ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:誕生 ( 5 ) タグの人気記事

インドネシアの保護区でスマトラサイの赤ちゃん誕生

5月12日、インドネシアの
スマトラ島のWay Kambas
国立公園内の保護区で
2頭目のスマトラサイの
赤ちゃん(♀)誕生!

地球に残るスマトラサイは
100頭以下なので、
スマトラサイの未来を担う
本当に大事な赤ちゃん!

a0280851_23353101.png
(C):Stephen Belcher


母親の Ratu は、出産前の数日は落ち着かない様子だったが、
分娩には僅か4分しかかからなかった。

赤ちゃんはとても元気で、1時間以内に立ち上がり、
2時間後には授乳が始まった。

生後2日目の様子。




この赤ちゃんは、野生由来の母親と、米国の
動物園生まれの父親とのあいだに生まれた第2子。


母親のRatu :
ラトゥ♀は、約10年前の小さい頃、付近の住民に大きなブタと
間違えられ殺されそうになっていたところを
国立公園のレンジャーに助けられ、サンクチュアリーで
暮らすようになった。推定14才。


父親のAndalas :
アンダラス♂は、2001年、アメリカのシンシナティ
動物園生まれで、2007年に繁殖のためにインドネシアの
この保護区に移動した。


ラトゥとアンダラスのあいだには
2012年、第1子のアンダトゥが誕生している。


ブログ内関連投稿記事 :
「保護区のスマトラサイが第2子妊娠」
(2015.09.30)


参照記事 :
1.希少スマトラサイの赤ちゃん誕生、インドネシア
2.It’s a Girl! Rare Sumatran Rhino Gives Birth At Indonesian Sanctuary
3.Indonésie: naissance d’un bébé rhinocéros de Sumatra


参照記事2より原文一部引用 :

“Ratu was restless for several days and took only about four minutes to deliver the calf in the last stage of labor. The calf stood within the first hour and began nursing within the first two hours,” said Arsan. “Once again, Ratu is showing us that she is a very good mother.”




by dearhino | 2016-05-20 09:17 | インドネシア | Comments(0)

ジャワサイの赤ちゃん3頭が生まれていた!

ジャワサイとは、インドネシアのジャワ島に生息する、
インドサイを少し小型にしたような角が1本のサイ。

現在は、ジャワ島のウジュン・クローン国立公園に
僅か60頭ほどが生息しているのみ。

そのジャワサイに、嬉しいニュースが!

ウジュン・クローン国立公園内に
設置されたトラップカメラで、
2頭のオスと1頭のメスの
赤ちゃんが撮影されていた。

a0280851_22423956.jpg
(C):参照記事2より


トラップカメラで撮影された動画はココ


今回の撮影時期は、今年4月から7月の期間。

カメラは、ユネスコ世界遺産に指定されている
原生林のなかにある5100ヘクタールの国立公園の
サンクチュアリーに最近設置された。

赤ちゃんは、それぞれ別の母親の子で、健康状態も
良好の様子。

ウジュン・クローン国立公園のジャワサイは、
2011年には35頭まで減少したが、嬉しいいことに
約60頭まで増加している。

それには、2014年に設立された人間の立ち入りを
禁止したサンクチュアリーの存在が大きいのだろう。

サンクチュアリーでは、電気柵を設置することにより、
密猟者だけでなく周辺住民とのトラブルも回避して
ジャワサイの安全を強化している。

このサンクチュアリーの設立の経緯に関しては
以下の投稿記事へ。
   ↓
「ジャワサイのサンクチュアリー」
http://dearhino.exblog.jp/19240275
(2013.12.28)


参照記事 :
1.Rare baby rhino filmed in Indonesian Park.
2.Trois bébés rhinocéros rares ont pu être filmés.


参照記事1より原文一部引用 :
"Officials said the calves - two males and a female - were filmed in Ujung Kulon park on the island of Java, between the months of April and July."



ジャワサイ :
体重900~2300kg
体高1.5m~1.7m
寿命30~40年
3年に1度くらい出産



by dearhino | 2015-09-28 23:03 | インドネシア | Comments(0)

インドで、人口哺育のインドサイの初出産

a0280851_21524060.jpg

インドで、人工哺育で育てられた
インドサイが初めて出産をしたという喜ばしいニュース。





THE TIMES OF INDIA の記事(E)によると、

人工哺育のサイは、野生のサイよりも育児放棄をすることが多いなか
母サイのGandaは、生後3日目に数分ごとに授乳をして、
よく仔サイの世話していることが確認された。


All those efforts have now borne fruition. On Friday, Ganga's three-day-old female calf was first sighted by wildlife experts around noon. "We have been observing them for the past few hours and the calf is suckling every few minutes. Ganga too has adopted the calf. These are good signs, as the chances of rejection by hand-reared rhino mothers are more, than by those in the wild," says Choudhury.



