ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

スマトラサイをマレーシアがインドネシアに貸し出す

参照および原文記事 :
La Malaisie pourrait prêter des rhinocéros à l’Indonésie(F)

a0280851_9171690.jpg

iインドネシアの Park National de Way Kambas の
保護区を歩くスマトラサイ母子。
© AFP PHOTO / INDONESIAN MINISTRY OF FORESTRY


ボルネオ(カリマンタン島)とスマトラ島に生息する
100頭のサイの最大の脅威は、密猟や森林伐採ではなく
繁殖相手に出会う可能性の低さである。

4月にシンガポールで行われたサイの絶滅危機に関する会合で
出された提案が、マレーシアが、繁殖の機会を増やすために、
スマトラサイを貸し出すことで実現の見込みだ。

その他、動物園では、妊娠のチャンスを増やすため
母サイの胚移植も試みられているが、
今のところ成果があまりない。


La menace la plus importante qui pèse sur les 100 rhinocéros de Sumatra encore en vie sur Bornéo et Sumatra n’est plus le braconnage ou la déforestation, mais le peu de probabilité de rencontrer un partenaire pour se reproduire. Pour y remédier, la Malaisie pourraient donc prêter des spécimens à l’Indonésie pour augmenter les chances de rencontres et donc de reproduction.
by dearhino | 2013-05-14 09:10 | Comments(0)
<< 南アからボツアナへ引っ越し 米、サイ角の探知犬を養成 >>