ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

カテゴリ:南アフリカ( 53 )

南アのサイ角取引の合法化提案、その後。

南アフリカの1週間の平均密猟数

1月1日 ~3月13日  15.36
3月14日~9月19日  18.6

3月に南アフリカが提案した
サイ角取引の合法化案が
この密猟数増加に関係しているか?


参照記事 :
Number of Rhinos Poached in South Africa on Pace to Break Record (E)


南アフリカのEdna Molewa環境担当大臣が、
今年3月3日から14日までバンコクで行われた
ワシントン条約(CITES)会議において、
サイ角の不法な大量密猟への対抗手段として、
敢えてサイ角の国際取引の合法化を求める
提案をしたのは今年の3月。


その後、9月に発表されたロンドンのNPO Environmental
Investigation Agency (EIA)”の分析によると、
その提案以後、南アフリカのサイの密猟数は、毎週、
増加していった、という。


1月1日から3月13日までの、1週間の密猟数は、15,36。

3月14日から9月19日までの毎週の密猟数は18.6 に増加。
この6カ月で、合計505頭のサイが密猟されている。


この分析結果に基づき、ロンドンの Environmental
Investigation Agency は、サイ角の合法化に対し、
以下のような反対意見を掲げている。

「南アフリカの合法化案は、ベトナムや中国でのサイ角需要を
さらに刺激し、密猟を広げる。

サイ角は、あたかも投資対象として優れた商品であると、
国際市場に示唆することになるこの南アフリカの提案は、
南アフリカのサイに津波のような脅威を与えることに
なるだろう。」


それに対し、Molewa大臣の考えは、以下の通り。

「取引の合法化により、世界のサイの75%が生息する
南アフリカでのサイの密猟を減らすことができる。
南アフリカは、自国のサイを大量虐殺する
犯罪シンジケートを為すがままにはさせない。
南アフリカには、 16,437kg という大量のサイ角の
ストックがある」 


南アフリカ政府は、この合法化プランを支持しているが、
実行には、CITES メンバーの承認が必要で
投票は2016年に予定されている。


合法化案に関して、Save the Rhino Internationalの
ロンドン責任者 Cathy Dean氏の見解は以下の通り。、

「密猟に対する現在のアプローチがまだ十分でない
ということが、合法化支持と反対の双方の立場に
共通した現時点の認識であり、取引合法化に関しては、
詳細な検討が今後必要。」


今年の終わりには、南アフリカのサイの密猟数は、
900~1000 となることが予想されている。



以下、参照記事の原文一部引用 :

”Last March, in a bold move to combat the illegal slaughter of rhinoceros for their horns, South Africa's Minister of Environmental and Water Affairs Edna Molewa called for a legal international trade in rhino horn.

Now, an analysis by the non-profit Environmental Investigation Agency (EIA) in London reveals that since Molewa's announcement, the number of rhinos in South Africa poached each week has risen.”
by dearhino | 2013-09-29 21:58 | 南アフリカ | Comments(0)

688

南アフリカ、
早くも昨年を超えた密猟数
688


a0280851_11492789.gifa0280851_11494818.gif
a0280851_11443390.jpg
Photo(C):REUTERS


参照記事 :
1.Rhino deaths soars past last years total on eve of World Rhino Day(E)
2.Rhino Poaching Figures(E)


9月22日の「ライノデー」前夜に発表された9月21日までの
南アフリカのサイの密猟数は688.

9月13日に発表されたそこまでの密猟数は635頭だった。。

驚くべきことに、それから8日間で、さらに53頭ものサイが
残酷に殺され角を奪われているのだ。

そして、去年1年間の南アフリカのサイの密猟数の
合計668頭を、9月の時点ですでに20頭も超えて
しまったことになる。



以下、参照記事より原文一部引用
”On the eve of World Rhino Day South Africa has released the latest rhino stats and the number of rhino killed by poachers has soared past the total for last year. To date – 21st September 2013 – the total number of rhino killed is 688 which is 20 more than was killed in the entire year last year.”

----------------------

何かの間違いではないのだろうか?
これほど急増することがあるのか?
この8日間に何があったのだろうか?

