ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カジランガ国立公園のインドサイが少し増えた!

インドサイの約4分の3が生息する
インドのカジランガ国立公園で
インドサイの生息数が増加!

最新の森林省の発表によると、世界遺産であるインド・アッサム州の
カジランガ国立公園でのインドサイの生息数は2401頭。

成獣 adult      1651
成獣前 sub adult   294
こども juvenile    251
赤ちゃん calf     205

この2年間で、71頭の増加が見られた。

この調査には、多数の野生動物関連NGOが参加し、
公園全体を81の区域に分け、訓練されたゾウを伴って
生息数が数えられた。

a0280851_18554471.jpg
写真は参照記事1.より



但し、密猟は増加傾向にあるので、喜んではいられない。

驚くべきことに、2009年以来、密猟による逮捕者は
243名にも上るが、いずれも裁判所で係争中で、
州はまだ1件の有罪判決も出していない。



参照記事 :

1.Cheer! Despite poaching rhino population in Kazirannga up.
2.Assam:Rhino numbers rise, but rampant poaching continues.


参照記事2より、原文一部引用。
"According to the latest census data released on Saturday, by the state forest department, the number of rhino stands at 2,401. This is indicative of the fact that there has been a rise in rhino population by 71 rhinos in the last two years in the park."


ブログ内関連投稿 :
「アッサム地方のインドサイの密猟」
http://dearhino.exblog.jp/20651880/
(2015.01.05)



by dearhino | 2015-04-06 00:16 | インド | Comments(0)

ネパールの街中にインドサイ侵入で大パニック

3月31日、ネパール南部のHatauda という町に、

近くのチトワン国立公園からインドサイが侵入、

道路を走り、市場を駆け抜け、病院にも入り込み、

大パニックとなった。


道路を走るインドサイ。↓

a0280851_19072206.png
Photo :参照記事2.より


不幸にも61才の女性が角で突かれて死亡、

7名の市民が負傷した。

クラクションや、太鼓などの大きな音を出して、

サイを追い払おうとした人々もいたが、

功を奏すことはなかった。

結局、麻酔銃を用意し、ゾウを連れた森林管理官らに
追われ、サイは無傷で森に戻った。


このニュースは、「報道ステーション」でも
取り上げられた。

このサイの住処のチトワン国立公園には、
ネパールの約500頭のインドサイの殆どが生息している。
多摩動物公園のインドサイ、ナラヤニとビクラムも
チトワン国立公園から来ている。

これまでも、インドのカジランガ国立公園などで
サイが近くの村に出没し、死傷者が出たという
ニュースはあったが、今回のような街中で、
しかも、目撃者が撮ったビデオが公開されたというのは
初めてだ。



参照記事 :
1.Insolite. Népal : un rhinocéros terrorise la ville de Hetauda
(目撃者による動画あり。
 サイが街中の道路を走る映像は貴重!)

2.Wild Rhino Chased Into Forest After Deadly Rampage in Nepal


参照記事2.より原文一部引用
”Forest officers and tamed elephants have chased a wild rhino back to the forest after it killed a woman and injured seven people in a rampage through a city in southern Nepal.”


by dearhino | 2015-04-01 23:36 | ネパール | Comments(0)