年から2006年までの内戦の

激化に伴い保護活動が手薄になり、その結果、密猟が横行し、

2002年には612頭だったサイが、2005年には370頭に激減。

チトワン国立公園も約半数のサイを失った。


その後、ネパール軍による手厚い保護が功を奏し、

500頭を超えるところまで数を回復している。




以下、参照記事1.より原文一部引用 :

A rare one-horned rhinoceros was killed by poachers in Nepal, local media reported yesterday.

The poaching in the Chitwan National Park, about 120km southwest of Kathmandu, was the first since Nepal celebrated a second consecutive zero
poaching year.




2002年、チトワン国立公園から多摩動物園に
やって来たインドサイのビクラム♂

a0280851_15254338.jpg

by dearhino | 2014-05-13 15:29 | ネパール | Comments(0)

朗報!2011年、ネパールのサイはみんな無事だった。

a0280851_14174424.jpg

ネパールからとびきりの
よいニュース !



ネパールでは、2011年の1年間、
たった1頭のサイも
密猟の犠牲になることはなかった


今年1月、チトワン国立公園(註1)にすべての関係者が集まり、
素晴らしい仕事の成果が祝福された。

Krishna Acharya 氏 (ネパール国立公園および
自然保護部門の責任者)によると、


「この成功は、ネパール当局、自然保護団体、地方のパトロール
組織の連携の成果である。、密猟を阻止し監視体制を強化するために
、監視業務のポスト数を7から51にまでふやした。」 と言う。

WWFネパールのAnil Manandhar 氏によると

「昨年10月には、17名を逮捕することにより、
ひとつの密猟密輸の国際組織の解体に漕ぎ着けることが
できた。今年は、トラの密猟の被害もゼロにしたい。」 と言う。


註1 :
多摩動物園のインドサイ、ナラヤニとビクラムは、このチトワン国立公園から日本に来ている。

参照記事(F)
by dearhino | 2012-03-18 13:51 | ネパール | Comments(0)