9月13日までの密猟数   635
9月21日までの密猟数   688

by dearhino | 2013-09-22 16:20 | 南アフリカ | Comments(0)

南ア、密猟者に厳正な裁判

16年の禁固刑、
死者に罪を着せようとした
若い密猟者たち。

南ア・アパルトヘイト時代の
国境・電気柵。

587



参照記事 :
1.Kruger rhino poachers get 16 years in prison(E)
2.Seize ans de prison pour trois braconniers de rhinocéros



20才のモザンビーク男性2人と、、23才の同じくモザンビーク男性が、
南アフリカの Nelspruit 裁判所で、南アフリカの
クルーガー国立公園において、メスのシロサイとその子サイを
殺した罪で、16年の禁固刑を言い渡された。


彼らの罪状は、公園内不法侵入、サイ殺し、角の切り取り、
火器と弾薬の不法所持。

この密猟事件が起きたのは、2012年5月10日のことで
公園レンジャーと南アフリカ軍との協力で、3人の男が
逮捕され、4人目の犯人はその際、撃たれて死亡した。


逮捕された3人の男らは、

「4人目の男が密猟者で、
彼がサイの親子を銃を狩猟用自動ライフルで殺した、
自分たちは、サイの角を斧で切り取り運ぶのを手伝っただけで、
その手間賃として2000ランド(150ユーロ)を各人がもらう
約束だった、」 と主張。

しかし、十分な証拠があるとして、裁判所の判断は、
彼らに16年の禁固刑を言い渡した。



彼らはフェンスを乗り越え公園内に侵入し、逮捕されたのは
戻るためにフェンスに向かっていたときだという。

逮捕時、激しく抵抗し、その時の銃撃戦で
4人目の男が致命傷を受けた。彼らを追跡するために
ヘリコプターも使用された。

担当検事によると、密猟の容疑者の殆どがモザンビークから
入ってくるという。




南アフリカの環境大臣の8月21日の発表では、
今年の密猟数は現時点で587頭。



近年の南アフリカの密猟の増加は止まることを知らない。


2007年 13頭

2010年  333頭

2011年  448頭

2012年  668頭



南アフリカでの密猟最多発地域は、モザンビークと国境を接する
このクルーガー公園で、モザンビークの組織化された武装密猟者たちが
流入している。

その結果、クルーガー公園で殺されたサイの数は
南アフリカの全密猟数の60%がにも上る。


今年、8月21日までにクルーガー公園で
犠牲になったサイは362頭。


このような現状にあって、 近頃、南アフリカの人々は、

アパルトヘイト政策時代、人種差別に反対する活動家の
潜入を妨げるために国境に設置された電気柵を、
密猟者の侵入防止のために再導入することを望んている、という。


なお、以前は、南アで密猟した犯人が国境を越えて
モザンビークに入ると逮捕できなかったが、
現在は両国の合意により
国境を越えても逮捕できるようになっている。




以下、参照文献1より原文一部引用

”NELSPRUIT - Three Mozambican nationals were jailed for 16 years each on Friday, for killing a white rhino and its calf in the Kruger National Park (KNP).

Their charges included entering the KNP without written authorisation from management, carrying out a restricted activity in a designated area (namely killing and dehorning a white rhino cow and its calf), and possession of an illegal firearm and ammunition.”


赤い印が、クルーガー国立公園。
a0280851_17395899.png

by dearhino | 2013-09-03 17:29 | 南アフリカ | Comments(0)

Over 500

a0280851_15245055.gif
参照文献 :
SA rhino poaching toll hits 500(E)
Rhino poaching toll exceeds 500(E)

南アフリカ環境省公式発表によると

7月23日現在、南アフリカで今年、密猟で殺されたサイは
515 頭、に上る、という。

密猟の多くは、国際シンジケートに関わる密猟者によって
行われるものと、考えられている。

昨年1年間に、南アで密猟により殺されたサイは
668 頭、

今のペースで密猟され続けると、今年は去年の密猟数を
はるかに上回ることは必至だ。 


More than 500 South African rhinos have been killed this year, official figures showed Wednesday, amid strong demand for horns on the Asian black market.

"As of yesterday (Tuesday), a total of 515 rhino have been killed so far this year," said the environment ministry's deputy director general Fundisile Mketeni.
by dearhino | 2013-07-28 15:22 | 南アフリカ | Comments(3)

南アフリカ, 自国のサイ角ストック売却案

参照記事 :
南アがサイの角1000億円分売却計画、闇市場の需要抑制へ(J)
l'Afrique du Sud veut vendre ses cornes de rhinocéros(F)
Experts warn against S. Africa's plan to sell rhino horns(E)


南アフリカエドナ・モレワ環境大臣は、36年前から、
国際取引が禁止されているサイの角について
取引禁止の中止を求めたいという、意向を表明した。

その理由は、南アフリカが国内にストックしている
18トンにも上るサイの角を市場に供給するためである。

大量の角を市場に放出すれば、サイの角の需要が下がり、
密猟を減らすことができると、という考えに因るものだ。

モレワ大臣によると、サイの角の売却は1回限りの予定で、
予想される角の売上げ額の約10億ドルは、保護と研究に
充てる、という。

2016年、南アフリカで次回のワシントン条約締約国会議(CITES)が
開催される予定だが、その場において、南アフリカは、サイの角の
国際取引の承認を提案をする考え、だという。

