ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「アースデイ」東京にシロサイの子Gくんも参加?!

4月23-24日、東京の代々木公園では
地球を守るための世界環境イベント、
アースデイを開催。

「NPO法人アフリカゾウの涙」のブースで
来訪者に、サイの危機的状況についての
話しを聞いてもらった。

南アフリカのシロサイ孤児の Little G、
Gくんも初参加した。 ??

a0280851_15455384.jpg

「サイの角1kg あたりの最高密売価格はいくらぐらい?」
というクイズでは、80万円という回答が一番多かった。
正解は勿論、800万円。
こんなに高く売れるから密猟が止まらないのだ!
a0280851_15452894.jpg


ベトナムや中国でのサイの角の薬効の迷信、急速な経済発展、
ステータス・シンボル化したことによるサイ角需要の高まり、
そのための密猟急増などについての説明にじっと耳を傾けてくれる人も
結構いたので、思わず熱く語ってしまった。
a0280851_15451823.jpg


アフリカの孤児サイ、Little G こと、Gくんも
サイ保護を訴えました。
a0280851_15450730.jpg
「Gくん」のことは、こちらに ↓
http://dearhino.exblog.jp/21745582/

こうやってGくんが、頑張っていたら、
思いがけず、恐竜の絵で有名なイラストレーターの
ヒサクニヒコ氏が、ブースを訪れて下さいました。

ヒサ氏は、横浜動物園友の会の会長でもあり、
サイについてもお詳しくて、
絶滅危機が迫るサイのことも
とても心配してくださっています。
a0280851_16174117.jpg
サイが好きなヒサ先生に抱っこしてもらって
満足げそうな Gくんです!


こんな可愛いお友達も来てくれました。
Gくんを見て、ちょっと恐そうだけれど。

a0280851_15442916.jpg

サイの話をたくさん聞いてもらって、
Gくんのことも皆に可愛がってもらえて
嬉しい日でした。

ちなみに東京にいる Gくんの生みの母は
ワタシです。

Gくんの出生の秘密をばらしてしまうと、
前世は犬でした。Gくんには内緒なので
言わないでくださいね!







by dearhino | 2016-04-26 16:36 | 世界 | Comments(0)

落とし穴から救出されたスマトラサイが死亡

先月、インドネシア領の
ボルネオ島の
落とし穴に、
はまった
ところを救出、
保護区に移送された
スマトラサイが
5日、足の感染症のため死亡

a0280851_16182630.png
(C):Ari Wibowo/WWF

このスマトラサイは Najaq と名付けられた
4-5才の若いメスで、
その死は地球上の生息数が
100頭にも満たない
スマトラサイの未来にとって
大きな損失となる。

本当に残念だ。


ブログ内関連記事 :
「ボルネオ島の落とし穴で発見されたスマトラサイ」
http://dearhino.exblog.jp/22668406/
2016.03.31





参照記事 :


参照記事より原文一部引用 :

”The rare rhino was caught in a pit trap last month in East Kalimantan province in an area close to mining operations and plantations, where it was struggling to survive.

However Najaq, as the female rhino was known, succumbed to a leg infection after her health deteriorated in recent days, Indonesia's environment ministry confirmed.”








by dearhino | 2016-04-07 16:33 | インドネシア | Comments(0)