ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

カテゴリ:その他( 3 )

サイ角違法取引の北朝鮮外交官が駐スイス大使に


アフリカ駐在中に、
サイ角の不法取引に
関与した北朝鮮の外交官が
今年2月、駐スイス大使に着任。



Han Tae-song 氏はキム・イルソン大学を
卒業し、イタリー、マルタ、ギリシャ、スペインなどの
国々でキャリアを積み国際組織の専門家とされる
エリート外交官。


a0280851_20281247.jpg
Photo : 参照記事2より



1992年、アフリカのジンバブエに駐在中に
サイ角の密売に関与したとして拘束され、
国外退去させられている。

当時その事件は報道されているが、北朝鮮大使館では、
それは「でっち上げ」であると否定している。

北朝鮮研究をしているポーランド人学者によると、
「Han Tae-song 氏は密輸の手口を知り尽くしている人物。
自らは直接的に関わらず、現地在住の北朝鮮市民を使って
行なわれる。」という。


ジュネーブを本拠地とする国際犯罪を調査するNGOの
報告によると、北朝鮮の外交官によるサイ角と象牙の
不法取引のこれまでの事例は16件に上り、最近では
2015年に外交官とテコンドー指導者が、モザンビークで
サイ角4.5kgと10万ドルの現金を所持していたところを
不審尋問されている。

北朝鮮のこうした不法取引は、外交官への給与と、
ピョンヤン政府の財産獲得のための手段として世界各地で
広く行われ、ごく最近の例では、バングラディッシュで
北朝鮮大使館の高官がロールスロイスを密輸しようとして
国外追放された。

違法行為で国外追放された外交官がその後も
高いキャリアを重ねるということは
通常の国では考えられないと思うが、北朝鮮にとっては
密輸は外交官の「重要任務」なので、当然のことのようだ。

密輸した違法サイ角は、中国やベトナムで
密売するのだろうか?あるいは、国家主席や
高官が使うのだろうか?きっと両方なのだろう。

スイスは北朝鮮にとっては特別な国だそうだ。
なぜなら、現在の金正恩主席はベルンの学校に留学経験があり
当時のスイス大使 Ri Su-Yong 氏が後見人の役割をしたそうだ。
彼は帰国後、北朝鮮政府の要職についているという。


参照記事 :
1.L'envoye tres special de Pyonyang en Suisse
2.A smuggler at the head of the North Korean embassy in Switzerland?

参照記事1.より原文一部引用 :
Depuis début février, il est occupé par Han Tae-song, un homme d’expérience décrit comme un spécialiste des organisations internationales. Au début des années 1990, il s’était toutefois illustré dans une autre activité: le trafic de cornes de rhinocéros, une espèce en voie de disparition.

by dearhino | 2017-02-26 23:55 | その他 | Comments(0)

えっ ?

サイを困らせなくて
よかったけれど、
CNN
(*1)の誤発信で
IUCN(世界自然保護連合
*2
大わらわ。


参照記事 :
1.Le rhinocéros noir d’Afrique a disparu ? C’est plus compliqué que ça(F)
2.Western black rhino declared extinct (E)
3.Ex-Rhino(E)


事の発端は、CNNが、2011年11月10日に発信した
”IUCNによるニシクロサイ(*3)絶滅宣言”のニュース記事を、
3日前の11月6日にうっかり再発信したことにある。

そして、約30の英語ニュース・ソースが、 Google Newsを
通じて、その記事を取得し、そのまま発信した。

元のCNN記事には、その後、断り書きとして、
この内容の記事が最初に発表されたのは、
2年前の11月10日(*4)、と付け加えられたが、
新たな発信者が元の記事を確認することなく、
雪だるま式に情報が拡散してしまった。

その結果、突然、IUCNには2年前のニシクロサイ絶滅宣言に
ついての問い合わせが殺到することになり、事情を知らない
IUCNは何事かと驚愕した。


*
註1. CNN (Cable News Network) :
アメリカのケーブルTV向けニュース専門放送局

註2.IUCN :
    International Union for Conservation of
     Nature and Natural Resources。
    国際的な自然護団体で、国家、政府機関、NGOなどを
    会員とする。 ここで作成されるレッド・リストは、
    専門家のデータとして最も信頼されている。

註3.ニシクロサイ :
    クロサイの4亜種のひとつ。
    最後に確認されたのが2006年で、2011年に
    IUCNによって、絶滅宣言が出された。

註4.CNNの断り書き :
    "Editor's note: This piece was first published
     on November 10, 2011 and references 2011 reports from the IUCN.


a0280851_23554392.jpg
©Maki Naro

このイラストを描いたアメリカのSciencecomic ライター、
Mak Naro は、2年前のニシクロサイ絶滅のニュースが
今回、誤って再発信されたのは、それだけ世の中がせわしなく、
動物が1種、ひっそりと闇に消えていったことなど、
人は簡単に忘れてしまうからだ、と言う。

by dearhino | 2013-11-10 10:34 | その他 | Comments(0)

来年のライノ・カレンダー

100枚のサイの写真 !

Internationa Rhino Keeper Association が、
来年のカレンダー( 2014 Rhino Conservation Calendar)
用の12枚の写真を選ぶため、サイの写真のコンテストを実施し、
その上位12枚の写真が2014年のカレンダーを飾ることとなる。



コンテストの投票方法は、サイトにアップされた100枚の写真から
気に入ったものを10枚選び、投票フォームから送信するもの。
投票は誰でも可。

尚、カレンダーの売り上げはすべて、スマトラサイの保護
( the Sumatran Rhino Sanctuary)のために寄付される。

投票しなくても、100枚のサイの写真を見るだけでも楽しい。

38番の写真の、狛犬風だけれど、ジャワサイらしき
ふたつの石像の写真が面白い。 並んだ姿が何とも
可愛いいけれど、いったいどこにどんな風にあるのか?


100枚の候補の写真を見るのは、 ココから NEXT をクリック。


カレンダーは、9月1日から発売され、ライノデーの9月22日までは、
割引価格で22ドル、それ以降は26ドルとなる。昨年は完売した。


参照記事 :
2014 Rhino Conservation Calendar(E)


a0280851_10194372.jpgWelcome to the 3rd Annual Rhino Photography Contest!

(Photo Credit : IRKA)
by dearhino | 2013-08-28 10:47 | その他 | Comments(0)