ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:保護 ( 21 ) タグの人気記事

シロサイの生息地至近に炭鉱計画!@南アフリカ

炭鉱建設は、
サイ密猟者の増加、
環境破壊を招く。

しかし、窮乏生活を送る
地元村民の雇用を創出する。


参照記事 :
1.Men, Rhino and a coal mine
2.To South Africa's new Minister of Mineral Resources, Ngoako Ramatlhodi.


南アフリカのKwa-Zulu Natalにある
Hluhluwe-iMfolozi Park は
世界的に最もシロサイの生息密度が高い地域の
ひとつであり、年間数千人もの観光客が
希少野生動物を見にやって来る場所。

そのHluhluwe-iMfolozi Park の境界から
僅か40メートルのところに「露天掘りの炭鉱」
(open-cast coal mine)を建設する計画が
南アフリカのiButho Coal という鉱山会社に
より進行中。

今年1月に、iButho Coal は、南アフリカの
鉱物資源省に採掘許可を申請している。

この「露天掘り」という採掘方法は、
坑道を掘らずに地表から渦を巻くように
地下をめがけて掘るもので、生態系に大きな
ダメージを与える。(re:Wikipedia)

さらに、サイを保護するレンジャーらは、
炭鉱建設により、この地域へのアクセスが
容易になり、密猟者が今まで以上に
増加することを
危惧している。



Photo(C):SABC
a0280851_16344386.jpg

NGO団体も、環境問題に関する著しい調査不足の
この計画を進めることに反対している。

しかし、地元の村は貧窮しており、若者にも
仕事がなく、家畜泥棒や強盗が多発する深刻な状況。

そのため、炭鉱の計画を進める企業 iButho Coal は、
炭鉱の計画がば実現すれば雇用問題の解決になると、
アピールする。

地元の人々がは雇用を得にくい要因には
教育の機会がないこともある。

そして、読み書きができないために、
環境汚染など炭鉱建設が及ぼす影響を
十分に知らされないままに
結果的に地元の人々が計画を後押し
してしまうことも、NGO団体は懸念している。

この地域は、持続可能な農業と
家畜を飼うことで生活しているが
坑道建設により、約50の家が移動を
強いられるので、それに対しての補償も
明らかにさせる必要がある。

しかし、企業側は、まだ計画段階だ
ということを理由にメディアの取材にも
応じることを拒否。


この計画については、環境保護活動家、
研究者、多くの団体が反対しており、彼らは、
政府がそれを推し進めようとしている
ことに衝撃を受けている。

しかし、鉱物資源担当大臣がごく最近、
交代したので、新大臣に、炭鉱建設がサイへの
更なる脅威になることを訴えれば、
理解を得られるのではないかという
希望を抱いている。

そのために、インターネット上でも
新大臣宛にこの計画を却下すること請願する
署名活動を10万人を目標に展開。

南アフリカだけではなく世界各国から
署名が集まっており、現在はもう少しで
5万人達成という状況。



署名はここから、
http://www.avaaz.org/en/rhinos_worst_neighbour_sa_1/?cHEcUab

そのサイトで署名するのが初めての場合、
メールアドレス、名前をローマ字で打ち込み、
国名を選択する。送信後、すぐに名前が表示される。










by dearhino | 2014-06-29 16:54 | 南アフリカ | Comments(0)

ウガンダのシロサイ・絶滅後の再導入

a0280851_16422054.gif


ウガンダのシロサイは密猟により1980年代に
絶滅したが、その後、隣国のケニヤなどから
新たに導入された。

現在、ウガンダのZiwa Rhino Sanctuary
および Uganda Wildlife Education
Centerにおいて、シロサイの将来的な
野生復帰をめざし、新たな繁殖が行われている。

Ziwa Rhino Sanctuary では、2009年6月,
絶滅後に導入されたシロサイ次世代の子供が誕生、
ウガンダで27年ぶりのシロサイ誕生となった。

その後、2014年まで4月まに9頭のサイが
誕生し、現在は、当初の6頭から15頭まで
数をふやした。

2009年に最初に生まれたオスのサイは、オバマと
名付けられた。その由来は、父親がオバマ米大統領と
同じくケニヤ出身、母親がアメリカ・フロリダの
ディズニー・アニマルキングダム出身という
ことからである。


