ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:繁殖 ( 7 ) タグの人気記事

米シンシナティ動物園のスマトラサイがインドネシアの保護区に無事到着

動物園のラスト・サムライならぬ
ラスト・スマトラサイが
生息地のサンクチュアリーへ。


スマトラサイは、密猟や生息地の破壊により
ここ50年で生息数が激減し、もう地球に約100頭しか
いなくなってしまい、絶滅の危機が切迫している。


そのため繁殖を目指して、米国オハイオ州から生息地の
スマトラに移動することになったシンシナティ動物園生まれの
スマトラサイ、Harapan (愛称ハリー)が、11月1日に無事に
インドネシアに到着。

a0280851_19155796.jpg

36時間のフライト後、ジャカルタの空港からトラックで
Mirak 港に行き、そこからフェリーでスマトラ島に渡り、
再び陸路で目的地のWay Kambas 国立公園まで、
出発地から1万6000km、計50時間の長旅であった。

出発前には、入念なメディカルチェックや
狭い輸送箱に慣れる訓練が行われた。



その結果、問題なく長旅を終え、到着後も
食欲が衰えることもなく元気にしている模様。

2週間以上の検疫期間を経て、サンクチュアリーに
迎えられる予定だ。


Harapan♂ は、現在8才、重さ816kg,
動物園にいる世界唯一のスマトラサイ
だった。


出発前日のシンシナティ動物園で。↓
a0280851_19172560.jpg
Photo(C):AP


3頭の子の繁殖に成功した(Harapan の姉の
Suci は昨年に死亡)シンシナティ動物園の
スマトラサイ・繁殖プログラムもこれで終了。


生後4ヶ月のHarapan と お母さんの Emi
a0280851_19153966.jpg
Photo(C):Courtesy of the Cincinnati Zoo


繁殖プログラムの責任者のTerri Roth 博士と
Harapan の移動に付き添ったキーパー, Reinhart氏。

a0280851_19152060.jpg
Photo(C):Courtesy of the Cincinnati Zoo
and Botanical Garden


今後、Harapan は、同じくシンシナティ動物園から
2007年に移動して来た兄のAndalas と共に、
3頭のメスがいるこのサンクチュアリーで
繁殖をめざす。

Andalas は、2012年にRatu とのあいだに
最初の子を設けた。そして現在、Ratu は
第2子を妊娠中、2016年5月に出産予定。

Harapan ♂が、兄のAndalas に続いて父親となって
スマトラサイの血を後世に繋いでもらいたい、
というのがスマトラサイを思う世界中の人々の
願いだ。

Harapan の名前の意味は「希望」。
まだ、スマトラサイの未来に希望はある。


参照記事 :
1.US-Born Sumatran Rhino in Indonesia on Mating Mission
2.Harapan, the Sumatran rhino starts 50-hour journey to Indonesia with zookeeper,veterinarian and six cases of food.
3.Harapan, l'un des derniers rhinocéros de Sumatra, arrivé en Indonésie pour sauver son espèce


参照記事1.より原文一部引用 :
A U.S.-born Sumatran rhino arrived in his ancestral home of Indonesia on Sunday, making the long journey from Cincinnati, Ohio, on a mission to mate to help save his critically endangered species from extinction.



ブログ内関連投稿記事 :
「米のスマトラサイ、繁殖のためにインドネシアへ」
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/
(2015.09.07)



by dearhino | 2015-11-02 19:56 | インドネシア | Comments(0)

サンクチュアリーで保護下のスマトラサイが第2子妊娠

地球に残っているサイ5種のなかで最も小さく、
体毛が生えた原始的な種とされるスマトラサイは、
スマトラ島とボルネオ島に約100頭、飼育下で
9頭しか生息していない。


インドネシアのWay Kambas 国立公園の
スマトラサイ保護区で飼育されているメスのラトゥが
第2子を妊娠していることが、9月22日「世界サイの日」
("World Rhno Day")に公表された。

1月に、第1子の父アンダラスと交尾し妊娠、
来年の5月頃に出産の予定。


参照記事 :
1.絶滅危惧種スマトラサイ、第2子を妊娠 インドネシア
2.We’re celebrating World Rhino Day with BIG NEWS
3.Indonésie: Une rhinocéros de Sumatra est enceinte



