ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:密輸対策 ( 5 ) タグの人気記事

ベトナムで押収象牙とサイ角を焼却処分


11月12日、ベトナム政府は
密輸で押収した象牙2トンと
サイ角70kgを粉砕し焼却処分。

a0280851_19363402.jpg

(C):STROOP

この焼却イベントは、17日から同じくハノイで
開催される不法野生生物の取引に関する国際会議
"Conference on Illegal Wildlife Trade "に先立ち、
ハノイの Soc Son Districtで実施されたもので、
ベトナム政府は不法野生生物取引を取り締まり、
人々への啓蒙をする、という姿勢をアピール
することを目的としている。

a0280851_20233762.jpg

(C):STROOP


ハノイでの会議は、ベトナムの不法野生生物の
密輸問題に対する取り組みの改善の契機となる
ことが期待されている。

a0280851_19365355.jpg

(C):Reuter

これまで象牙とサイ角の焼却処分は、
ケニヤ、米国、フランス、イタリア、
フィリピン、シンガポールおよび中国で
実施されている。


参照記事 :
1.Vietnam to destroy tonnes of ivory and rhino horn
2.Animaux sauvages les routes du trafic.
3.Vietnam to destroy ivory and rhino horn.
4.https://www.facebook.com/ajplusenglish/videos/839790666162442/?pnref=story


参照記事1より原文一部引用 :

"Destroying ivory and rhino horn is a symbolic action to show the commitment of the Vietnamese government to tackling the illegal wildlife trade, and raise local people's awareness on the use of the products, the ministry said."





by dearhino | 2016-11-16 20:08 | ベトナム | Comments(0)

ケニヤで過去最大量の象牙とサイ角を焼却処分

4月29日、ケニヤ政府は
ナイロビの国立公園で
105トンという過去最大量の象牙と
1.35トンのサイ角を焼却処分。

a0280851_03134425.jpg

(C):Reuters

その目的は、「象牙やサイ角はあくまでも
生きているゾウやサイのためのもの」であり、
人間が利用すべきものではないということを
示すこと。

ゾウは象牙のために年間3万頭、
サイは角のために年間1300頭、
密猟で殺され深刻な絶滅危機にある現在、
この状況を何としても止めようという
ケニヤのケニヤッタ大統領の断固たる
思いが実現させたことである。

今年の9月に南アフリカで開催される
ワシントン条約締結国会議でケニヤッタ大統領は、
象牙の売買の世界的な禁止を求める考えを
示している。

世界的な動きは象牙の売買禁止に向かっているが、
現在のところ、日本政府にそうした意向はない。
ゾウの絶滅を回避するために、日本での象牙売買の
継続を政府に見直してもらいたい。

そして、その前に私たちに出来ることがある。
それは1消費者として、まずは象牙のハンコを
買わないことだ。


この日の象牙焼却に立ち会ったフランスの
セゴレーヌ・ロワイヤル環境大臣は、
「今後フランスでも象牙取引を全面的に
禁止する」ことを表明している。

焼却処分の105トンの象牙は約八千頭分の
象牙の量に相当する。それらは3メートル以上に
積み上げられた合計10個のピラミッドとなり、
ケニヤのケニヤッタ大統領(写真・右)とガボンの
オンディンバ大統領(写真・左)によって火が点けられた。

a0280851_03140576.jpg
(C):Reuters


焼却された105トンの象牙と1.35トンの
サイ角は、押収された象牙とサイ角であるが、
今回これだけ大量に集められたのは、焼却処分の
ために象牙やサイ角を提供した人々に対しては
不法な所持であってもすべて免罪するという
ケニヤ政府のキャンペーンが功を奏したことが
大きい、という。

因みに、1970年代のケニヤには2万頭のサイが
生息していたが、現在は約千頭しかいない。


参照記事 :
1.Kenya :incineration d'ivoire
2.Destruction d'ivoires au Giant Club Summit au Kenya.
3.Giants Club elephant summit: Kenya calls for end to ivory trade.

