ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

サイとゾウ空輸、ナミビアからキューバへ

ナミビアのサイ空輸のニュースから、
アフリカ現代史の一断面を知る。

そして、国の優先事項について
考えさせられた。

政治的配慮、深謀遠慮
国民の飢餓、野生動物保護
観光資源。


参照記事 :
1.La Nambibie envoie rhinocéros et éléphants à Cuba
(F)
2.Namibian rhino, elephant for Cuba zoo(E)
3.SPCA slams Namibia's plans to send 'Noah's Ark' to Cuba (E)
4.Cuba zoo gets ready for delivery of Namibian wild animals(E)≪キューバの国立動物園の様子の動画あり)

5。ナミビアの概要と開発課題(J)


ナミビアの観光環境大臣は、、「ノアの方舟・プロジェクト」の
最終段階として、9月初旬に10頭のサイと5頭のゾウを
キューバに空輸することを発表した。

「ノアの方舟・プロジェクト」とは、2009年にキューバの
カストロ大統領がナミビアを訪問した際に、両国間で
交わされた合意事項。、

内容は、「ナミビアの野生動物146頭を、キューバの国立動物園に
寄贈する」 というものであった。 

動物の金銭価値は合計約750万ナミビア・ドル(*)に相当する。


シロサイ、クロサイ、チータ、ヒョウ、ライオンを含む
23種120頭の動物は既にナミビアからキューバ移送され、
キューバの首都ハバナ郊外にある342ha の広さの
国立動物園で飼育・展示されている。

動物の輸送費用もナミビアが負担するもので、2011/2012年の
国家予算に2500万ナミビアドルが組み込まれていた。

担当大臣によれば、「ナミビアの納税者たちが、動物を捕獲し
キューバに輸送するための費用を負担することは、
このプロジェクト遂行のための正当な出費である」、という。


動物保護団体は、長時間の空輸は動物に大きいなストレスとなる、
キューバの環境に適合するかどうかわからない、なとの理由で
反対していた。

しかし、ナミビア側は、
「この計画は、CITES の要求事項に合致するものであり、
すべての動物がキューバに適応するかどうかの確認は
怠らない」、と主張。

そして、今回の野生動物寄贈の理由を以下のように
述べている。

「キューバは、1970年代から80年代にかけて
南アフリカ共和国からのナミビアの独立戦争のなかで
政治的および軍事的に支援をしてくれた。

キューバ国民は、自国の政府が我々を
支援することを認めてくれた。

だから、これは、ナミビアからキューバへの
”感謝のしるし”なのである。」


他方、ナミビア政府は、干ばつにより農作物ができず
飢餓に苦しむ人々の食糧用に、国立公園の400頭以上の
アンテロープや、その他絶滅危惧種ではない動物を
捕獲することを命じている。

ナミビアで飢餓に直面している人々は少なくとも40万人、
ユニセフによれば、この国では、5才以下の子ども
約11万人を含む約78万人の人々が栄養失調だという。



(以下、参照記事1より原文一部引用)
But Shifeta defended the translocation as Namibia's "token of appreciation" to Cuba for its support.

Cuba gave the southern African country political and military backing during its struggle for independence from South Africa in the 1970s and 1980s.

"Cuban people were not complaining when their government was supporting us," Shifeta told AFP.

(*)
ナミビアドルは、約10円。

------------------------------------
●ナミビア共和国
1884年 「南西アフリカ」としてドイツの保護領となる。
1914年 南アフリカによる統治開始
1966年~ ナミビア独立戦争
1990年  南アフリカ共和国より独立


南アフリカに統治されていた時代はアパルトヘイト政策下にあった。
現在は、経済格差が激しく、HIV問題が深刻。
by dearhino | 2013-08-31 15:35 | アフリカ | Comments(0)
<< 南ア、密猟者に厳正な裁判 ベトナムでサイ角の需要を減らす... >>