ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:密猟対策 ( 10 ) タグの人気記事

ケニヤで過去最大量の象牙とサイ角を焼却処分

4月29日、ケニヤ政府は
ナイロビの国立公園で
105トンという過去最大量の象牙と
1.35トンのサイ角を焼却処分。

a0280851_03134425.jpg

(C):Reuters

その目的は、「象牙やサイ角はあくまでも
生きているゾウやサイのためのもの」であり、
人間が利用すべきものではないということを
示すこと。

ゾウは象牙のために年間3万頭、
サイは角のために年間1300頭、
密猟で殺され深刻な絶滅危機にある現在、
この状況を何としても止めようという
ケニヤのケニヤッタ大統領の断固たる
思いが実現させたことである。

今年の9月に南アフリカで開催される
ワシントン条約締結国会議でケニヤッタ大統領は、
象牙の売買の世界的な禁止を求める考えを
示している。

世界的な動きは象牙の売買禁止に向かっているが、
現在のところ、日本政府にそうした意向はない。
ゾウの絶滅を回避するために、日本での象牙売買の
継続を政府に見直してもらいたい。

そして、その前に私たちに出来ることがある。
それは1消費者として、まずは象牙のハンコを
買わないことだ。


この日の象牙焼却に立ち会ったフランスの
セゴレーヌ・ロワイヤル環境大臣は、
「今後フランスでも象牙取引を全面的に
禁止する」ことを表明している。

焼却処分の105トンの象牙は約八千頭分の
象牙の量に相当する。それらは3メートル以上に
積み上げられた合計10個のピラミッドとなり、
ケニヤのケニヤッタ大統領(写真・右)とガボンの
オンディンバ大統領(写真・左)によって火が点けられた。

a0280851_03140576.jpg
(C):Reuters


焼却された105トンの象牙と1.35トンの
サイ角は、押収された象牙とサイ角であるが、
今回これだけ大量に集められたのは、焼却処分の
ために象牙やサイ角を提供した人々に対しては
不法な所持であってもすべて免罪するという
ケニヤ政府のキャンペーンが功を奏したことが
大きい、という。

因みに、1970年代のケニヤには2万頭のサイが
生息していたが、現在は約千頭しかいない。


参照記事 :
1.Kenya :incineration d'ivoire
2.Destruction d'ivoires au Giant Club Summit au Kenya.
3.Giants Club elephant summit: Kenya calls for end to ivory trade.

参照記事1より原文一部引用 :
Le président du Kenya, Uhuru Kenyatta, et celui du Gabon, Ali Bongo Ondimba, ont inséré chacun une torche dans une des pyramides constituées de défenses d'éléphants et de rhinocéros empilées verticalement, sur plus de trois mètres de haut.



by dearhino | 2016-05-04 09:54 | ケニヤ | Comments(0)

3Dプリンターで作るサイの合成角

合成角は、密猟を止められるか?


米シアトルのバイオテクノロジーのスタートアップ*
Pembient で、本物のサイの角と同じ遺伝子のサイの角を
作ることに成功した。

(*起業した会社というだけではなく、将来的に大きな成長が
可能となる会社のことを、start-up と言うそうだ。)

Pembient のCEO、マーカス氏は、サイの角が残酷な方法で
奪われることに心を痛め、合成品を作ることを思いついた
そうだ。

合成角は、サイの角の主成分であるケラチンの粉と、
遺伝子コードによって、3Dプリンターで製造される。


a0280851_19305590.png
Photo(C):Pembient


合成角はサイの角を使用しているベトナム人からみても
臭いも感触も本物と変わらないという。

Pembient が500名のサイ角使用者のベトナム人を対象に
実施した調査では、合成角を代替品として使用したい、と
考える人は45% だったという。(これを多いと捉えるか
少ないと捉えるべきかよくわからないが。)

マチュー・マーカス氏によると、順調に行けば、
今年の秋までにサイの合成角を、ブラックマーケットでの
違法サイ角の売買価格の10分の1程度の値段で販売する
予定だ。

合法で低価格の合成サイ角製品が市場に出回れば、
ブラックマーケットから違法なサイ角を減らす
ことができる、とマーカス氏は考えている。

しかし、サイのためを思う善意の試みではあっても、
サイの保護団体などからは、合成角の販売に対して
以下のような否定的な意見も多い。


ー合成角の販売は、違法サイ角取引の隠れ箕になる。

ー却って、違法サイ角への欲求を刺激する。

ーベトナムには、既に水牛の角やウッドで出来た安価なニセ物が
 横行しているので、合成品が出てきても効果はない。

ー合成品の市場導入が逆効果になったとしたら、
 危機的状況のサイには、もう後がない。

ーサイ角の購入者も取締り当局者も、合成品か本物かを区別
 することができるのか?