27年ぶりにウガンダで生まれたシロサイの
オバマくん。現在5才。
a0280851_15542973.jpg

Photo(C):Ziwa Rhino Sanctuary





この Ziwa Rhino Sanctuary と
Uganda Wildlife Education Center を訪れた
横浜の金沢動物園クロサイ飼育担当T氏による
報告記事が金沢動物園の公式ブログにアップされ、
日本ではなかなか知ることのできないウガンダの
シロサイ保護、繁殖への努力の様子などが
多数の写真と共に伝えられている。

そして、T氏が、Uganda Wildlife Education Center にいるシロサイのカップルのために、 Ziwa Rhino Sanctuary から持ち帰った ”おみやげ” は、
さすがサイ飼育のプロ、と思わせるもので面白い。
さて、それは何だったでしょうか?
↓↓   
↓↓
金沢動物園こぼれ話ブログ:
「続・ウガンダのシロサイ事情」←(答えは?)

「シロサイが生まれました。え!!? ~ウガンダ報告」


2014年4月3日生まれのルナちゃん。
a0280851_16130822.jpg
Photo(C):Ziwa Rhino Sanctuary

2009年から5年間にオバマくんを含めて
Ziwa で生まれた9頭の子供の父親はすべて
Taleo というケニアからきた14才のオス。
まさにボスとして君臨しているのだろう。

母親は、フロリダからきた2頭と
ケニヤ出身の1頭の合計3頭で、
それぞれ3頭づつ子供を生んでいる。


参照記事 :
1.●Ziwa Rhino Sanctuary のホームページ 
2.●ウガンダ野生生物教育センターのホームページ
3.Rhinos returns Uganda.
( ↑オバマくん誕生に関する2009.06.23日の記事)


参照記事3.より原文一部引用 :
Uganda has its own rhinos again - the first calf in 27 years was born recently at the Ziwa Rhino Sanctuary in Nakasongola district, central Uganda. The new arrival brings hope that the magnificent animal, now extinct in the country's wilds, will thrive once again.



*地図は、外務省ODAメールマガジンより
 


 




by dearhino | 2014-05-21 16:56 | ウガンダ | Comments(0)

3月3日は「世界野生生物の日」

サイやゾウやみんなが
いつまでも地球に
いてくれることを願う!
a0280851_14274008.png
今年3月3日は、初めての「世界野生生物の日」。

2012年3月タイで開催されたワシントン条約会議で
提案され、12月に国連総会で採択されたもので、
野生生物の保護や違法取引防止への意識を高める
ことを目的に制定された日。


参照記事1より、原文一部引用:
”World Wildlife Day is an opportunity to celebrate the many beautiful and varied forms of wild fauna and flora and to raise awareness of the multitude of benefits that conservation provides to people. At the same time, the Day reminds us of the urgent need to step up the fight against wildlife crime, which has wide-ranging economic, environmental and social impacts.”


参照記事 :
1.World Wildlife Day (E)
2.3月3日は「世界野生生物の日」(日)

 


by dearhino | 2014-03-03 14:59 | 世界 | Comments(0)

Merry Christmas !

a0280851_2281693.jpg


サンタクロースさま、

生きているサイたちに
密猟者を追い払える魔法を
プレゼントしてください!

