ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

カテゴリ:ケニヤ( 7 )

ケニヤで過去最大量の象牙とサイ角を焼却処分

4月29日、ケニヤ政府は
ナイロビの国立公園で
105トンという過去最大量の象牙と
1.35トンのサイ角を焼却処分。

a0280851_03134425.jpg

(C):Reuters

その目的は、「象牙やサイ角はあくまでも
生きているゾウやサイのためのもの」であり、
人間が利用すべきものではないということを
示すこと。

ゾウは象牙のために年間3万頭、
サイは角のために年間1300頭、
密猟で殺され深刻な絶滅危機にある現在、
この状況を何としても止めようという
ケニヤのケニヤッタ大統領の断固たる
思いが実現させたことである。

今年の9月に南アフリカで開催される
ワシントン条約締結国会議でケニヤッタ大統領は、
象牙の売買の世界的な禁止を求める考えを
示している。

世界的な動きは象牙の売買禁止に向かっているが、
現在のところ、日本政府にそうした意向はない。
ゾウの絶滅を回避するために、日本での象牙売買の
継続を政府に見直してもらいたい。

そして、その前に私たちに出来ることがある。
それは1消費者として、まずは象牙のハンコを
買わないことだ。


この日の象牙焼却に立ち会ったフランスの
セゴレーヌ・ロワイヤル環境大臣は、
「今後フランスでも象牙取引を全面的に
禁止する」ことを表明している。

焼却処分の105トンの象牙は約八千頭分の
象牙の量に相当する。それらは3メートル以上に
積み上げられた合計10個のピラミッドとなり、
ケニヤのケニヤッタ大統領(写真・右)とガボンの
オンディンバ大統領(写真・左)によって火が点けられた。

a0280851_03140576.jpg
(C):Reuters


焼却された105トンの象牙と1.35トンの
サイ角は、押収された象牙とサイ角であるが、
今回これだけ大量に集められたのは、焼却処分の
ために象牙やサイ角を提供した人々に対しては
不法な所持であってもすべて免罪するという
ケニヤ政府のキャンペーンが功を奏したことが
大きい、という。

因みに、1970年代のケニヤには2万頭のサイが
生息していたが、現在は約千頭しかいない。


参照記事 :
1.Kenya :incineration d'ivoire
2.Destruction d'ivoires au Giant Club Summit au Kenya.
3.Giants Club elephant summit: Kenya calls for end to ivory trade.

参照記事1より原文一部引用 :
Le président du Kenya, Uhuru Kenyatta, et celui du Gabon, Ali Bongo Ondimba, ont inséré chacun une torche dans une des pyramides constituées de défenses d'éléphants et de rhinocéros empilées verticalement, sur plus de trois mètres de haut.



by dearhino | 2016-05-04 09:54 | ケニヤ | Comments(0)

唯一の繁殖可能だったキタシロサイのオスが死亡

これで、シロサイの
亜種のひとつである
キタシロサイは
地球上に僅か6頭
(♂2、♀4)となり、
繁殖への望みも殆ど断ち切られた。


参照記事 :
1.Extremely Rare White Rhino dies in Kenya - His kind nearly Extinct.
2.Northern White Rhinoceros
3.Mort au Keniya d'un rarissime rhinoceros blanc du Nord:sous-espede est au bord de l'extinction.
4.Ça fait peur : la disparition prochaine du rhinocéros blanc du Nord