「今年の前半ですでに自国のサイが461頭も犠牲に
なっている。世界のサイの4分の3にあたる頭数が生息する
南アフリカがこれ以上、密猟マフィアの標的でいることはできない。」
と大臣は語っている。


しかし、南アのこの計画については、専門家から
以下のような反対意見が出されている。

 -密猟の合法化は容認できない、

 -不法取引、密猟の抑止に、結びつくとは思えない。

 -却って、サイの角の不法取引を刺激してしまう。

 -結果が裏目に出る可能性のある危険な実験だ。
 


------------------------------------------------


それにしても、なぜ、南アは、18トンもの角を蓄えているのか?
死んだサイの角だということだが。

密猟や密輸が発覚して押収された角は、
最終的にはどうなるのか?
by dearhino | 2013-07-11 16:27 | 南アフリカ | Comments(1)

サイの顔面皮膚移植手術

参照および原文一部引用記事 :
Rhino receives skin graft after attack(E)
Kariega Game Reserve (E)

南アフリカの東北部にある Kariega保護区のサイが、
6且24日、サイにおける初の皮膚移植手術を受けた。

Thandi という名前のメスのシロサイは、2012年3月に
密猟者によって重傷を負わされたが、懸命の治療と
Thandi の強い生命力のおかげで奇跡的に命を取り留めた。

その時の傷は、数か月後に治癒したが、最近、その傷が
開いてしまったので手術を受けることになったのである。

その原因は新しく導入されたオスのサイとの角突きの際に
受けたダメージではないかと考えられている。

形成外科医1名と外科の獣医2名によって、サイの顔に
初めて施される皮膚移植手術が行われた。

移植には、耳の後ろ、後ろの角があったところの傷跡、
首の横の皮膚が使用された。

手術にあたった医師らは、密猟によるサイの顔の傷を治療
するための技術をこれまで1年以上にわたって研究してきた。

今回の手術では3段階の移植テクニックが施され、
3-4週間後に4段階目の施術が行われる予定だ。

Kariega保護区のオーナーは、Thandi が最高の治療を
受けられた、と語っている。



A rhino which survived poachers underwent a skin graft operation this week after its wounds reopened a year after another rhino attacked it.

“While her initial wounds healed up some months after the [poaching] incident, it is suspected that the recent damage was caused by a new rhino bull," Kariega Game Reserve spokeswoman Bronwen d'Oliveira said on Friday, a Sapa correspondent reported.
by dearhino | 2013-06-30 15:26 | 南アフリカ | Comments(3)

428

a0280851_15535715.gif
6月20日現在、今年の南アフリカのサイの密猟数428頭。

そのうち、Kruger National Parkで密猟されたのは267頭、
Limpopo北部で、密猟されたサイの数は、これまでに48頭、
この1週間で15頭も殺されている。

今年1月以来、密猟容疑で検挙された容疑者は122人、
うち57人はKruger National Parkで捕まっている。
角の受取人とされる人物5人も逮捕されている。

16日の日曜には、Kruger National Park のレンジャーらが
3人組の密猟と接触、銃撃戦となり、密猟者ひとりが死亡、
残りの2名は逃亡した。

2007年に密猟されたサイは僅か13頭だったが、
昨年の密猟数は668、このペースで密猟が続くと
今年の密猟総数は昨年をはるかに凌いでしまう。


参照および原文引用記事 :
Rhino poaching update(E)
2013 rhino toll at 428(E)


The total number of rhinos poached since the beginning of the year has risen to 428. The Kruger National Park has lost 267 rhinos to poachers, while the number of rhinos poached in Limpopo increased by 15 to 45 in the past week.

------------------------------------
上記参照記事によると、2010年からの密猟数と逮捕者数の変遷
は以下の通りだが、密猟数の増加に比べて、逮捕者の増加が
少ないのが気になる。


        密猟数      逮捕者数
2010     333        165
2011     448        232
2012     668        267

2013     428        122 

by dearhino | 2013-06-21 15:47 | 南アフリカ | Comments(2)

南ア、農民達も警官と共に密猟者のトラック追跡!

参照および原文引用 :
Rhino poacher killed in Limpopo(E)

6月8日、南アフリカの北部の Limpopo 州のgame farm で、
サイの餌やりの仕事をしている人が、怪しいトラック数台を発見。

その地域の農民たちが、警官と協力して、4人と思われる
密猟者のトラックを追いかけた。ヘリコプターも
出動し、追跡劇は、24時間以上に及んだ。

逃走する容疑者のひとりは、木の下にいるところを発見されると、
ヘリコプターや、警官らに発砲したため、その場で射殺された。

死亡したのは、モザンビーク人男性だった。
その後、ジンバブエ人男性容疑者も Farm 内で逮捕された。

警察は、彼らから押収した武器の出所を調査中。
逮捕された容疑者は、密猟と不法銃器所持の罪で
裁かれる。



"A worker, who usually puts out feeding for the rhinos, spotted strange tracks in the Cumberland area on Saturday," said spokeswoman Colonel Ronel Otto.

