ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

ケニヤのすべてのサイにチップ埋め込み

「役人のだんなー、
 このサイの角は骨董品ですぜ。
 なんも悪いこと
 してませんけど。」


なんてもう言わせない!



参照記事 :

1.密猟対策でサイ全頭にマイクロチップ装着、ケニア
2.Kenya implanting microchips in every rhino to fight poaching (E)
3.Kenya : des puces électroniques sur les rhinocéros pour lutter contre le braconnage(F)
4.Une puce ou du poison dans la corne des rhinoceros pour mettre fin au braconnage(F)


現在、ケニヤには、クロサイが約630頭、シロサイ約400頭、
合計約1030頭のサイが生息しているが、2012年には
29頭のサイが殺された。

そして。今年は8月には、ケニアで最も警備が厳しく
サイのサンクチュアリとなっているいナイロビ国立公園で
サイが殺された。この時点ですでに密猟数は35頭だ。

そのため、ケニヤでは、密猟対策として、
自国の約千頭のサイすべて対して、
マイクロチップ装着を決定。

4ヶ月かけて、全頭の角の部分と、明らかにされていない
もう一か所に、大きさ2インチ(約5cm)以下のマイクロチップが
埋め込まれる予定だ。

マイクロチップと、サイの移動や密猟者追跡のための5種類の
位置情報取得用スキャナーにかかる費用は、WWF・ケニヤに
よって提供されたが、埋め込みの手間やコストはそれ以上に
大きい。

しかし、チップが装着されれば、そのサイが殺され、
角が押収された場合、チップから正確な個体情報が明らかに
なるという利点があり、密猟者や密輸業者を摘発や裁判の際に、
決定的証拠となる、と考えられる。


つまり、

「この角は骨董品だから、当時の合法的な狩猟
によるもので、密猟には関係ない。」


という、これまでの容疑者の言い逃れの常套句が
即座に覆され、今後通用しなくなるのだ。


闇取引されるサイ角の価格は、金やプラチナの価格の2倍の
1キロあたり6万ドルにも達することがあり、組織化された
密猟犯罪シンジケートは、潤沢な資金を得ている。

そして、密猟にテロリストとして訓練された人材が
導入されることもあり、軍隊使用レベルのヘリコプター、
サイレンサー付きの高価な銃、夜間用ゴーグルを使用して、
密猟するので、保護レンジャーが命がけで阻止しようと
しても、なかなか食い止めることができないのが現状である。



以下参照記事3.より、原文一部引用 :

"Pour lutter contre le fléau du braconnage de ses rhinocéros, le Kenya a décidé de faire appel à la haute technologie : le pays va implanter des puces électroniques dans les cornes de ses mille rhinocéros recensés, a annoncé mercredi 16 octobre l'organisme national de protection de la faune et de la flore."



ブログ内関連投稿記事 :

http://dearhino.exblog.jp/18357059/
「ケニヤでも密猟が増加」
(2013.08.16)

http://dearhino.exblog.jp/18507754/
「ケニヤのクロサイ、21頭の国内移動 」
(2013.09.25)
by dearhino | 2013-11-07 17:57 | ケニヤ | Comments(2)
Commented by 履歴書の書き方 at 2014-01-02 11:15 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by dearhino at 2014-01-03 14:55
どうも有難うございます。
ぜひ、またいらしてください。
お待ちしています!
<< えっ ? オークションにかけられるクロサイの命 >>