参照記事1より原文一部引用 :
Le président du Kenya, Uhuru Kenyatta, et celui du Gabon, Ali Bongo Ondimba, ont inséré chacun une torche dans une des pyramides constituées de défenses d'éléphants et de rhinocéros empilées verticalement, sur plus de trois mètres de haut.



by dearhino | 2016-05-04 09:54 | ケニヤ | Comments(0)

オバマ大統領, 野生生物の不法取引阻止への英断

参照・引用文献 :
オバマ大統領 野生生物犯罪対策に1,000万ドルを約束(J)

President Obama commits us $10 millio to tackling wild life crome(E)

 ”米国大統領バラク・オバマ氏は、タンザニア訪問中、野生生物の不法取引とそれら不法取引に関わっている世界的な犯罪組織に対抗するための新しく大きな展開となる発表をした。

その内容は、野生生物の不法取引に関する大統領管轄のタスクフォースの構築、野生生物の不法取引に対抗するためにアフリカの地域間、二国間での訓練、また、技術支援に対して重要な新たな支援として1,000万ドル(およそ10億円)を投じるという誓約を含む
。”



Tanzania, 2nd July 2013—US President Barack Obama yesterday during a state visit to Tanzania announced major new steps to combat wildlife trafficking and the global crime syndicates that are driving the illicit trade, including the development of a presidential task force on wildlife trafficking and a pledge of US$10 million in critical new support for regional and bilateral training and technical assistance in Africa to combat wildlife trafficking.
by dearhino | 2013-07-16 22:26 | アメリカ | Comments(3)

南アフリカ, 自国のサイ角ストック売却案

参照記事 :
南アがサイの角1000億円分売却計画、闇市場の需要抑制へ(J)
l'Afrique du Sud veut vendre ses cornes de rhinocéros(F)
Experts warn against S. Africa's plan to sell rhino horns(E)


南アフリカエドナ・モレワ環境大臣は、36年前から、
国際取引が禁止されているサイの角について
取引禁止の中止を求めたいという、意向を表明した。

その理由は、南アフリカが国内にストックしている
18トンにも上るサイの角を市場に供給するためである。

大量の角を市場に放出すれば、サイの角の需要が下がり、
密猟を減らすことができると、という考えに因るものだ。

モレワ大臣によると、サイの角の売却は1回限りの予定で、
予想される角の売上げ額の約10億ドルは、保護と研究に
充てる、という。

2016年、南アフリカで次回のワシントン条約締約国会議(CITES)が
開催される予定だが、その場において、南アフリカは、サイの角の
国際取引の承認を提案をする考え、だという。

「今年の前半ですでに自国のサイが461頭も犠牲に
なっている。世界のサイの4分の3にあたる頭数が生息する
南アフリカがこれ以上、密猟マフィアの標的でいることはできない。」
と大臣は語っている。


しかし、南アのこの計画については、専門家から
以下のような反対意見が出されている。

 -密猟の合法化は容認できない、

 -不法取引、密猟の抑止に、結びつくとは思えない。

 -却って、サイの角の不法取引を刺激してしまう。

 -結果が裏目に出る可能性のある危険な実験だ。
 


------------------------------------------------


それにしても、なぜ、南アは、18トンもの角を蓄えているのか?
死んだサイの角だということだが。

密猟や密輸が発覚して押収された角は、
最終的にはどうなるのか?
by dearhino | 2013-07-11 16:27 | 南アフリカ | Comments(1)

米、サイ角の探知犬を養成

参照および写真・原文引用記事 :
U.S. is training dogs to sniff out smuggled ivory and rhino horns(E)(記事中に「訓練中」の動画あり)


頑張れ! サイ角探知犬 !

a0280851_15385934.jpg


このほどアメリカ で、4頭のラブラドール犬が、サイ角や
象牙の匂いを探知するための13週間にわたる訓練を終了。

彼らは、鋭い嗅覚で、人間の検査作業よりもはるかに迅速に
対象物を発見することができるので、今後、港、空港、さらに
FedEx などでも活躍することになる。

4頭の犬を訓練したのは、農業省の探知犬訓練センター。
通常は、外国からの有害な虫の侵入の可能性がある
果物や植物を探知する訓練が行われている。

マイアミ港の検査官は、「新たなパートナーである犬と共に、
不法な野生生物の持ち込みを防止する仕事が出来ることが
とても楽しみ。これが成功すれば、我々の仕事に大いに
役立つはず。4頭だけでなくもっと養成してほしい。」
と, 語っている。



“This gives me a chance to combine my two great loves, wildlife and dogs,” said Amir Lawal, Wildlife Inspector at the port of Miami. “I can’t wait to get started in the field with my new partner to stop illegal wildlife shipments.” (source)

This is great, but why only 4 dogs? If this pilot program is successful, I think we should greatly ramp up these efforts, and not just in the U.S. Many endangered species are running out of time....


----------------------------------

この試みが成功して、犬たちが効率よくサイの角を発見し、
密輸を防ぐことができたら、本当にすばらしい!

麻薬探知犬並にたくさんの「サイ角探知犬」がを
南アフリカや中国、ベトナムなどで、活躍する
ようになればいいのに!
by dearhino | 2013-05-13 16:02 | アメリカ | Comments(0)