天国のサイたちより


a0280851_1920535.png

by dearhino | 2013-12-23 22:12 | 世界 | Comments(0)

オークションにかけられるクロサイの命

1頭のクロサイを
大金持ちのアメリカ人に
撃ち殺させてもらえれば、
1800頭のクロサイに
いいことありますよ。




サイを絶滅から救うべく、サイの命を守るため密猟と戦う努力が
続けてられているなか、「1頭のサイを殺す」ことで、
サイの保護をしようという計画がある。



米テキサスの狩猟愛好グループ、ダラス・サファリクラブでは、
約1800頭のクロサイが生息するナミビア北東部の
Mangetti 国立公園の「クロサイ1頭を撃つチャンス」を
オークションにかける予定だ。

a0280851_01143100.png


ダラス・サファリクラブは、すでにナミビア政府から、
「クロサイ1頭を撃つ」許可を得ている。


同クラブはオークションを2014年1月に実施する予定で、
この許可証が、少なくとも25万ドル、できれば100万ドルで
売れることが期待され、それは全額、ナミビアのクロサイ
保護トラスト基金に寄付される。


クラブ事務局長のベン・カーター氏は、次のように語る。

「その資金が、密猟の監視やサイの頭数チェック
健康観察などトラスト基金の活動のために使われれば、
1頭のサイの損失をはるかに上回る利点があるはずだ。

それより、サファリ写真を売ればいいじゃないかと、
よく言われる。それもオークションにかけるが、
人々はそういうものには大金を払ってくれない。
もちろん、サファリに野生動物を見に行き、
猟銃ではなくカメラで野生生物を撮るために、
お金を使う人がたくさんいることも事実だが。」


アフリカ南部の国であるナミビアは、約1800頭のクロサイが
生息、その頭数ならば年間5頭までのクロサイを殺すことが
認められている。ダラス・サファリクラブによると、
限定的狩猟は、アメリカ野生動物局、国際自然保護連合,
CITESに支持されている保護戦略だという。


アメリカのFish and Wildlife Service(魚類野生生物局)
によると、過去には2009年にアメリカ人ハンターがクロサイを
1頭殺す許可を得て、そのために支払われた17万5000ドルが、
ナミビアの保護活動のためのトラスト基金に寄付された
ことがあるそうだ。


ナミビア政府は、狩猟許可を与えるのは、すでに子供を
設け、繁殖能力が落ちてきている年齢の高いクロサイに
することを決めている。


クロサイは、縄張り意識が高く、年齢の高いオスが若いオスの
繁殖を妨げるので、こうしたサイを排除することで、そのエリアの
若いオスが多くの子どもを作ることができるようになる、という。


オークションで権利を得たハンターは、狩猟のガイドを雇い、
ナミビア野生動物局の役人同伴で狩を行わなければならない。


アメリカのFish and Wildlife Service(米国魚類野生生物局)
によると、アメリカ政府はまだ、サイの死体をアメリカに持ち込む
許可をダラスクラブに対して与えていないという。


このオークションは、サイの保護に取り組んでいる人々にとって、
理解に苦しむものであり、それより基金にお金を寄付すれば
よいではないか?絶滅危惧種を殺すことは許されない、
と他の保護団体は反対している。


アメリカ最大の動物愛護団体 The Humane Society of
the United States (「全米人道協会」)もこのオークションの
ニュースに懸念を示し、アメリカ政府がサイの死体を持ち帰る
許可を与えないようにキャンペーンを実施する。



参照記事 :

1."Kill a rhino, save the rhino?"(E)
2.Texas ‘safari club’ auctioning chance to kill rhino in the name of conservation(E)
3."Dollas Safari Club to "Save Rhinos" by Auctionnig off a Rhino Hunt"(E)
4.Texas hunters to auction permit to kill black rhino(E)
5.Un permis de chasser un rhinocéros de Namibie aux enchères au Texas(F)



以下、参照記事4.原文一部引用 :

”Washington (AFP) - A Texas hunting club said Friday it aims to raise up to a million dollars for endangered black rhinoceroses by auctioning off a permit to kill one in Namibia.

"First and foremost, this is about saving the black rhino," said Ben Carter, executive director of the Dallas Safari Club, which is hosting the auction early next year.”


---------------------------------------------
大金を出して、狩猟許可を勝ち取ったハンターが、
もし、わざと弾を外して、サイを殺さなかったら、
彼の名は、サイを救ったヒーローとして世界中に
知られるでしょう。

そうすれば、サイ殺しのために支払ったお金も、
自己宣伝費として結構ペイされることにならない? 

