ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

唯一の繁殖可能だったキタシロサイのオスが死亡

これで、シロサイの
亜種のひとつである
キタシロサイは
地球上に僅か6頭
(♂2、♀4)となり、
繁殖への望みも殆ど断ち切られた。


参照記事 :
1.Extremely Rare White Rhino dies in Kenya - His kind nearly Extinct.
2.Northern White Rhinoceros
3.Mort au Keniya d'un rarissime rhinoceros blanc du Nord:sous-espede est au bord de l'extinction.
4.Ça fait peur : la disparition prochaine du rhinocéros blanc du Nord


現存するシロサイは、
約2万頭のミナミシロサイと
わずか数頭のキタシロサイである。

10月17日、ケニヤの Ol Pejeta 保護区で、
34才のオスのキタシロサイ、Suni が死亡。

シロサイの亜種のひとつである
キタシロサイは地球上に僅か6頭
(♂2、♀4)となり、しかも、
その繁殖への望みは断ち切られた。

なぜなら、Suni が唯一、
繁殖可能年齢のオスで、
残る2頭は既に高齢。


Suni は、1980年6月8日、
チェコの Dvur Kralove
動物園で生まれた。

その後、3頭のキタシロサイが誕生している
Dvur Kralove 動物園は、
飼育下のキタシロサイの
繁殖に成功した唯一の動物園である。

2009年、本来の生息地の環境におく方が
メスのホルモンの働きが有利になり
繁殖がしやすいのでは、ということで、
Dvur Kralove 動物園 から
Suni を含む2頭のオスと2頭のメスが
ケニヤの オルペジェタ Ol Pejeta 保護区に
移された。


a0280851_19194379.jpg
Ol Pejeta 保護区を歩くSuni
Photo(C):Barcroft Media

2012年には、Suni とNajin の交尾が確認されたが
繁殖には至らないまま、Suni の死を迎えることに
なってしまった。


<残る6頭のキタシロサイ>

●Ol Pejeta 保護区 :

Sudan ♂ 41才で繁殖年齢を超えている。
      (3才のとき、スーダンからチェコへ)
Najin ♀  1989年生まれ
Fatu ♀   2000年生まれ



●米サンディエゴの Wild Animal Park  :

Angalifu ♂ 42才
Nola  ♀ 40才

チェコのDvur Kralove 動物園 :

Nabire ♀ 33才


微かな希望は、Dvur Kralove 動物園の
キタシロサイのオスの精子はすべて
ベルリンの野生生物研究所(IZW)に
保管されていること。

そして、もうひとつの最後の手段としての
試みは、2014年に1月にオルペジェタ保護区に
キタシロサイのメスとの繁殖のために
ミナミシロサイのオスを導入したことである。

言うまでもなく、異なる亜種間での繁殖は
望ましいことではないが、
遺伝子が混ざったとしても
キタシロサイの遺伝子を残すためには
やむを得ないという考え方だ。次の代で純血のキタシロサイと繁殖できればいいのだが。

死因は解剖の結果待ちであるが、
密猟の可能性は低いようだ。

キタシロサイは、アフリカの大地溝帯と
中央アフリカの密林に阻まれて、
ミナミシロサイとは分断された
数の少ない孤立したグループとなり、
「進化の犠牲者」とも言われ、
さらに、スーダン、中央アフリカ、コンゴ、
ウガンダの政治的混乱のなかでの、
密猟と生息地消失により急速に減少し、
野生のキタシロサイはいなくなった。


以下、参照記事1より原文一部引用:
The northern white rhinoceros is one step closer to extinction with the death of Suni, one of only two breeding males left of his kind.





by dearhino | 2014-10-24 19:24 | ケニヤ | Comments(0)

南アフリカでのサイ角盗難事件

サイが殺されなくてよかった。

サイの角を切り落とすことが
最も現実的な得策と実感
させられるような事件。


参照記事 :
1.Pistorius family's rhino horns stolen - report
3.Des cornes derhinocéros volées à l'oncle de Pistorius
4.義足ランナーのピストリウス被告、殺人では無罪 南ア


昨年2月に恋人を射殺した、とされる裁判で
先月、殺人罪を免れる判決を言い渡された、
南アフリカの両足義足ランナー、
オスカー・ピストリウス被告の
「おじ」にあたる、アーノルド・ピストリウス氏の
プレトリア(南アフリカの首都) にある
事務所の金庫から5本のサイの角が盗まれた。

それらの角は、氏が所有しているサイの角で
密猟を避けるために、切り落としていた、
という。


a0280851_19421234.jpg

Photo(c):Alison



角は当局からの許可を得て所有している
ものであった。

サイの角を売買することは、ワシントン条約により禁止
されているが、闇市場で金やコカインより高い金額、
1kgあたり、最高10万ドル(1000万円)とさえ
言われる程の高値で売買されている。

角の重さを1本5kgと仮定すると、5 本で25kg,
この事件は、日本円で言えば、億単位の盗難事件、
ということになる。


アーノルド・ピストリウス氏は、
ショッピング・センターやリゾート、動物の繁殖
プロジェクトなどに携わる開発会社の創始者。



以下、参照記事1.より原文一部引用 :
”Five rhino horns have been stolen from Arnold Pistorius, the uncle of culpable homicide-convicted Oscar Pistorius, Beeld newspaper reported on Monday.


by dearhino | 2014-10-08 19:23 | 南アフリカ | Comments(0)