117日目の超音波診断の画像に赤ちゃんの顔がはっきり写っている。
a0280851_00074692.jpg

超音波診断の動画画像 → ココ

ラトゥ♀は、小さい頃、付近の住民に大きなブタと
間違えられ殺されそうになっていたところを
国立公園のレンジャーに助けられ、サンクチュアリーで
暮らすようになった。推定1999年生まれ。

アンダラス♂は、2001年、アメリカのシンシナティ
動物園生まれで、2007年に繁殖のためにインドネシアの
この保護区に移動した。

ラトゥとアンダラスのあいだには
2012年、第1子のアンダトゥが誕生している。


ラトゥと第1子のアンダトゥ ↓
a0280851_00285861.jpg
Photo(C):Indonesian Ministry Of Forestry Indonesian Ministry Of Forestry


関連投稿記事 :
「インドネシアでスマトラサイの赤ちゃん誕生」
http://dearhino.exblog.jp/16055754/
(2012.06.25)

アンダラスの弟のハラパンも近く、
シンシナティ動物園から、同じく繁殖のため
ここの保護区に移動予定。

関連投稿記事 :
「米のスマトラサイ、繁殖のためインドネシアへ」
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/
(2015.09.04)


100頭くらいしか現存しないスマトラサイが、
1頭でも増えることは、大きな希望だ。
無事に誕生してくれることを切望する。


参照記事2.より原文一部引用 :
"Ratu — a rhino living at Indonesia’s Sumatran Rhino Sanctuary — is pregnant with her second calf! Our new recruit is a game changer — offering hope for the survival of critically endangered Sumatran rhinos."




by dearhino | 2015-09-30 00:59 | インドネシア | Comments(0)

米スマトラサイ、インドネシアのサンクチュアリーへ移動

インドネシアのスマトラ島南部、
Way Kambas 国立公園内の
Sumatran Rhino Sanctuary へ、
米オハイオ州のシンシナティ動物園の
スマトラサイのオスが繁殖のため
移動することになった。



Photo(C):Cincinnati Zoo
a0280851_21464847.jpg

もはや野生に約100頭くらいしか生息していない
スマトラサイ、飼育下では9頭。

Sanctuary 内での繁殖が切実に期待される。

詳しくは、
 ↓
http://sainomimy.exblog.jp/23634055/





by dearhino | 2015-09-07 00:13 | インドネシア | Comments(0)

スマトラサイ・ 至難の繁殖

米シンシナティ動物園のスマトラサイ、
Suci の死に続いて、マレーシアの
スマトラサイの残念な情報。

参照記事 ;
”Death, tumors harm efforts to save rare rhinos”
(E)


実は、先月、マレーシアのサバ州で捕獲された新しいメス、
Iman に関して、妊娠中である可能性が指摘されていた。

その根拠となると考えられたのは、苛立つ行動や、
オスとの争いが原因で裂けたと思われる耳、
そして子宮内に血管のある塊がある、という
点であった。


しかし、麻酔下の超音波検査でその望みは、
打ち砕かれた。

子宮内に胎児はおらず、子宮の中の塊は
フットボールぐらいの大きな腫瘍だった。

また、Iman は少なくとも過去5年間は
オスと交尾したことはないだろう、ということが
明らかになった。

サバ州の野生生物局の副局長のSen Nathan は、
「こうした結果は、広いスペースと人間との隔絶を
必要とするスマトラサイは、もはや野生では
繁殖することはないかもしれない、という我々の
見解を裏付けるいるように思われる。」という。

しかし、専門家は、野生からさらに捕獲して、
これまで試みられなかったスマトラサイの
体外受精をすることで、繁殖の可能性が
あると考えている。

「その場合には、最新の繁殖技術の環境が
整ったところにサイを送る必要がある。」と、
捕獲された Iman やオスのスマトラサイを
飼育下におく Tabin 野生生物保護区で
活動するBorneo Rhino Alliance の獣医師、
Zainuddin氏は語る。


米シンシナティ動物園は112年ぶりに飼育下で
スマトラサイの繁殖があり、、死亡したSuci は
そこで誕生した3頭のうちの1頭だった。

また、インドネシアのサイのサンクチュアリーでも、
繁殖が成功している。


シンシナティ動物園のスマトラサイ繁殖の功労者、
Roth博士は、以下のように語る。

「インドネシアには、少なくとも繁殖可能なメス2頭*と
オス1頭**がいる。 だから、希望をもって我々は
スマトラサイの繁殖のために努力を続ける。」


*メス2頭  : Ratu と Rosa.