現存するシロサイは、
約2万頭のミナミシロサイと
わずか数頭のキタシロサイである。

10月17日、ケニヤの Ol Pejeta 保護区で、
34才のオスのキタシロサイ、Suni が死亡。

シロサイの亜種のひとつである
キタシロサイは地球上に僅か6頭
(♂2、♀4)となり、しかも、
その繁殖への望みは断ち切られた。

なぜなら、Suni が唯一、
繁殖可能年齢のオスで、
残る2頭は既に高齢。


Suni は、1980年6月8日、
チェコの Dvur Kralove
動物園で生まれた。

その後、3頭のキタシロサイが誕生している
Dvur Kralove 動物園は、
飼育下のキタシロサイの
繁殖に成功した唯一の動物園である。

2009年、本来の生息地の環境におく方が
メスのホルモンの働きが有利になり
繁殖がしやすいのでは、ということで、
Dvur Kralove 動物園 から
Suni を含む2頭のオスと2頭のメスが
ケニヤの オルペジェタ Ol Pejeta 保護区に
移された。


a0280851_19194379.jpg
Ol Pejeta 保護区を歩くSuni
Photo(C):Barcroft Media

2012年には、Suni とNajin の交尾が確認されたが
繁殖には至らないまま、Suni の死を迎えることに
なってしまった。


<残る6頭のキタシロサイ>

●Ol Pejeta 保護区 :

Sudan ♂ 41才で繁殖年齢を超えている。
      (3才のとき、スーダンからチェコへ)
Najin ♀  1989年生まれ
Fatu ♀   2000年生まれ



●米サンディエゴの Wild Animal Park  :

Angalifu ♂ 42才
Nola  ♀ 40才

チェコのDvur Kralove 動物園 :

Nabire ♀ 33才


微かな希望は、Dvur Kralove 動物園の
キタシロサイのオスの精子はすべて
ベルリンの野生生物研究所(IZW)に
保管されていること。

そして、もうひとつの最後の手段としての
試みは、2014年に1月にオルペジェタ保護区に
キタシロサイのメスとの繁殖のために
ミナミシロサイのオスを導入したことである。

言うまでもなく、異なる亜種間での繁殖は
望ましいことではないが、
遺伝子が混ざったとしても
キタシロサイの遺伝子を残すためには
やむを得ないという考え方だ。次の代で純血のキタシロサイと繁殖できればいいのだが。

死因は解剖の結果待ちであるが、
密猟の可能性は低いようだ。

キタシロサイは、アフリカの大地溝帯と
中央アフリカの密林に阻まれて、
ミナミシロサイとは分断された
数の少ない孤立したグループとなり、
「進化の犠牲者」とも言われ、
さらに、スーダン、中央アフリカ、コンゴ、
ウガンダの政治的混乱のなかでの、
密猟と生息地消失により急速に減少し、
野生のキタシロサイはいなくなった。


以下、参照記事1より原文一部引用:
The northern white rhinoceros is one step closer to extinction with the death of Suni, one of only two breeding males left of his kind.





by dearhino | 2014-10-24 19:24 | ケニヤ | Comments(0)

ケニヤ保護区、1晩にクロサイが4頭も密猟された!

Rhino News Clip

a0280851_15405933.jpg
a0280851_00294365.jpg今日は、
上野マロが
ケニヤの
ニュースを
お伝えします。





7月9日夜、ケニヤの Ol Jogi 野生動物保護区で
クロサイ4名が殺害されました。うち1名は
治療を施されましたが、その甲斐なく死亡しました。
1晩に4名とはこれまでにない大量殺害でした。

容疑者2人は、逮捕され取り調べ中ですが
角を持ち去った犯人は逃走中。

今年になって、この私設保護区で密猟の犠牲となり
殺害されたサイは合計9名です。

事態を重く見たライキピア郡では緊急会議を開き、
調査のための特別チームを編成しました。

16日に発表された情報によると、
保護区スタッフが密猟者と共謀しているか
どうかが、捜査の焦点になっている
とのことです。


ケニヤに住んでいるサイは約1000名、
うち6割がクロサイ、4割がシロサイです。

そして、昨年1年間に殺害されたサイは59名、
今年もすでに約20名が、人間に襲撃され、
角を奪われ死亡しました。

今回の事件現場のある ライキピア 郡は、
ケニヤのクロサイの約半分が住んでいます。
武器をもたないみなさん、周囲への注意を
怠らず、できるだけ身を隠してください。
幸運を祈ります。


