ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7年前に密猟されたシロサイ・HEIDI


HEIDI を殺したのは誰?

a0280851_19001151.jpg


谷口理恵個展(6/2-12, 荒井アトリエ・ギャラリー)の
展示作品で、作者の方にお話しを伺ったところ、
本で読んだ密猟されたサイのHeidi のことをモチーフに
している、とのことだった。

あとで調べてみたところ Heidi は、南アフリカの
KwaZulu-Natal のThula Thula Reserve で、
2009年に密猟されたシロサイ♀で、本はその Reserve の
設立者で作家でもある Lawrence Anthony 著の
"The Last Rhinos" のようだ。

この場合の The Last Rhinos とは、現在ケニヤの
オルペジェタ保護区に3頭が残るのみとなった
キタシロサイのことで、著者は、キタシロサイ保護のために
大変重要な役割を果たした人物だった。
a0280851_19010518.jpg

密猟者に真っ先に狙われそうな立派な角だが、
穏やかで優しい表情がまたサイらしい!
a0280851_19004553.jpg

サイがジャンプするところを表現したかったから
この形になったそうだ。殺されたHeidi も今頃は
大空の上を軽やかにジャンプしながら走りまわって
いるかもしれない!
a0280851_18594456.jpg
a0280851_18595989.jpg
サイの頭部のブローチ。
a0280851_19003096.jpg

谷口理恵さんは、長年ロンドンに在住、
近年は絶滅危惧種にフォーカスを当てて
製作されているそうだ。


今回も、サイの他に、センザンコウや
ユキヒョウ、リカオンなど絶滅危惧種の
アクセサリー作品などが出品されていた。

センザンコウのペンダントや
リカオンのブローチは世界中探しても
なかなかみつからないのでは。

絶滅危惧動物に寄り添う思いを
動物をモチーフにした表情豊かで
温かみのある作品で表現できることは、
動物保護への大きな説得力であると思う。


谷口理恵さんについて 

ホームページ(英語) 
全作品の写真を見ることができて楽しい。


参照記事 :
1.The Last Rhinos: one man's fight for the future of Africa's behemoth
2.The Last Rhinos: My Battle to Save One of the World's Greatest Creatures
3.
http://www.thulathula.com/en_wildlife.aspx


参照記事3より、原文一部引用:

”Armed guards accompany Thabo and Ntombi 24/7 to protect them against poachers. With a gunfight having taken place a few months ago, as Thabo got shot in the front leg, as well as the loss of Heidi, female white rhino who was killed by poachers in August 2009, the need for increasing protective measures is a harsh reality. ”


by dearhino | 2016-06-16 20:00 | 南アフリカ | Comments(0)

ベトナムの人々が書いてくれた、サイに関する130のメッセージ


ハノイ・サイ保護イベント報告③

5月29日にハノイのイオンモール・ロンビエンで
開催されたサイ保護イベントで、来場者の方たちが
サイに関するたくさんのメッセージを残してくれました。

a0280851_23222794.jpg
「サイについての願いや希望のメッセージを書いて
下さい」とベトナム語で書いてあります。

a0280851_23202806.jpg

皆さん、真剣に考えてくれています。
a0280851_23495768.jpg
a0280851_23192363.jpg


メッセージ・ボードがどんどん埋まっていきます。
a0280851_23185403.jpg

a0280851_23184402.jpg
a0280851_23180398.jpg
a0280851_23172359.jpg
a0280851_23170554.jpg
a0280851_23474069.jpg

130枚のメッセージ・カードは大事に日本に持ち帰りました。
日本語のメッセージもあります。
a0280851_13520334.jpg

↓英語のメッセージ。

「サイを守ろう!」
「サイを殺さないで!角はヒトの爪と同じケラチンだから。」
「野生動物をみんなで守ろう!」
「サイの角を使うあなたは立派には見えない。だからサイを
殺さないで!サイは絶滅の危機にある。」

a0280851_13522307.jpg


↓フランス語のメッセージもあります。

「サイの身体の一部を売買することは悪いこと!」
「我々はみな、サイを守ることに責任をもつべき!」
「動物を守ることは私達の家である地球を美しくすること。」
「私達の友であるサイを守ろう!」

”Vietnam Saves Rhinos" のフランス語訳を
私達のキャンペーンロゴのようにクロスワード・
パズル風に並べてくれたのも嬉しい。

a0280851_13513384.jpg

↓ベトナム語で「サイを守って!」は

Hảy bảo vệ tê giác! 