ーステータスシンボルとしてサイ角製品と買う人にとっては
 合成品では意味がない。


Pembientでは、稀少動物保護のため今後、象牙、トラの骨、
センザンコウの鱗の合成品を製造することも考えている。


参照記事 :

1.Can This Man Save The Rhino With A 3D Printer ?
2.Biologist aims to grow synthetic rhino horns.
3.Synthetic Rhino Horn:Will it save the rhino ?
4.3D printed horns may put rhinos at greater risk of extinction.


参照記事4より、原文一部引用。
”The synthetic horn is based on a largely keratin-based powder with the same spectrographic signature as rhino horn.”

by dearhino | 2015-07-16 19:34 | アメリカ | Comments(0)

WWFスマトラサイ保護プロジェクト報告会

昨秋からキャンペーンが開始されたWWFジャパンの
「幻のサイを守ろう!スマトラサイ保護プロジェクト」の
報告会が3月14日に実施され、WWFジャパンおよび
WWFインドネシアの担当者の方から現地の状況などを
聞くことができた。調査の大変さを知ると同時に、
スマトラサイを守ろうという熱意が伝わるレクチャーだった。


1990年代にスマトラサイは絶滅、と思われた
インドネシア領のボルネオ島で、
WWFインドネシアのスタッフが偶然
スマトラサイらしき足跡を発見。

その後、設置された自動撮影カメラに
スマトラサイが撮影され、
その生存が確認された。



そして、この「スマトラサイ保護プロジェクト」で
調査と保護への活動をサポートすることになる。

a0280851_10593772.jpg

スマトラサイ保護のWWF緊急プロジェクト↓
http://www.wwf.or.jp/campaign/2014_au/



<当日のメモより>

○見つかった足跡の大きさからは、大きいサイ2頭と
 子サイ1頭がいる、と考えられる。

○映像には、身体のひっかき傷で判断すると、同じ1頭の
個体しか写っていない。

○東京都の面積くらいの広さに、多くて3~4頭が
生息していると考えられるが、カメラトラップの数は
数十台と限られているので、サイが通りそうな場所を
厳選して設置しなければならない。

○雨季の調査では、サイの足跡が消えてしまう。

○生息範囲のなかに、石炭採掘許可が下りた場所もあり
 生息地が奪われる心配もある。

○森林の消失の原因は、木材の利用、農地への転用、
石炭の採掘、紙の原料のアカシヤの植林、パーム油の
原料のオイルパームの植林などであり、日本人の暮らしと
サイの森の消失も無関係ではない。

○将来的には、充分な食料と安全が確保できる場所に
サイを移送することが検討されている。

○スマトラ島のサイと、ボルネオ島のサイは
異なる亜種。

○生息地の地元住民には、サイの生息地を奪わずに
生計が立てられるような魚の養殖、ラタンやカカオ栽培を
提案している。



WWFジャパンのこのプロジェクトへの寄付金は、
昨年の10月からの現在までの半年足らずで
約1800人から既に1072万円集まっている。
パンダショップで販売した支援金つきの
サイのキーチェーンも完売。

日本でスマトラサイへの関心は決して高いとは
思えないが、さすがWWF!



ブログ内関連投稿 :
http://dearhino.exblog.jp/20351279/

by dearhino | 2015-03-17 11:19 | インドネシア | Comments(0)

南アフリカで非武装でサイを守る女性チーム

世界初! 女性だけのチームが
南アフリカのクルーガー国立公園内で
サイを密猟から守る任務を!
a0280851_15253925.png
Photo(C):Blackmambasapu


チーム名は、Black Mambas.
地元の26名の女性が参加。

クルーガー国立公園内の私営リザーブ(保護区)
Balure Nature Reserveの管理者の
クレイグ・スペンサー氏が、国立公園周辺の
コミュニティーとの新たな関係作りとして、
高校を卒業したばかりの仕事のない地元の女性達を
雇用し、パトロール任務のためのトレーニングをした。


