ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

元ビートルズの リンゴ・スターも、サイ保護活動を支援

ちょうど50年前の1966年、
6月29日から7月3日まで、
ビートルズがコンサートのために
日本に滞在したことが、今、話題になっているが、

元ビートルズのメンバー、
リンゴ・スターも
サイ保護活動を支援!


2012年5月当時の彼のウェブサイトの
ホーム画面。それまでの自分の飼い猫の写真から
サイの写真に変えた。


a0280851_18232324.jpg
(C)参照記事2より


 ”I've always loved rhinos"
リンゴ・スターはずっとサイが好きだったそうだ。

そして彼は、ケニヤの David Sheldrick Wildlife Trust の
活動を支援している。


「シェルドリック野生保護基金」は1977年に設立された
孤児サイのケアとクロサイを絶滅から守るための活動の
パイオニアとなる団体。ゾウの保護活動にも力を入れている。



最近また新たな Ringo とサイの関係が!

a0280851_16531367.jpg
  (C)THE HUFFINGTON POST   

     
a0280851_16510127.jpg
(C)THE HUFFINGTON POST   


両者の共通点は? 実は、二人共、Ringo !

ケニヤの Olpejata Conservancy に保護されている
このシロサイの赤ちゃんが、Ringo Starr に因んで
Ringo と名付けられた。

Olpejata Conservancy で撮影の仕事をしていた時に
この赤ちゃんを紹介された Turk Pipkin 氏は、
Ringo Starr がサイ保護への支援をしていることを
知っていたので、サイの密猟阻止を広く啓蒙するために
Ringo の名前をつけることをすぐに思いついたという。

この赤ちゃんは、2015年10月、生後約2週間の頃、
母親に育児放棄されて倒れているところをレンジャーに
発見され保護された。

孤児サイは人工哺育で育てられ、3才頃に野生に戻される
という。

Ringo Starr 自身も、子サイのRingo のことを
Facebook に書いている。


★ビートルズ・ファンの皆様、Ringo Starr つながりで、
是非サイ保護活動にご支援を!
  ↓
ベトナムでのサイ保護のため募集中のクラウドファンディングは、
皆様のご協力のおかげで目標額達成まであと"2万5000円"と
なりました。残り2万5000円、広く少しづつご協力いただけたら
大変有難いです。こちらからよろしくお願いいたします。
https://moon-shot.org/projects/vietnam-rhinos



参照記事 :
1.Introducing Ringo the Rhino — With Peace and Love From Ringo Starr
2.Meet Ringo the RhinoAbandoned Baby Rhino Has Starr Connections
3.Ringo Starr reveals his support for saving endangered animal





by dearhino | 2016-07-01 18:44 | イギリス | Comments(0)