次は

”がんばれ、孤児サイ”  のコーナーです

今日、ご紹介するのは、南アフリカのリンポポ州にある
サイの孤児院 "The Rhino Orphanage" にいる
クロサイの女の子のトンビー (Ntombi) ちゃんです。

a0280851_00413728.jpg
Photo(C):The Rhino Orphanage



トンビーちゃんも赤ちゃんのとき
お母さんを密猟者に殺されました。

トンビーちゃんの場合、お母さんが密猟者に
角が生えている部分を切り裂かれている間、
お母さんのそばを離れようとしませんでした。

密猟者はトンビーちゃんを追い払うため
彼女の顔を斧で殴りました。傷跡から
少なくとも18回は殴られたことがわかる
そうです。写真はまだ傷が痛々しい頃の
トンビーちゃんです。

a0280851_00260739.jpg
Photo(C):The Rhino Orphanage

私にもミミカという5才になる娘がいますが、
サイの母親はとても優しくて、サイの赤ん坊は
いつでも母親のそばにいて甘えているんです。
それが2才過ぎくらいまでずっと続きます。

どんなに痛い目に合わされても
お母さんから離れたくなかったトンビーちゃんの
気持ちを思うと、私も涙が出そうです。


不幸な事件から約1年半
トンビーちゃんは孤児院で人間に
愛情をもって育てられ、たくましく成長しています。
大きくなって、また密猟者の犠牲にならないことを
祈らずにはいられません。


すっかり元気になって、元気に走りまわっている
トンビーちゃんの
映像 を見ると

「えらいぞ、トンビー!
 がんばれ ! 」

と思わず声をかけたくなります。


以上、上野マロがお伝えしました。


上野マロ :
上野zoo, クロサイ♂ 14才

ミミカ :
クロサイ♀ 5才
和歌山アドベンチャー・ワールド
 


参照記事 :
1.Four rhinos killed in Kenya's worst poaching attack in years
2.MP Calls For Investigation To Establish Why Rhinos Die In Conservancies
3.Poachers Hacks Baby Rhino 18 Times.
4.Baby rhino hacked with panga.
  


ブログ内関連投稿記事
「罰則強化直後にまたナイロビで密猟」
http://dearhino.exblog.jp/19393163/
(2014.01.28)

by dearhino | 2014-07-17 09:53 | ケニヤ | Comments(0)

罰則強化直後にまたナイロビで密猟

罰金最高50万円→→2300万円
禁固最長10年間→→死ぬまで


ケニヤで1月から施行されている
密猟の関する新しい法律では
罰則が大幅に強化された。

しかし、早くもケニアの首都ナイロビ中心部に
ごく近いナイロビ国立公園でサイが殺され
角が奪われた。犯人は逮捕されていない。



参照記事 :
1.Kenyan rhino killed in brazen attack despite new laws(E)
2.Braconnage. Un rhinocéros tué dans le parc national de Nairobi (F)
3.Serial Rhino Poacher Surrenders to Kenyan Authorities(E)


密猟が起きたのは、ケニヤの首都ナイロビにある
ナイロビ国立公園。

ナイロビの中心の高層ビル群から僅か
7kmのところにあり、首都に近い
貴重な野生の場所である。

フェンスで囲われた総面積17平方kmの
警備が最も厳しいとされる国立公園で、
サイにとって主要なサンクチュアリーと
なっている。。

昨年8月に初めてこの国立公園でサイが密猟され、
それはケニヤ政府にとってショッキングな出来事で
あったが、今回は、密猟の厳罰化実施直後のことで
さらに衝撃は大きい。

ケニヤでもここ数年密猟は急増し、2013年には
60頭のサイが密猟された。

そのため、密猟・密輸に関わる犯罪の罰則強化を
定めた新しい法律を昨年12月末に採択、
1月から施行している。

以前の法律では、罰金が最高465ドル、
懲役最長10年だった。

新しい法律では、罰金が最高23万ドルと
50倍近く跳ね上がり、終身刑を課すことも
可能になった。


また、ケニヤでは昨年から、追跡調査ができるように
すべてのサイの角にマイクロチップを埋め込む
計画を開始している。


参照記事1.より一部原文引用 :
”New laws have massively increased the punishment, with poachers now facing fines of as much as 20 million shillings ($230,000, 170,000 euros) and possible life in jail.”