「サイは私たちの仲間!」というメッセージもあります。
サイのことは、ベトナム語では、”テーザック”です。
このまま片仮名の発音をしても殆ど通じませんが。

a0280851_13511748.jpg
100余りのベトナム語のメッセージは、少しづつ辞書を
引いて日本語に訳せればと思っています。
難しそうですが・・


↓イラスト入りのメッセージも楽しいです。
a0280851_13514899.jpg


来場した子供たちが楽しそうに色を塗ってくれた
塗り絵も日本に持って帰りました。

航空会社のカウンターで預けるときに、
潰れるかもしれないと言われて、「ベトナムの子供たちが
描いてくれた大切な絵だからそれは困る」と答えたら、
このように袋に入れてコワレモノ扱いにしてくれました。

a0280851_13505604.jpg
a0280851_15100890.jpg
機会があれば、もう一度広げて日本の皆さまにも
この大きな塗り絵を見て頂きたいと思います。
頂きたいと思います。



ブログ内関連投稿記事 :

”5/29 ハノイでサイ保護イベントを実施しました”

”ハノイの笑顔はサイを救う希望”


今後もベトナムで、サイ角消費ゼロにすることによる
サイ保護の啓蒙活動 Vietnam Saves Rhino の
キャンペーンを継続したいので、現在、目標額20万円で
活動資金のご支援を募っています。

是非、こちらにアクセスしてご検討頂けたら
大変ありがたいです。
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos






by dearhino | 2016-06-16 15:10 | ベトナム | Comments(0)

ハノイの笑顔はサイを救う希望!


ハノイ・サイ保護イベント報告②



5月29日にハノイのイオンモール・ロンビエンで
開催したサイ保護イベントに来てくれたベトナムの
子供たちとファミリーの皆さんは、サイの密猟の原因となる
サイ角の使用をやめてサイを守ろう!という私達の願いに
共感してくれたことを素晴らしい笑顔で示してくれました。

ベトナムにはサイの味方になってくれるヒトもたくさんいる!と
サイたちにも伝えたくなります。ここにサイを救う希望があります。

皆様にもその笑顔をご紹介したいと思います。

クロサイの大きな写真の前にサイ保護のメッセージを
手に立ってくれたハノイのこどもたちとファミリー。
a0280851_15594256.jpg
a0280851_15502997.jpg
a0280851_15500879.jpg
a0280851_15513438.jpg

a0280851_15592192.jpg
a0280851_15511754.jpg


そして、リトルGと仲良くしてくれたみなさん、
ありがとうございます。

今回のイベントの展示で、南アフリカには、
お母さんを角目当ての密猟者に殺された
リトルGのような孤児サイがたくさんいることを
紹介しました。

これからもリトルGのことを思い出して、
サイ角の問題を考えてもらえたら有難いです。

サイの角には薬の効果はないこと、
サイ角を使うのをやめないと、サイが絶滅することを
みんなに伝えてくださいね。


a0280851_16331788.jpg
a0280851_16325965.jpg

a0280851_16324966.jpg
a0280851_16323502.jpg


赤いTシャツのスタッフ達もリトルGを可愛がってくれました。
a0280851_16322556.jpg

a0280851_16320004.jpg

a0280851_16312843.jpg
a0280851_16314363.jpg
a0280851_16311503.jpg


現実のリトルG (Gertjie) はこの子です。
親友のラミーと一緒。

a0280851_17313677.jpg
(C):The Hoedspruit Endangered Species Centre


最後に皆様にお願いです。

お母さんを密猟者に殺された孤児サイは、
ひとりで生きていくことはできません。
母乳をもらえないので餓死するか、ライオンなどに
襲われるか、あるいは不幸中の幸いでリトルGのように
レンジャーなどに見つけられ保護されればミルクで
育てられます。

ベトナムでのサイ角消費をゼロにすることで
孤児サイをこれ以上ふやさないようにするためにも
こうした活動を今後も続けていきたいので
現在クラウドファンディングで資金の支援を募集しています。

こちらからクレジットカードでご支援いただけます。↓
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos


口座振込みでご支援して頂ける場合
にアクセスして、リターン(お礼の品)についても
確認いただいた上、当ブログのコメント欄から
ご連絡(非公開コメント可)頂けましたら
振り込み口座番号のお知らせをさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。



参考 :

○東京のリトルGの Facebook ページ。
https://www.facebook.com/littleGkun/


○ブログ内関連投稿記事:

”5/29 ハノイでサイ保護イベントを実施しました”

”ベトナム人が書いてくれた130のメッセージ”




by dearhino | 2016-06-10 17:52 | ベトナム | Comments(0)

5/29 ハノイでサイ保護イベントを実施しました!