女性チームは、武器を持たないが、
着実に成果を上げている。

このBalure Nature Reserve では、
10ヶ月前から1頭のサイも密猟されていない。

近くの他のリザーブでは同じ期間に
23頭ものサイが殺されているのに。

4万ヘクタールもあるBalure Nature Reserveを
守っているのは、この女性チームだけではなく、
武装した約30名のガードマンと情報チーム。

女性チームの主な仕事は、守衛の最前線であるリザーブの
境界線パトロール、密猟者のキャンプ探し、
密猟者が仕掛けた罠の除去などである。

彼女らは、この仕事に対して高い誇りを持ち
熱心に取り組んでいる。そして、それは同時に、
密猟の要因となる貧困や不平等に立ち向かう
姿勢にもなっている。

当初は、野外のテントで長期間、寝泊りすることを
少し怖がっていた女性もいたが、今では皆、
自然を謳歌している、という。



Photo(C):Blackmambasapu
a0280851_15351877.png

“I am a lady,
I am going to have a baby.
I want my baby to see a rhino,
that’s why I am protecting it”

「私たち女性は、これから子供を生む。
子供たちにはサイを見せたい、だから私たちはサイを守る。」

彼女らのこの言葉は、密猟者に殺され続けるサイたちの
未来への「一筋の希望の光」のように感じられる。

昨年、南アフリカでは1200頭以上のサイが密猟され、
平均7時間に1頭、殺された。


参照記事 :
1.Women carry fight against rhino poaching
2.This Kickass All-Female Unit Is Protecting Rhinos And Taking A Stand Against Poachers


参照記事1より原文一部引用 :
”A group of unarmed women might not be able to save South Africa’s rhinos from extinction, but they’re definitely making a difference in the fight to save the iconic animals.

The 26 women comprise the Black Mambas, the world’s first all-female anti-poaching unit, which patrols Balule Nature Reserve within vast Krugar NationalPark.!"


by dearhino | 2015-03-16 16:39 | アフリカ | Comments(0)

ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み

「役人のだんなー、
 このサイの角は骨董品ですぜ。
 なんも悪いこと
 してませんけど。」


なんてもう言わせない!



参照記事 :

1.密猟対策でサイ全頭にマイクロチップ装着、ケニア
2.Kenya implanting microchips in every rhino to fight poaching (E)
3.Kenya : des puces électroniques sur les rhinocéros pour lutter contre le braconnage(F)
4.Une puce ou du poison dans la corne des rhinoceros pour mettre fin au braconnage(F)


現在、ケニヤには、クロサイが約630頭、シロサイ約400頭、
合計約1030頭のサイが生息しているが、2012年には
29頭のサイが殺された。

そして。今年は8月には、ケニアで最も警備が厳しく
サイのサンクチュアリとなっているいナイロビ国立公園で
サイが殺された。この時点ですでに密猟数は35頭だ。

そのため、ケニヤでは、密猟対策として、
自国の約千頭のサイすべて対して、
マイクロチップ装着を決定。

4ヶ月かけて、全頭の角の部分と、明らかにされていない
もう一か所に、大きさ2インチ(約5cm)以下のマイクロチップが
埋め込まれる予定だ。

マイクロチップと、サイの移動や密猟者追跡のための5種類の
位置情報取得用スキャナーにかかる費用は、WWF・ケニヤに
よって提供されたが、埋め込みの手間やコストはそれ以上に
大きい。

しかし、チップが装着されれば、そのサイが殺され、
角が押収された場合、チップから正確な個体情報が明らかに
なるという利点があり、密猟者や密輸業者を摘発や裁判の際に、
決定的証拠となる、と考えられる。


つまり、

「この角は骨董品だから、当時の合法的な狩猟
によるもので、密猟には関係ない。」


という、これまでの容疑者の言い逃れの常套句が
即座に覆され、今後通用しなくなるのだ。


闇取引されるサイ角の価格は、金やプラチナの価格の2倍の
1キロあたり6万ドルにも達することがあり、組織化された
密猟犯罪シンジケートは、潤沢な資金を得ている。

そして、密猟にテロリストとして訓練された人材が
導入されることもあり、軍隊使用レベルのヘリコプター、
サイレンサー付きの高価な銃、夜間用ゴーグルを使用して、
密猟するので、保護レンジャーが命がけで阻止しようと
しても、なかなか食い止めることができないのが現状である。



以下参照記事3.より、原文一部引用 :

"Pour lutter contre le fléau du braconnage de ses rhinocéros, le Kenya a décidé de faire appel à la haute technologie : le pays va implanter des puces électroniques dans les cornes de ses mille rhinocéros recensés, a annoncé mercredi 16 octobre l'organisme national de protection de la faune et de la flore."



