ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2017野生生物写真コンテストの最優秀作品「密猟されたサイ」

ロンドン自然史博物館とBBCが主催する
野生動物写真のコンテスト
”the Wildlife Photographer of the Year 2017”の
最優秀作品(Story category 部門)に、
密猟者に残酷に角を奪われたサイの写真が選ばれた。

92か国の5万点以上の応募作品のなかから選ばれた
この写真の撮影者は、
南アフリカの野生動物写真家Brent Stirton 氏。

この密猟現場は南アフリカの
Hluhluwe Umfolozi Game Reserve という
私設保護区。

Stirton 氏は、30体以上のサイの密猟死体を見たなかで、
テーマを最も効果的に反映できるものを選んだそうだ。

角を奪われている際はまだ生きていた思うと
本当に怒りがこみ上げてきた、という。

審査員であるRox Kidman Cox氏は、
「まるで彫刻のような力強さでもって、
あまりにも悲惨な場面を壮大なものに昇華させた手腕は、
最優秀賞にふさわしい。」と述べている。

この作品が選ばれたことで、密猟の残酷さ、
サイの無念さ、人間の愚かさが広く伝えられ、
見る人の心に響き、サイの密猟への関心が
高まることを願う。

受賞作品はココで見てください。大きな画像があります。



by dearhino | 2017-10-31 19:08 | イベント | Comments(0)

サイ密猟の厳罰化 @マラウイ共和国

アフリカ南部のクロサイが生息するマラウイ共和国で
サイの密猟者に、この国の野生動物に関する犯罪では
これまでで最も厳しい判決が下された。


a0280851_23520646.png

密猟事件のあらまし以下の通り。

7月9日に Liwonde 国立公園で Jabesi と呼ばれていた
メスのクロサイ が殺害された。

13日にレンジャーが角を奪われたサイの死骸を発見、
即日、サイの角に取り付けられていた追跡装置により
その角が保管されている冷凍庫が見つかった。

そこから、3人の犯人が突き止められた。

判決では密猟者のEsau Billy(28)に18年間の懲役刑、
角を隠すのに協力した父親(56)と従兄弟(21)には
各々10年と8年の懲役刑が決定された。

マラウイ共和国では昨年12月に国立公園の
野生生物保護法の改正により罰則を強化。

「マラウイは野生生物犯罪に甘い国ではない
ことを人々が知ることはよいことだ。」
"we are happy that people are now realizing that
Malawi is not a soft country to have wildlife crime,”

と、マラウイ国立公園の責任者 Kumchedwa氏は
語る。

サファリ観光が国の重要な産業であることから
それを妨げる野生生物犯罪を犯す者は
「国家の敵」と見なし、野生生物犯罪に対しての
迅速な捜査、逮捕、判決を実行して、
本気で犯罪抑止に取り組む姿勢を
国として示している。

マラウイのサイは1992年に絶滅したため、
南アフリカなどから観光のために再導入されている。

サイの角に追跡用のチップを埋め込むことが
こうして犯人逮捕にも直接つながるのであれば
その役割は大きい。

密猟に対する厳罰化はどんどん進めて欲しい!


参照記事 :


参照記事2より原文一部引用 :

#A court in Zomba has sentenced a 28-year-old man to 18 years in prison for killing a rhino called Jabesi.
The Zomba Chief Resident Magistrate Court also sentenced two other men to 10 and 8 years imprisonment because they helped the poacher keep the rhino’s horns."

a0280851_18021988.jpg


by dearhino | 2017-10-25 00:00 | アフリカ | Comments(0)

よくやった!サイが密猟者を襲って撃退!!

めったにない
サイの密猟に関する
超愉快なニュース!

ナミビアのエトシャ国立公園でサイを探していた密猟者に
どこからともなく現れたサイが体当たりし足に重傷を負わせた。

友人が彼を助けかくまったが翌日には逮捕され、
現在は警官の監視下で入院治療中。

エトシャ国立公園では2016年6月から2017年7月までに
7頭のサイが密猟されている。

事件の風刺画 ↓ ”密猟者が密猟される!”。
a0280851_15091772.jpg


参照記事 :


密猟者を襲ったサイは、
まさに ヒーロー!!

これからもどんどん密猟者を襲って欲しい!


by dearhino | 2017-10-23 15:34 | アフリカ | Comments(0)

ゾウとサイのためのグローバルマーチ@上野公園

10月9日、第4回「ゾウとサイのためのグローバルマーチ東京」が
上野公園で実施されました。

a0280851_23373732.jpg

特設テント内では、サイの密猟がなくなることを願って
サイの折り紙を皆さんに折ってもらいました。

a0280851_23520121.jpg
a0280851_23385406.jpg
a0280851_23410418.jpg
a0280851_23414714.jpg
a0280851_23412395.jpg
今年のグローバルマーチのお知らせのフライヤーは
正方形でした。それはなぜ?
a0280851_20063535.png
なぜなら、折り紙にもなるから。
a0280851_22194738.jpg
a0280851_22202193.jpg
a0280851_22085397.jpg
a0280851_22205585.jpg
上野の草むらにサイの群れが!!
a0280851_22213919.jpg

テント前では、慶応大学の折り紙サークル「折禅」の
メンバーに協力してもらい190cm四方の紙で
サイの巨大折り紙を作りました。
a0280851_23383350.jpg
a0280851_00011944.jpg
体長90cmのサイが完成!
a0280851_22355456.jpg



2時からは上野公園内をゾウとサイの保護を訴えながら
マーチをしました。
a0280851_00015757.jpg
テント前で巨大折り紙サイと共に記念撮影。
a0280851_23393128.jpg



by dearhino | 2017-10-21 22:37 | 日本 | Comments(0)

サイの巨大折り紙製作

一辺が190㎝ の正方形でサイの折り紙を作った。


まずは大きな正方形を作るために、模造紙を
つなぎ合わせる。
a0280851_00542237.jpg

大きな正方形を半分に折る。
a0280851_00551661.jpg

それを広げて両側からさらに半分に折る。
a0280851_00553713.jpg



さらに横方向に半分に折る。
ここから、サイの形に向けて本格的にスタート!
a0280851_00560865.jpg

小さな三角はサイの耳になるところ。
a0280851_00562604.jpg

新聞が小さく見える。

a0280851_00564408.jpg

後ろ足を作る。
a0280851_18023182.jpg

a0280851_18095506.jpg

a0280851_18102267.jpg

ずいぶんとコンパクトになってきた。

a0280851_18104852.jpg

a0280851_18124356.jpg


この後、急にサイの形になる。
a0280851_18130362.jpg

出来上がったサイは体長約90cmで、
本物のサイの赤ちゃんくらいの大きさになった。

紙が薄くて軽いため、巨大なサイの折り紙を立たせる
ことができた。
a0280851_18140530.jpg

友達になろうね!
a0280851_18144084.jpg


by dearhino | 2017-10-04 18:33 | アート | Comments(0)