ハノイ・サイ保護イベント報告①

5月29日の日曜日、サイ角の最大の消費国と言われる
ベトナムで日本の団体が主催する初めての
サイ保護イベントが実施されました。

富裕層ベトナム人の一部が違法なサイ角を超高値で
買うために、アフリカでサイの密猟が急増し、サイに深刻な
絶滅危機が迫っていることを広くベトナム人に知らせることを
目的とし、ベトナム人のサイ角消費をなくすことで、ベトナムに
サイを救ってもらうための "Vietnam Saves Rhinos" と名付けた
キャンペーンの最初のイベントでした。

主催はNPO法人「アフリカゾウの涙」で、ベトナムに進出する
日本企業イオンのベトナム関係者の皆様のご理解とご協力に
よって、ハノイのイオンモールのスペースをご厚意で使わせて
頂けることになり、今回のイベントが実現しました。

a0280851_20330276.jpg
今回のイベント内容は、ハノイの日本人留学生と
現地の大学生たちとの協力で計画されました。
日曜日のショッピングモールを訪れる若い人たちに
まずは気軽に楽しく「サイの現状」を伝えることを
目指しています。

現在のベトナム人の平均年齢は28才というだけあって、
ハノイの町でもモールのなかでも年配の方を見かけることが
非常に少なく、日本との大きな違いに驚きました。

開店前の店内の様子です。
a0280851_13024726.jpg

美術専攻の学生が作ってくれた大きなサイのぬり絵と、
来場者の方々に書いてもらうメッセージを貼るボードも
スタンバイしています。
a0280851_18010291.jpg


イオンモールの開店は朝9時。
開店と同時に続々とお客さまが入ってきます。

a0280851_20334036.jpg

私たちのところにも子供連れのファミリーが立ち寄ってくれます。
a0280851_18562823.jpg

高い吹き抜けの上の方から見るとこんな様子です。
a0280851_13034519.jpg

子どもたちにぬり絵が大人気でした。
午前中には「完成」してしまい、もう1枚用意すれば
よかったと学生スタッフが残念がっていました。
a0280851_13043224.jpg

赤ちゃんもカラフルで大きな絵には興味がありそう。
a0280851_13074872.jpg

高いところは大人の担当。後ろ姿がちょっと楽しそう!
a0280851_15174258.jpg

少年たちが、アフリカのサイを紹介する写真を興味を持って
見てくれているようです。

a0280851_15180988.jpg

写真をめくったところにある説明文も
ちゃんと読んでくれました。

a0280851_15283588.jpg



ここは南アフリカの孤児サイの「リトルG」を紹介するコーナー。
赤ちゃんのときに目の前で角目当ての密猟者にお母さんを殺され、
保護施設で育てられるが、しばらくはトラウマで、夜も眠れなく
なってしまった実在のシロサイの子です。

a0280851_15301147.jpg


「リトルG」は、ぬいぐるみを作って
日本から連れて行きました。

この女の子はこの「リトルG」をとても気に入って
くれたみたいで、この後もときどき撫でに来て、
帰るときも名残り惜しそうにしてくれました。

言葉は通じないけれど、通じた気がします。
”ずっとサイを大事に思ってくれるよね!”

a0280851_19594329.jpg


私が日本人だとわかると、この若いご夫婦は勉強中の日本語で
頑張って話してくれました。そして、日本語で
「サイの角を買わない」と言ってくれました。


a0280851_15343709.jpg


学生が作ってくれたこのイベントのポスターの前で
ポーズをとる利発そうな男の子。こちらでは、私達の
スタッフTシャツと同じ赤いTシャツを着ている人が多いように
思いました。ベトナム国旗が赤地に黄色い星なので、
赤が好まれるのかもしれません。