ブログ内関連投稿記事 :
target="_blank">http://dearhino.exblog.jp/18357059/
「ケニアでも密猟が増加」
(2013.08.16)

target="_blank">http://dearhino.exblog.jp/18868224/
「ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み」
(2013.11.07)
by dearhino | 2014-01-28 17:14 | ケニヤ | Comments(0)

密猟者の告白

ケニヤの動物保護区で働きながら
サイの密猟者に身を落とした
男のケース。



参照記事:
Serial Rhino Poacher Surrenders to Kenyan Authorities (E)


ケニヤのレワ野生動物保護区で3年間働いていた
Keleshi Parkusaa(39)は、密猟行為が見つかり逮捕された。

この度、”改心”したというこの男、自分が野生動物を守る仕事を
しながら、どのように密猟に携わっていたかを告白した。


「俺は、保護区のどこにサイがいるのかを密猟者仲間に
知らせ、保護区の同僚にはその反対方向に行くように
仕向けた。

もっとも最近サイを殺したのは、12月12日、2人の仲間
と一緒に不法入手した銃で保護区のサイを撃った。

サイの角を売って、各自30万ケニヤシリング(約32万円)を
もらった。でもそんなことをしていては、自分の人生も
破滅すると、わかっていた。

角の密売人のなかには、後払いの約束で俺たちからブツを
持って行き、そのまま踏み倒す奴もいる。アジア人、
ヨーロッパ人、アフリカ人と色々な国の奴らさ。」



レワ野生動物保護区の管理者は、Parkusaa のことを疑っていた。
過去にも彼は、密猟の疑いで逮捕されたが、村の長老が
保釈金を出してくれた。

彼の村の長老は、こうした罪を犯した者たちに、
清めの儀式を施し、今後は、密猟の代わりに
動物でも飼って収入を得るように諭す。

しかし、ケニヤ野生動物局幹部の話によると、こうした長老の
やり方により、彼らは許され、また密猟に手を染めがちだと言う。

だから、ケニヤ野生動物局は、村のリーダーたちに、
彼らを逮捕するために共に協力しよう、と訴えている。


6万1000エーカーのレワ保護区には、
ケニアのクロサイの11%以上、シロサイの14%以上が生息、
2013年には7頭のサイが殺された。

ケニヤ全体では60頭のサイを密猟で失っている。




以下、参照記事原文一部引用 :

"Parkusaa, a former employee of Lewa Downs Conservancy, told a hushed audience how he organized the killing of wildlife even when he was employed to protect them for three years. “While working here, I used to director fellow poachers on where to locate rhinos in the conservancy and would derail fellow game scouts to the opposite direction,” he told the attentive crowd."
by dearhino | 2014-01-07 12:05 | ケニヤ | Comments(0)

ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み

「役人のだんなー、
 このサイの角は骨董品ですぜ。
 なんも悪いこと
 してませんけど。」


なんてもう言わせない!