"Farmers in the area, as well as members of the police and trackers, gathered and started following the tracks of what was suspected to be four poachers."

The tracks were followed for more than 24 hours, and two private helicopters also assisted with the search.

"One of the suspects was spotted sitting under a tree. He attempted to fire at one of the helicopters circling in the area; he also fired shots in the direction of the team tracking him," said Otto.

The man, a Mozambican national, was shot and died on the scene.A Zimbabwean national was also arrested later on the farm.

--------------------------------------------------------------------------

サイに代わって、怪しいトラックの発見者と
長時間にわたる密猟者追跡チームに感謝!
by dearhino | 2013-06-11 12:36 | 南アフリカ | Comments(0)

367

a0280851_21532096.gif
参照記事 :
367 rhino killed in 2013 (E)


南アフリカの環境担当省の発表によると、
今年に入ってから5月末までに密猟で殺されたサイの数は367頭。
その大部分は Kruger 国立公園で殺されている。

今年、南アフリカで密猟の疑いで逮捕された容疑者は、
合計114名。

ごく最近、Kruger 国立公園レンジャーが、密猟者を捕まえる際に
撃たれて負傷した。


JOHANNESBURG – The number of rhino killed since the beginning of 2013 has now climbed to 367, the Department of Environmental Affairs revealed on Thursday. The majority of animals were killed in the Kruger National Park.

A total of 114 suspects have been arrested in connection with rhino poaching in South Africa.


a0280851_15571424.jpg
Rhino on the game farm belonging to alleged poaching kingpin Dawie Groenewald. Picture: Taurai Maduna/EWN

↑ 
えー?
このサイたちは、密猟の親玉とされるDawie Groenewald なる
人物が所有するgame farm にいるわけ?  危ない !!

by dearhino | 2013-06-05 01:35 | 南アフリカ | Comments(3)

サイのためにサイになって走る!

チャリティー・ランナーとして
重さ 8kg もある
サイのコスチュームを着けて
89km のマラソンを完走した男!


Man in rhino suit finishes Comrades(E)

a0280851_1039445.jpg




イギリス出身のヴィンセント・オニール氏(43)は、6月2日に
南アフリカで行われたコムラッズ・マラソンに ”Save the Rhino"
(サイの密猟阻止を目指すイギリスの団体)のための
チャリティー・ランナーとして参加。

サイのコスチュームを着けた ”走るサイ”として、
サイの密猟の惨状をアピールした。

8kg のサイのコスチュームの重さ、暑さ、視界の悪さ、
動きにくさにも拘わらず、彼はアップダウンの多い89キロの
コースを、10時間38分で完走。

1万4千人の参加者のうち 4,045位という好成績。

彼が集めたチャリティーの金額は、 £2,200以上
日本円にすると、33万円を超える。

オニール氏が、サイのコスチュームで走ったのは、
今回が初めてではない。

彼が "Save the Rhino ” のサポートを始めた005年には、
、ロンドン・パリ間を、サイのコスチュームで、
走・泳・自転車でリレーし、その後もサイの扮装でマラソンの
挑戦を続けていた。


「サイの密猟は南アフリカだけの問題ではなく、世界中で力を
合わせなくてはならないこと。今回のマラソンは、サイの保護への
意識を高め、資金を作るための私なりのやり方」と彼は言う。

「今までのレースのなかで一番暑かった。
しかし、私が完走することを応援してくれる
アフリカのランナー達が私に合わせて走ってくれた。
その数は最初の4人から8人へと増えていった。
彼らは、信じられないくらい私を支えてくれた。

走っているあいだ、サイの頭を支えていなければならなかったので
彼らに手を振って感謝の気持ちを示すことがができなかった。
それが本当に申し訳なかった。」

At the beginning of the race I was joined by four African runners and they ran with me all the way. The group grew to about eight as we went along and they stopped when I stopped and they ran when I ran. The support was incredible; I was just sorry I couldn’t wave to them because I had to hold the head.''
a0280851_1463948.jpg



参照記事 :
Norwich runner to run ultramarathon dressed as rhino(E)
Thieves target rhino runner(E)


日本からの、コムラッズ・マラソン参加ツアーもあるようだ。
by dearhino | 2013-06-02 10:39 | 南アフリカ | Comments(0)