a0280851_18032938.jpg


今回のイベントに協力してくれたベトナムの
野生動物保護団体から提供された子供向けの
サイについてのパンフレットを見る女の子。

a0280851_16242749.jpg

サイ保護に関する動画を子ども達に見てもらっているところ。
a0280851_16251165.jpg

たくさんの方々がサイ角の使用経験の有無などを尋ねる
アンケートに協力してくれました。

a0280851_16255041.jpg

アンケート回答中の可愛い赤ちゃんを連れたご夫婦。
a0280851_16263674.jpg


質問の数も多くて大変そうだったのに
子供もアンケートに協力してくれました。

a0280851_18025127.jpg


クロサイの大きな写真の前で「サイを守ろう」
というベトナム語と英語のメッセージを持って
立ってくれた爽やかな少女たち。

a0280851_18031661.jpg
a0280851_00490542.jpg


今回のイベントに協力してくれたベトナムの
保護団体WildAct からの紹介で、テレビ局も
取材に来てくれました。

a0280851_17112744.jpg

展示パネルも撮影してくれています。
a0280851_17134089.jpg

ボランティアのベトナム人学生もインタビュー
されています。

a0280851_18022871.jpg


このイベントを通じて思ったことや伝えたいことを
カードに書いてもらいました。このメッセージボードには
ベトナムの皆さんのサイへの温かい思いが詰まっています。

a0280851_17081684.jpg
a0280851_18304765.jpg


a0280851_00461220.jpg


私達の "Vietnam Saves Rhinos" のロゴの左は、
ベトナムの野生動物保護団体 "Education For Nature-Vietnam"、
下は同じく "WildAct" のロゴ。

これらの団体から私達のイベントのために、グッズや
パンフレット、映像などを提供して頂きました。

a0280851_17091702.jpg



今回のイベントの実行委員になってくれた
ハノイ留学中の日本人学生 "3人娘” たち。↓

実行委員長は Aya さん(中央)、文字通り、
彼女の存在なくしてはハノイで今回このイベントを
実施することはできなかったでしょう。
大変な局面も冷静に粘り強く乗り切り、
すばらしいリーダーシップを発揮し、当日まで
本当によく頑張って、これだけ多くのベトナム人が
立ち寄ってくれた最高のサイ保護イベントを実現させて
くれました。


a0280851_15321988.jpg
副実行委員長の Maho さん(右)は準備段階から
当日までベトナム語専攻の強みを活かして
活躍してくれました。そして Yumi さん(左)は
穏やかな雰囲気で実行委員会をまとめて支えて
くれました。


そして、ベトナム人の学生さんたちも
準備段階から協力してくれました。
私(一番右)のとなりのTuyen さんと、Anh さんは
(一番左)は日本留学経験があり日本語が堪能なので、
ベトナム語の翻訳をお願いしました。

a0280851_15324720.jpg

Miwa さんには5月にハノイに引っ越されたばかりの
お忙しいなかイベントの宣伝と撮影を手伝って
いただきました。

a0280851_15330874.jpg


そして、当日のボランティアの学生さんたちは
来てくれたファミリーや同世代の若者たちを
とても親しみやすく迎えてくれて、おかげで
会場に楽しい雰囲気が溢れていました。

a0280851_17144925.jpg


今回のハノイでのサイ保護イベントはこのように
多くの皆さんに支えられて実現しました。

日本とベトナムの若者たちがタッグを組んで
素晴らしい結果を見せてくれました、

サイのために力を貸して下さった皆さんに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうも有難うございました。


このイベントに立ち寄ってくれたベトナムの子ども達、
家族連れ、そして若者たちからは、サイ角を消費するより
サイを守るべきという考えを当たり前に共有してくれるような
印象を受けました。

ベトナムのどこに、サイ角をステータスのために
超高値で買いあさる富裕層のベトナム人がいるのかと
不思議な気さえしました。

でも、現実にはそういうベトナム人がまだいるからこそ、
サイ角が密輸され、アフリカでは1日平均3頭ものサイが
密猟で残酷に殺されているのですが。

このショッピングモールを訪れる若者や子ども達は
ベトナムではだいたい中流以上の暮らしのようですが、
どこかで違法サイ角に出会ってしまう機会があったら、
是非今日のことを思い出してほしいです。


最後に皆様にお願いです。ベトナムでのこうした活動を
今後も続けていくために、クラウドファンディングで
資金のご支援を募集しています。

こちらからクレジットカードでご支援いただけます。↓
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos


口座振込みでご支援して頂ける場合
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos
にアクセスして、リターン(お礼の品)についても
ご確認いただいた上、当ブログのコメント欄から
その旨をご連絡(非公開コメント可)頂けましたら
振り込み口座番号のお知らせをさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。


ブログ内関連投稿 :

ハノイ・サイ保護イベント報告②
"ハノイの笑顔がサイを救う希望"

”ベトナム人が書いてくれた130のメッセージ”



by dearhino | 2016-06-04 17:53 | ベトナム | Comments(0)