お金持ちには賢くお金を使って欲しいわ!
by dearhino | 2013-10-26 23:56 | ナミビア | Comments(2)

テロ組織の資金源となる密猟

原文コラム記事 :
Poaching pays for terrorism
translated by dearhino

Poaching pays for terrorism
The best opportunity to stop this dastardly business lies in collapsing demand for ivory and rhino horn in China and Vietnam


密猟が、
テロリストの資金源となる現実。

この卑劣なビジネスを止める
最も有効な手立ては、
中国、ベトナムでの需要をなくすこと。


アフリカにおけるサイとゾウの密猟との戦いに
アメリカは一千万ドルを出資するのというオバマ大統領の声明は、
この問題がのっぴきならぬところまで来ていることを示している。

2012年には、アフリカのゾウが象牙のために3万頭も殺された。
これはゾウの生息数の7.4%にあたる。

サイはさらに危険な状況かもしれない。
昨年1年間に、南アフリカでは668頭、
今年7月末までには既に536頭が殺されている。

20世紀初頭、アフリカとアジアで50万頭いたサイが
今や3万頭に減り、さらにこのペースで殺されているのだ。


アルシャバブ(1), 神の抵抗軍(2)、そして
サヘルからソマリアにかけての軍事集団のようなテロ組織は、
活動の資金を得るためにゾウやサイを大量に殺している。

密輸の仲介者として暗躍する国際犯罪シンジケートは、
象牙やサイ角を闇取引することにより、
荒稼ぎをしている。

そのため、彼らは、象牙やサイ角を密猟者から購入する。

その購入資金が、テロ組織に流れ、地球上の安全が
脅かされることになる。


サイやゾウの生息地であるタンザニア、ケニア、
南アフリカのような国にとって、その存在は
エコツーリズムでの多くの雇用と外貨収入をもたらす。

しかし、もし動物と観光客がいなくなれば、雇用、
そして国の未来さえ失われ、人々が貧困に苦しむ。


これらの動物を保護することは、
戦争とでも言えるような血なまぐさい戦いであることを
アフリカ以外ではあまり知られていない。

重装備の武装密猟者に対抗しているのは、
大した装備もしていない保護レンジャーであるという
現状にもかかわらず。

この戦いでは、動物を守ろうとする側が恐るべき出費をし、
密猟者側はここ数年で数百人の保護レンジャーを
殺している。

高度な装備をした密猟者に対して
勝ち目のある戦いをするには、保護レンジャーにも 
もう少し使える兵器、広い保護区を監視するための
無人偵察機、迅速な対処が可能なヘリコプター、
夜間用ゴーグル、が必要だ。


しかしながら、殺戮を止めるための最善の方法は、
中心的需要国である中国やベトナムの象牙やサイ角の
需要をなくすことだ。

これをしない限り、どんなに密猟に対抗しようとしても
あまり成果はない。密猟の金銭的対価があまりに高いので、
それに目が眩む人が後を絶たない。


そして、驚くべきことに、野生生物製品の不法取引の防止に
取り組む組織 TRAFFICの報告によると、
中国の2億3000人を超える新興中間層は、
豊かさの証しとして象牙を買いたいと思っているという。


同様にサイ角も金持ちのステータス・シンボルだ。
特にベトナムでは、金持ちは二日酔いに効くとして
サイ角の粉を買う。それもまた自分の富の証なのだ。

誰かわからないけどベトナムの政治家が、
サイ角の粉末薬を飲んで、どこかのガンが
治った噂を聞いて、サイ角を買うひともいる。
何と残酷な都市伝説なのだろう。



需要を減らすためには、人々が変わらなくてはならない。

象牙やサイ角を買うこと、それは、明らかに
苦難が続く動物たち、殺される勇敢な保護官たち、
そして、テロの脅威と連鎖している。



中国やベトナムの購買層へのメッセージは
月並みなものでは駄目だ。

彼らの心に届くものでなくてはならない。

この事態を理解している中国やベトナムの
ネットワーカーなら、密猟の状況を示す映像や写真を
インターネットを通じて広めることもできるだろう。

最終的ゴールは、象牙やサイ角を買うことが、
文化的、社会的に嫌悪感を起こさせるものに
することであろう。


絶滅の危機に瀕する動物を救うための
アメリカの資金的貢献は反密猟のための
装備に使われるであろうが、それだけでなく
薬効のないサイ角の粉末や象牙のアクセサリーを
買うことが引き起こす恐ろしい結果を、
草の根ネットワークによって広める努力も
また必要であろう。