**オス  :Andala、米シンシナティ動物園生まれ。
        2012年、Ratu との間にAndatu誕生。



アメリカの動物園としては、自国で唯一の
スマトラサイとなったSuci の弟の Harapan を
どうするかの選択を迫られることになる。

「アメリカで動物大使のような役割をさせることが
重要であるか? あるいは、アジアに返して
繁殖の機会を与えることがより重要であるか?
そのことを慎重に考え、最良の道を選ばなければ
ならない。」 と、Roth 博士は語る。


以下、参照記事一部原文引用 :

"Conservationists believed she might have been pregnant when they found her, given her "feisty behavior, a torn ear, probably a result of a past tussle with a male, (and) a mass with blood vessels inside the uterus," said a statement from the reserve. However, an ultrasound examination done under anesthesia dashed those hopes."



ブログ内関連投稿記事 :

"捕獲されたスマトラサイ移送”
http://dearhino.exblog.jp/19613382/
(2014.03.30)
by dearhino | 2014-04-18 01:26 | マレーシア | Comments(1)

捕獲されたスマトラサイ移送

大変貴重な花嫁候補として
8ヶ月間の大捜索の末に
捕獲されたスマトラサイのメスが、
繁殖相手のTamがいる
Borneo Rhino Sanctuaryに
移送された。



a0280851_23124430.jpg
Iman. Photo by: SWD.

参照記事 :
1.Meet Iman: the Sumatran rhino's newest hope for survival.(E)

2.Transfer of female rhino found in Danum to Tabin is a success(E)


マレーシア、ボルネオ島サバ州のDanum Valleyで捕獲された
メスのスマトラサイは、10日後の3月21日、ヘリコプターで
Tabin Wildlife Reserve のBorneo Rhino Sanctuary へ 
無事に移送された。

そのサンクチュアリーには、繁殖相手のオスの Tamと
メスのPuntung というスマトラサイが飼育されている。

移送されたメスは、捕獲場所の近くの川の名前に因んで、
Iman と名づけられた。


サバ州の環境担当大臣Masidi Manjun氏によると
「今年2月に、米シンシナティ動物園に繁殖のために
オスのタムを貸し出すことが議会で合意されたが、
もしIman が妊娠可能であることが明らかになったら、
その必要はないかもしれない。」という。



the Borneo Rhino Alliance (BORA)のJohn Payne,氏の見解。

「彼女は健康そうだが神経質になっているので
飼育環境に慣れるのに時間が必要。

当初の検査に基づき、Imanには生殖器の嚢胞の問題がな
く妊娠可能であると我々は信じている。

Iman が妊娠可能であることが明らかになったら、
タムはさしあたりここに残ることになるだろう。」


飼育下のスマトラサイは今はサンクチュアリー内の
仮の施設に収容されている。なぜなら、2009年に
正式の施設の建設が約束されたが、まだ竣工されていない。
仮の施設は、Sime Darby財団とサバ森林部門の財源に
よって建てられたものである。

捜索および捕獲は、Sabah wildlife Deparrtment (SWD)、
.the Borneo Rhino Alliance (BORA)、マレーシアWWF、
サバ森林部門などの協力で行われた。

専門家によると、スマトラサイは地球上に100頭以下で、
ボルネオ、スマトラおよびマレー半島に生息。

そのうち10頭が飼育下にある。このマレーシアのボルネオ島の
サンクチュアリーに3頭、インドネシアのスマトラ島の
Way Kambas 国立公園内のサンクチュアリー5頭、
米シンシナティ動物園でに2頭。これで、地球にいる
スマトラサイの約1割だ。


森林破壊と密猟がスマトラサイ減少の原因であった、
目下の最大の問題は、繁殖の機会が少ないこと。

実際、このサバ州とインドネシア・スマトラにあるスマトラサイの
広いサンクチュアリーは、フェンスで囲われているが、
野生に準じた環境なのでオスとメスが出会う機会が少なく、
繁殖ができないという問題がある。

そのため、捕獲して飼育下におかれたスマトラサイの繁殖の成功が
期待されるのであるが、2011年に繁殖のために捕獲されたメスの
Puntung の場合、タムと繁殖の試みが2年間続けられたにも
拘わらず、成果が出なかった。というのは、Puntungに繁殖能力
があっても、子宮内膜症が原因で妊娠が難しくなっているのだ。