出産までの経緯 :

2004年7月にインドの Kaziranga 国立公園で起きた洪水の際、
負傷した生後4ヶ月のインドサイが救助され、リハビリセンターに
(Animal Welfare-Wildlife Trust of India)に送られた。

結局、母サイは見つけることはできず、当然のことながら
仔サイは、母親がいないことにショックを受けている
状態だった。

Ganga 名付けたこの仔サイためにボトルでの人工哺育を
始めることになり、3年間続けられた。

徐々にManas national park の野生の環境に慣らしていき、
最終的には定期的な健康チェック以外には人間との関わりを
絶つことにした。そして、保護から9年を経て、Ganga は4月2日
出産するに至った。


Ganda が移された Manas では、WTI によって、2006年から野生に戻すプログラムが開始され、5頭の人口哺育で育ったサイが発信機を装着して Manas に導入された。今後は Ganda 以外の2頭のメスの今後の出産も期待されている。

しかし、同時に、せっかく生まれた仔サイが、密猟者により母親を殺され
また孤児のサイになってしまうことが心配されている。

Ganda の生まれ故郷である Kaziranga national park では,
昨年 20頭、今年の3月までに早くも13頭のサイが密猟によって殺された、という許しがたい現状が、インドにもあるのだ。 
by dearhino | 2013-04-06 11:19 | インド | Comments(0)

スマトラサイの赤ちゃんの動画

Video Credit: International Rhino Foundation

授乳の光景



Andatu のはじめての水遊び

by dearhino | 2012-06-29 15:14 | Comments(0)

インドネシアでスマトラサイの赤ちゃん誕生!

a0280851_1035916.jpg野生では200頭未満、動物園でも19世紀末から合計4頭しか誕生していないというスマトラサイ。スマトラ島で男の子が誕生したというニュース。まさに大事な”世継ぎの王子”の誕生”。Andatu と名付けられた。

Ratu の出産の様子 → : video :The International Rhino Foundation (IRF)


6月23日、生まれてすぐの Rhino Boy !
a0280851_1029317.jpg
Photo : The International Rhino Foundation (IRF)


記事 CNN.co.jp 6月27日(水)9時51分配信

(CNN) サイの仲間で絶滅の危険性が最も高いとされるスマトラサイの赤ちゃんが、インドネシア・スマトラ島にあるワイカンバス国立公園のサイ保護区でこのほど誕生した。

飼育施設で誕生したスマトラサイは、わずか5頭目とされる。1889年にインドのカルカッタ動物園で1頭、その後米シンシナティ動物園で3頭が生まれた。赤ちゃんの父親アンダラスはその中の1頭で、2001年生まれ。

母親のラトゥは、09年にアンダラスとカップルになってから2回の流産を経てようやく出産にこぎ着けた。

国際サイ財団(IRF)によると、スマトラサイは世界に200頭足らずしか残っていない。マレーシアのサバ州に十数頭生息するほかは、インドネシア国内3カ所の国立公園で飼育されている。角を狙った密猟や生息地の破壊により、過去20年間で半数以下に減ってしまったとみられる。
以上、CNN.co.jp 記事引用。


父親のアンダラス :
2001年9月13日、アメリカ・オハイオ州のシンシナティ動物園で生まれた。
それは、スマトラサイの飼育下での誕生としては1889年のインドのカルカッタ動物園以来、112年ぶりのことだった。
(シンシナティ動物園では、アンダラスの誕生に続いて、2004年にメス、
2007年にオスのこどもが生まれている。)

2007年、繁殖プログラムのためにインドネシアに移され、
2009年、この保護区でラトゥと引き合わされた。



母親・ラトゥ :
現在12歳。野生のサイだったが、現在はこの保護区で暮らしている。
1度目の妊娠は2か月、2度目は1か月未満で流産していた。
今回は16か月の妊娠期間を経て出産した。


赤ちゃんの名前 Andatu の由来 :

名付け親は、インドネシアのズルキフリ・ハッサン林業大臣で、
父の名前・アンダラス(Andalas)と、母親の名前・ラトゥ(Ratu)を合わせ、
インドネシア語の「Anugerah Dari Tuhan」(神からの贈り物)という意味も
込めたという。
by dearhino | 2012-06-25 09:59 | Comments(0)