ブログ内関連投稿記事 :

http://dearhino.exblog.jp/18357059/
「ケニヤでも密猟が増加」
(2013.08.16)

http://dearhino.exblog.jp/18507754/
「ケニヤのクロサイ、21頭の国内移動 」
(2013.09.25)
by dearhino | 2013-11-07 17:57 | ケニヤ | Comments(2)

ケニヤのクロサイ、21頭の国内移動

いきなり麻酔銃で撃たれ、拉致され、
見知らぬ土地に放されたクロサイのあなたが
彼らの車をそんなに蹴飛ばす気持ちは
よくわかる。

でも本当に悪い奴は、彼らじゃない



参照記事 :
1.Le Kénya déménage des rhinocéros pour les sauver(F)
記事中の動画の最後に、サイが腹立たしそうに車を蹴飛ばすシーンがある。

2.La KWS déplace avec succès 21 rhinocéros dans un nouveau sanctuaire(F)



ケニヤの Kenya Wildlife Service 当局の発表によると、
ナクル国立公園のクロサイ10頭と、レワ国立公園のクロサイ11頭、
計21頭のクロサイを、ケニヤ北西部のサンクチュアリーへ
移動させた、という。

輸送の前には、密猟対策として、捕獲にあたって麻酔をかけられている
サイの角を獣医が短く切り、その後トラックに乗せて運んだ。


今回、10頭を北西部のサンクチュアリに移動させた
ナクル国立公園は、サイのためのサンクチュアリーとして、
1984年、ナクル湖周辺に創設された188 km² の公園。

ナクル国立公園のクロサイの頭数の増加率は1%で、
この移動は、国立公園のスペースに対して適正な数のサイを
配置することで、サイの繁殖を目指すという目的がある。


ケニヤには、クロサイが643頭、シロサイが 450頭生息しているが、
昨年は、29頭のサイが密猟により殺された



以下、参照記事2より、原文一部引用
" Les autorités kényannes ont décidé de déplacer 21 rhinocéros noirs de deux parcs nationaux kényans vers un autre, pour donner plus de chances de survie à cette espèce menacée."


------------

ケニア  ・ サイの総数 -  約1.100 -  密猟数  29

南アフリカ ・サイの総数 - 約20.000 -  密猟数 648


2国のサイの全頭数に対する密猟比率を、
上記の概数をもとに計算すると、

南アフリカ 3.2%
ケニヤ   2.6%

総数ではなく、比率で考えると
南アフリカとケニアの密猟の多さに、
思ったほどの差がない、と言える
かもしれない。

専門家の予測によると、このペースで密猟が続けば、
2016年には、密猟数が出生数を上回り
サイの頭数が減少していく、ことになる。
by dearhino | 2013-09-05 23:40 | アフリカ | Comments(0)

World Rhino Day 2013

今年の9月22日は、 3rd World Rhino Day
 第3回「世界・サイの日」
a0280851_15284418.jpg


5 Rhino Species Forever !

現存する5種のサイが、絶滅しないで生き続けることを願い
そのための努力にスポットライトを当てるために
設けられた日です。

2010年、”World Rhino Day” ということが
南アフリカのWWFによって最初に提唱され、
翌年2011年には、アジアのサイを含めた
すべてのサイの日へと発展しました。

それは、ジンバブエのChishakwe Ranch の
Lisa Jane Campbell と アメリカのAnnamiticus(*)の
Rhishja Cota-Larson という二人の女性の協力によるもので、
その後も、彼女らが、”World Rhino Day” のコーディネートを
担当しています。


World Rhino Day は、関連組織、NGO, 動物園、
あるいは個人がそれぞれのやり方で、
この日を楽しく祝い、真剣に訴えています。

これまでの World Rhino Day は、こんなにユニークでした。
↓↓
 ”World Rhino Day” 2012



 ”World Rhino Day” 2011



参照サイト :
http://www.worldrhinoday.org/

Annamiticus(*)
http://annamiticus.com/
by dearhino | 2013-07-30 14:09 | 世界 | Comments(0)

南アフリカ, 自国のサイ角ストック売却案

参照記事 :
南アがサイの角1000億円分売却計画、闇市場の需要抑制へ(J)
l'Afrique du Sud veut vendre ses cornes de rhinocéros(F)
Experts warn against S. Africa's plan to sell rhino horns(E)