Puntungのように、メスのスマトラサイの多くは、交尾の機会が
少ないことも影響しているのか、生殖器官の嚢胞など妊娠を妨げる
問題を抱えているのが実情だ。

そのため、Puntung には、今後タムあるいは他のオスの精子を
使って人工受精することも検討されている。

また、現在、専門家らは、スマトラサイの絶滅を防ぐために、
亜種間での繁殖も視野に入れている。

現在ボルネオにいるサイは
Dicerorhinus sumatrensis harrissoni、

スマトラにいるサイは、
Dicerorhinus sumatrensis sumatrensis 。


両政府も研究者も、もはや亜種を混ぜることも辞さないところまで
来ているという点で一致している。


a0280851_1659342.jpg
   ヘリコプターで搬送されるIman. Photo(C):SWD

以下、参照記事2より原文一部引用 :
Danum Valley, 21 March 2014: A rare Sumatran rhino was successfully translocated late afternoon on Friday 21 from a very remote area in Danum Valley, to join a male (Tam) and a female (Puntung) rhinos at the Borneo Rhino Sanctuary (BRS) Facilities in Tabin Wildlife Reserve. Named Iman, after a small river near where she was caught, her rescue was a result of a year of intense efforts to make every last rhino in Malaysia count towards efforts to prevent the extinction of one of the world’s most critically endangered species.


ブログ内関連投稿 :

「新たなメスのスマトラサイを捕獲」
http://dearhino.exblog.jp/19569749/
(2014.03.16)

「米シンシナティ動物園にマレーシアからスマトラサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/21718117/
(2014.03.02)


 
by dearhino | 2014-03-30 00:47 | マレーシア | Comments(0)

ナミビアにサンタがやってきた !

ナミビアの国立公園で
クリスマスに
一番うれしいプレゼント!

シロサイの赤ちゃん誕生!


a0280851_15504559.jpg


参照記事 :
1.Xmas calf increases white rhinos to 11 (E)
2.Zambia’s Rhino population on high(E)

ザンビア東部の North Luangwa 国立公園で
クリスマスにシロサイが誕生した。

これでザンビアのサイは、クロサイは29頭、シロサイ11頭の
計40頭となった。

ザンビアのクロサイであるが、一度絶滅した後、
2001年、ザンビア野生動物局(ZAWA) が、
独フランクフルト動物園協会の協力で、
「クロサイ再導入プロジェクト」を立ち上げ、
南アフリカから North Luangwa 国立公園に
クロサイを導入している。

記事によると、導入されたクロサイは合計25頭、
うち数頭は自然要因や不適応で失ったが、2001年の
プロジェクト開始以来、14頭の子が誕生した、という。


参照記事1より原文一部引用 :
“From the total of 25 black rhinos received, with some loses along the way from natural causes and adaptation challenges, there have been 14 births since the project started in 2001。



ドイツはこのプロジェクトのために 50万ユーロを
提供、さらに大使館を通じて関連団体に継続的な
財政支援をしている。

a0280851_17114675.png

by dearhino | 2013-12-29 17:10 | ザンビア | Comments(0)

スマトラサイをマレーシアがインドネシアに貸し出す

参照および原文記事 :
La Malaisie pourrait prêter des rhinocéros à l’Indonésie(F)

a0280851_9171690.jpg

iインドネシアの Park National de Way Kambas の
保護区を歩くスマトラサイ母子。
© AFP PHOTO / INDONESIAN MINISTRY OF FORESTRY


ボルネオ(カリマンタン島)とスマトラ島に生息する
100頭のサイの最大の脅威は、密猟や森林伐採ではなく
繁殖相手に出会う可能性の低さである。

4月にシンガポールで行われたサイの絶滅危機に関する会合で
出された提案が、マレーシアが、繁殖の機会を増やすために、
スマトラサイを貸し出すことで実現の見込みだ。

その他、動物園では、妊娠のチャンスを増やすため
母サイの胚移植も試みられているが、
今のところ成果があまりない。


La menace la plus importante qui pèse sur les 100 rhinocéros de Sumatra encore en vie sur Bornéo et Sumatra n’est plus le braconnage ou la déforestation, mais le peu de probabilité de rencontrer un partenaire pour se reproduire. Pour y remédier, la Malaisie pourraient donc prêter des spécimens à l’Indonésie pour augmenter les chances de rencontres et donc de reproduction.
by dearhino | 2013-05-14 09:10 | Comments(0)