参照記事 :

1.密猟対策でサイ全頭にマイクロチップ装着、ケニア
2.Kenya implanting microchips in every rhino to fight poaching (E)
3.Kenya : des puces électroniques sur les rhinocéros pour lutter contre le braconnage(F)
4.Une puce ou du poison dans la corne des rhinoceros pour mettre fin au braconnage(F)


現在、ケニヤには、クロサイが約630頭、シロサイ約400頭、
合計約1030頭のサイが生息しているが、2012年には
29頭のサイが殺された。

そして。今年は8月には、ケニアで最も警備が厳しく
サイのサンクチュアリとなっているいナイロビ国立公園で
サイが殺された。この時点ですでに密猟数は35頭だ。

そのため、ケニヤでは、密猟対策として、
自国の約千頭のサイすべて対して、
マイクロチップ装着を決定。

4ヶ月かけて、全頭の角の部分と、明らかにされていない
もう一か所に、大きさ2インチ(約5cm)以下のマイクロチップが
埋め込まれる予定だ。

マイクロチップと、サイの移動や密猟者追跡のための5種類の
位置情報取得用スキャナーにかかる費用は、WWF・ケニヤに
よって提供されたが、埋め込みの手間やコストはそれ以上に
大きい。

しかし、チップが装着されれば、そのサイが殺され、
角が押収された場合、チップから正確な個体情報が明らかに
なるという利点があり、密猟者や密輸業者を摘発や裁判の際に、
決定的証拠となる、と考えられる。


つまり、

「この角は骨董品だから、当時の合法的な狩猟
によるもので、密猟には関係ない。」


という、これまでの容疑者の言い逃れの常套句が
即座に覆され、今後通用しなくなるのだ。


闇取引されるサイ角の価格は、金やプラチナの価格の2倍の
1キロあたり6万ドルにも達することがあり、組織化された
密猟犯罪シンジケートは、潤沢な資金を得ている。

そして、密猟にテロリストとして訓練された人材が
導入されることもあり、軍隊使用レベルのヘリコプター、
サイレンサー付きの高価な銃、夜間用ゴーグルを使用して、
密猟するので、保護レンジャーが命がけで阻止しようと
しても、なかなか食い止めることができないのが現状である。



以下参照記事3.より、原文一部引用 :

"Pour lutter contre le fléau du braconnage de ses rhinocéros, le Kenya a décidé de faire appel à la haute technologie : le pays va implanter des puces électroniques dans les cornes de ses mille rhinocéros recensés, a annoncé mercredi 16 octobre l'organisme national de protection de la faune et de la flore."



ブログ内関連投稿記事 :

http://dearhino.exblog.jp/18357059/
「ケニヤでも密猟が増加」
(2013.08.16)

http://dearhino.exblog.jp/18507754/
「ケニヤのクロサイ、21頭の国内移動 」
(2013.09.25)
by dearhino | 2013-11-07 17:57 | ケニヤ | Comments(2)

ケニアでも密猟が増加

参照記事 :
1.Des braconniers abattent un rhinocéros dans le parc de Nairobi(F)
2.Rhino killed in Kenyan reserve(E)
3.Poachers kill rhino in heavily protected Kenyan park (E)


ケニアで最も警備が厳重で、サイにとっての
サンクチュアリでもあるナイロビ国立公園で
8月9日、シロサイ1頭が殺された。

きっちり囲われたその45平方マイル(116.6平方km)の
ナイロビ国立公園は, 首都ナイロビの中心部から
僅か7km のところにある、世界で唯一、
首都の近くで生態系が守られている場所だという。


Kenya Wildlife Service (KWS)によると
この6年間でこのような密猟は初めて、ということだ。

ケニアで2012年に殺されたサイは29頭であったが、
今年はすでに35頭にのぼる。


ケニアでは、36年前からサイの角の商取引は禁止されている。
しかし、昨年も、ブラックマーケットで、サイの角が1キロあたり
6万ドルで売られていた、とKWSでは見ている。

7月には、ケニアの Mombasa 港で、3トン、そして1.5トン
という大量の象牙の積荷が続いて押収されている。



"It is the first such poaching incident in the park in the last six years," he said, adding it brings the total number of rhino killed this year to 35, already more than the 29 killed in Kenya in the whole of 2012.
(ref.3)
by dearhino | 2013-08-16 08:30 | ケニヤ | Comments(0)