南アフリカエドナ・モレワ環境大臣は、36年前から、
国際取引が禁止されているサイの角について
取引禁止の中止を求めたいという、意向を表明した。

その理由は、南アフリカが国内にストックしている
18トンにも上るサイの角を市場に供給するためである。

大量の角を市場に放出すれば、サイの角の需要が下がり、
密猟を減らすことができると、という考えに因るものだ。

モレワ大臣によると、サイの角の売却は1回限りの予定で、
予想される角の売上げ額の約10億ドルは、保護と研究に
充てる、という。

2016年、南アフリカで次回のワシントン条約締約国会議(CITES)が
開催される予定だが、その場において、南アフリカは、サイの角の
国際取引の承認を提案をする考え、だという。

「今年の前半ですでに自国のサイが461頭も犠牲に
なっている。世界のサイの4分の3にあたる頭数が生息する
南アフリカがこれ以上、密猟マフィアの標的でいることはできない。」
と大臣は語っている。


しかし、南アのこの計画については、専門家から
以下のような反対意見が出されている。

 -密猟の合法化は容認できない、

 -不法取引、密猟の抑止に、結びつくとは思えない。

 -却って、サイの角の不法取引を刺激してしまう。

 -結果が裏目に出る可能性のある危険な実験だ。
 


------------------------------------------------


それにしても、なぜ、南アは、18トンもの角を蓄えているのか?
死んだサイの角だということだが。

密猟や密輸が発覚して押収された角は、
最終的にはどうなるのか?
by dearhino | 2013-07-11 16:27 | 南アフリカ | Comments(1)

南ア、失業者をサイ密猟対策に雇用

参照および原文引用記事:
les rhinoceros creent des emplois dans lekwazulu natale(F)

南アフリカの政府組織 Ezemvelo Wildlife は、
400名の若い失業者を、KwaZulu Natal 地域における
サイの密猟防止のために雇用した。

彼らの役割は地域内の多くの場所で密猟を監視する目となり
耳となることだという。

今年になって南アフリカで密猟された約350頭のうち、
33頭がこのKwaZulu Natal 地域のサイなのだ。


L’organisation gouvernementale Ezemvelo Wildlife a embauché 400 jeunes chômeurs qui devront mettre leurs yeux et leurs oreilles à profit dans les différents endroits de la province pour renforcer la sécurité et préserver l’espèce menacée.


-----------------------------------

雇われた若者には、誇りをもって、この新しい仕事に
取り組んで欲しい! 誘惑に負けないでね。
by dearhino | 2013-06-01 20:42 | 南アフリカ | Comments(0)

南ア、モザンビークとの国境を電気柵で仕切る提案

参照および原文引用記事 :
Rhinocéros: l'Afrique du Sud veut clôturer sa frontière du Kruger avec le Mozambique(F)

L'Afrique du Sud souhaite une aide internationale pour lutter contre le braconnage de rhinocéros
(F)


マンデラ前南ア大統領によって設立されたLimpopo グランドパークは、
南アのKruger公園、モザンビークの Gaza 公園、
ジンバブエのGonarezhou公園に跨っていて、
それらの国境を動物が自由に往来できる。

動物にとっては、国境の仕切りがないことは理想的であったが、
それがモザンビークの密猟者の南アフリカへの侵入を招くことに
なってしまった。

実際、南アフリカのクルーガー国立公園においてサイの密猟の犠牲が
最も多いのは、モザンビークとの国境地域なのである。

そのため、南アフリカはモザンビークとの国境に
侵入防止のためのテクノロジーを駆使した電気柵を設けることを
モザンビークに提言し、調印のための話し合いを行っているという。

しかしながら、、、クルーガー公園はこれまで密猟阻止のために、
高価な機器や偵察用無人飛行機などを使用しているが、
あまり功を奏さず、今年に入って既に242頭のサイが
犠牲になっている。



LE CAP - L'Afrique du Sud a l'intention de poser des clôtures électrifiées dans le parc Kruger le long de la frontière avec le Mozambique, pour préserver les rhinocéros du braconnage de plus en plus intensif, a annoncé mardi la ministre de l'Environnement Edna Molewa.

Nous avons besoin de recréer la frontière, a déclaré la ministre à des journalistes, soulignant que ce point de vue était partagé par les autorités du Kruger, joyau des parcs animaliers sud-africains et fort de plus d'un million de visiteurs annuels.
by dearhino | 2013-05-29 08:14 | 南アフリカ | Comments(0)