If this effort fails, elephants and rhinos, which have roamed this planet for tens of millions of years, will have but a decade left on Earth. Their very survival lies in the hands of the people of China and Vietnam who are thinking of buying ivory or rhino horn.

もしこの努力が実を結ばなかったら、この数千万年間、
地球上を歩き回っていたゾウやサイがあと10年で
姿を消してしまうだろう。

ゾウやサイが生き残るかどうかは、
象牙やサイ角を買おうかと思っている
中国とベトナムの人々の手にかかっているのだ。


By Dr Keith Martin
ワシントン、地球環境に関する大学コンソーシアム事務局長。


訳注 :
1、Al Shabab  (ソマリアのイスラム武装勢力)
2. the Lord’s Resistance Army (ウガンダの反政府武装勢力)


ベトナムにおけるサイ角、関連のする以前の投稿記事 :
「サイの角が好きな金持ちベトナム人」

by dearhino | 2013-08-13 23:05 | 世界 | Comments(0)

World Rhino Day 2013

今年の9月22日は、 3rd World Rhino Day
 第3回「世界・サイの日」
a0280851_15284418.jpg


5 Rhino Species Forever !

現存する5種のサイが、絶滅しないで生き続けることを願い
そのための努力にスポットライトを当てるために
設けられた日です。

2010年、”World Rhino Day” ということが
南アフリカのWWFによって最初に提唱され、
翌年2011年には、アジアのサイを含めた
すべてのサイの日へと発展しました。

それは、ジンバブエのChishakwe Ranch の
Lisa Jane Campbell と アメリカのAnnamiticus(*)の
Rhishja Cota-Larson という二人の女性の協力によるもので、
その後も、彼女らが、”World Rhino Day” のコーディネートを
担当しています。


World Rhino Day は、関連組織、NGO, 動物園、
あるいは個人がそれぞれのやり方で、
この日を楽しく祝い、真剣に訴えています。

これまでの World Rhino Day は、こんなにユニークでした。
↓↓
 ”World Rhino Day” 2012



 ”World Rhino Day” 2011



参照サイト :
http://www.worldrhinoday.org/

Annamiticus(*)
http://annamiticus.com/
by dearhino | 2013-07-30 14:09 | 世界 | Comments(0)

サイのためにサイになって走る!

チャリティー・ランナーとして
重さ 8kg もある
サイのコスチュームを着けて
89km のマラソンを完走した男!


Man in rhino suit finishes Comrades(E)

a0280851_1039445.jpg




イギリス出身のヴィンセント・オニール氏(43)は、6月2日に
南アフリカで行われたコムラッズ・マラソンに ”Save the Rhino"
(サイの密猟阻止を目指すイギリスの団体)のための
チャリティー・ランナーとして参加。

サイのコスチュームを着けた ”走るサイ”として、
サイの密猟の惨状をアピールした。

8kg のサイのコスチュームの重さ、暑さ、視界の悪さ、
動きにくさにも拘わらず、彼はアップダウンの多い89キロの
コースを、10時間38分で完走。

1万4千人の参加者のうち 4,045位という好成績。

彼が集めたチャリティーの金額は、 £2,200以上
日本円にすると、33万円を超える。

オニール氏が、サイのコスチュームで走ったのは、
今回が初めてではない。

彼が "Save the Rhino ” のサポートを始めた005年には、
、ロンドン・パリ間を、サイのコスチュームで、
走・泳・自転車でリレーし、その後もサイの扮装でマラソンの
挑戦を続けていた。


