ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハノイで「野生動物違法取引に関する国際会議」

11月17日と18日、ハノイで
「野生生物物違法取引に関する
第3回国際会議」が開催された。

第1回はロンドン(2014),第2回はアフリカ、
ボツワナの kasane (2015)で開催された
この会議には、ベトナムのDang Thi Ngnoc 国家副主席 、 
ラオスの Sonxay Siphandone 副首相、
英ウィリアム王子、国連の Yury Fetov 事務局長補佐
および47カ国の代表、EU、関連国際団体、NGOの代表者
など約100名が参加し、野生生物の違法取引の
防止のための国際協力について話し合われた。

開幕にあたり、Dang Thi Ngnoc 国家副主席は、
野生生物の違法取引の防止が世界的課題であることを
訴えた。

a0280851_02273229.jpg
Photo(C):VN


ウィリアム王子は、開会のスピーチのなかで、
「特にサイ、ゾウ、センザンコウ、ライオンは
恐るべき数が殺されて、保護の努力が追いつかず
絶滅の危機であることを訴え、密猟との戦いは
チャレンジすれば勝利は可能である。」と語った。

EU、参加保護団体からも、不法野生生物取引問題の
解決のために残された時間が少ないこと、
アジアでの野生生物犯罪や密輸問題の解決に
ベトナムが重要な的な役割を果たすことへの
期待が表明された。


会議は、「参加国は密猟犯罪と不法野生生物取引を
阻止するための一層の努力をすることを誓う」という
ハノイ声明の採択によって締めくくられた。

それが実現されることを願うのみ。



a0280851_02524813.jpg
Photo(C):AFP/STR 会議の会場でサイの保護団体の着ぐるみと!


1995年、ダイアナ妃とウィリアム王子(右)とハリー王子(左)
a0280851_12114132.jpg
Photo(C):John Swannell
Last week, on 17 and 18 November 2016, the government of Viet Nam hosted the international Hanoi Conference on Illegal Wildlife Trade. Governments attending the conference adopted the ‘Hanoi Statement on Illegal Wildlife Trade’, in which they committed to expand their efforts to
tackle the poaching crisis and illegal wildlife trade.


by dearhino | 2016-11-24 02:30 | ベトナム | Comments(0)

英ウィリアム王子、ハノイでサイ保護のために啓蒙活動の1日!


英ウィリアム王子、
サイ角の中心的消費国の
ベトナムを初訪問。

ウィリアム王子は、17-18日にハノイで開催される
第3回野生動物取引国際会議 (the third International
Wildlife Trade Conference) となる ”違法野生生物の取引に
関するハノイ会議” に出席するために、16日にハノイ入りした。

ウィリアム王子は、ゾウに加えてサイの保護にも
以前から熱心に取り組んでいる。

ブログ内関連投稿記事:
「ウィリアム王子はサイの保護活動にも熱心!」
http://dearhino.exblog.jp/20942849/
(2015.02.28)

ウィリアム王子は、大変な人気のサッカー選手だったベッカム、
身長208cmのバスケットボールの元スター選手中国のヤオ・ミンらと
共にサイ角製品の不買を訴えるキャンペーンビデオにも
出演したこともあった。CGのサイがたくさんサッカースタジアムに
登場する楽しい内容だ。




そして、今回は初めてベトナムを訪問し、
初日はベトナムの首相らとの懇談のあと、
ハノイの旧市街の漢方薬店で漢方薬の
材料を見たり、伝統漢方の専門家と
話したり、カフェでNGO代表者などと
意見を交わした。

a0280851_16051629.jpg
a0280851_16101524.jpg
Photo(C): VN EXPRESS


さらに、ウィリアム王子はハノイ市内の Hong Ha
小学校の8才のクラスを訪問、生徒たちは「サイを守ろう」
というメッセージの入ったおそろいのTシャツで迎えた。

王子は密猟からサイを守ること、人々にサイ角の消費を
しないことを説得することの必要性を子供たちに
話した。

そして、Humane Society International の
野生動物部門が制作した I'm a Little Rhino" という
本が朗読された。子供にわかりやすくサイの問題を
伝える絵本でベトナム語と英語で書かれている。

a0280851_16045335.jpg
Photo(C): VN EXPRESS


a0280851_19462024.jpg
(C):HSI



a0280851_20025024.jpg
(C):GETTY


一緒にサッカーをして遊んでもらったり、
子供たちにとっては一生忘れない印象的な
出来事だったと思われる。

彼らがこの日のことを周囲に話して、
サイ角を買いたいと思う大人の心に
届いたらよいと願う。


参考記事 :
1.Prince William to visit Vietnam for wildlife conservation
2.Prince William visits Hanoi for wildlife conference.
3.Prince William reads rhino book with Vietnam school children ahead of wildlife conference
4.Prince William tries to teach children about endangered animals in adorable story time.
5.フック首相、初訪越の英ウィリアム王子と懇談


参考記事4より原文一部引用 :

William, 34, also visited a traditional medicine shop and a local cafe after being greeted by Prime Minister Nguyen Xuan Phuc, premier of the one-party communist state.

Demand for rhino horn has led to an increase in poaching in Africa and William and Harry have warned the animals could be extinct within a few decades.



by dearhino | 2016-11-20 16:17 | ベトナム | Comments(0)

ベトナムで押収象牙とサイ角を焼却処分


11月12日、ベトナム政府は
密輸で押収した象牙2トンと
サイ角70kgを粉砕し焼却処分。

a0280851_19363402.jpg

(C):STROOP

この焼却イベントは、17日から同じくハノイで
開催される不法野生生物の取引に関する国際会議
"Conference on Illegal Wildlife Trade "に先立ち、
ハノイの Soc Son Districtで実施されたもので、
ベトナム政府は不法野生生物取引を取り締まり、
人々への啓蒙をする、という姿勢をアピール
することを目的としている。

a0280851_20233762.jpg

(C):STROOP


ハノイでの会議は、ベトナムの不法野生生物の
密輸問題に対する取り組みの改善の契機となる
ことが期待されている。

a0280851_19365355.jpg

(C):Reuter

これまで象牙とサイ角の焼却処分は、
ケニヤ、米国、フランス、イタリア、
フィリピン、シンガポールおよび中国で
実施されている。


参照記事 :
1.Vietnam to destroy tonnes of ivory and rhino horn
2.Animaux sauvages les routes du trafic.
3.Vietnam to destroy ivory and rhino horn.
4.https://www.facebook.com/ajplusenglish/videos/839790666162442/?pnref=story


参照記事1より原文一部引用 :

"Destroying ivory and rhino horn is a symbolic action to show the commitment of the Vietnamese government to tackling the illegal wildlife trade, and raise local people's awareness on the use of the products, the ministry said."





by dearhino | 2016-11-16 20:08 | ベトナム | Comments(0)