「サイの密猟は南アフリカだけの問題ではなく、世界中で力を
合わせなくてはならないこと。今回のマラソンは、サイの保護への
意識を高め、資金を作るための私なりのやり方」と彼は言う。

「今までのレースのなかで一番暑かった。
しかし、私が完走することを応援してくれる
アフリカのランナー達が私に合わせて走ってくれた。
その数は最初の4人から8人へと増えていった。
彼らは、信じられないくらい私を支えてくれた。

走っているあいだ、サイの頭を支えていなければならなかったので
彼らに手を振って感謝の気持ちを示すことがができなかった。
それが本当に申し訳なかった。」

At the beginning of the race I was joined by four African runners and they ran with me all the way. The group grew to about eight as we went along and they stopped when I stopped and they ran when I ran. The support was incredible; I was just sorry I couldn’t wave to them because I had to hold the head.''
a0280851_1463948.jpg



参照記事 :
Norwich runner to run ultramarathon dressed as rhino(E)
Thieves target rhino runner(E)


日本からの、コムラッズ・マラソン参加ツアーもあるようだ。
by dearhino | 2013-06-02 10:39 | 南アフリカ | Comments(0)

南アからボツアナへ引っ越し

参照および原文引用記事 :
Road Trip! Six White Rhinos Evacuated to Avoid Certain Death(E)

南アフリカの KwaZulu-Natal に拠点をおく高級サファリの会社、
&Beyond は、密猟の危険から守るため、6頭のシロサイを、
Phinda Game Reserve から隣国のボツワナの保護パークに
避難させた。

ボツワナでは、野生動物を守るための政府部門と
軍隊によって強固な安全と監視体制が確保されているからだという。

地球上のサイの75%が生息している南アフリカでは、
2012年に668頭のサイが密猟によって殺され、今年も
1日平均2頭のサイが、国立公園やプライベート保護区で
密猟されている。

専門家の予測では、2013年には1000頭を超えるサイが
殺されるのではないかという。

移送された6頭のシロサイは、発信機とマイクロチップが装着されて、
軍隊の保護を受けることになる。


In an unprecedented move, &Beyond, a luxury Safari company based in KwaZulu-Natal, South Africa, is proactively protecting six of its precious white rhinos by evacuating them from Phinda Game Reserve to a park in neighboring Botswana. After months of preparation, the animals were released last week.


"Botswana has a strong security and monitoring framework in place whereby the Department of Wildlife Anti-Poaching Unit and the Botswana Defense Force help to protect the species," says Les Carlisle, &Beyond Conservation Manager. "It's an ideal opportunity to move our eggs out of one basket."

------------------------------------

南アフリカとボツワナ、隣国同士でもそんなに密猟に関する
事情が違うというのは、意外な気がするが・・・
by dearhino | 2013-05-27 13:01 | 南アフリカ | Comments(0)

スマトラサイ生存確認!!

a0280851_10141856.jpg
スマトラサイが角をこすり付けた跡も発見された。(Photo by WWF)


現在スマトラサイは、IUCN(国際自然保護連合)の「レッドリスト」の中で、最も絶滅の恐れが高い「CR(近絶滅種)」に指定され、その総個体数は推定で220~275頭ほどとみられています。

ボルネオ島に生息しているスマトラサイは、ボルネオサイとも呼ばれる亜種個体群ですが、ここ最近に生存が確実とされていた場所は、島北部のマレーシア領サバ州にある2つの保護区に限られ、推定個体数も約50頭といわれてきました。そのスマトラサイの生存が、島の中東部に位置する東カリマンタン地域で、今回20年ぶりに調査によって確認されました

今回の調査は、WWFインドネシア、西クタイ県林野庁、ムラワルマン大学および地域の関係者により行なわれたもので、調査隊はサイの足跡のほか、サイの食物となる20種以上の植物を確認。実際に、サイの姿が確認されたわけではないので、どのくらいの個体数が生存しているのかは予断を許しませんが、確かに生存しているという点と、周辺環境に豊かな森林植生が残っていることを確認しました。


以上、WWF記事(J)より引用。
by dearhino | 2013-04-06 09:12 | Comments(0)