人気ブログランキング |
ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

捕獲されたスマトラサイ移送

大変貴重な花嫁候補として
8ヶ月間の大捜索の末に
捕獲されたスマトラサイのメスが、
繁殖相手のTamがいる
Borneo Rhino Sanctuaryに
移送された。



a0280851_23124430.jpg
Iman. Photo by: SWD.

参照記事 :
1.Meet Iman: the Sumatran rhino's newest hope for survival.(E)

2.Transfer of female rhino found in Danum to Tabin is a success(E)


マレーシア、ボルネオ島サバ州のDanum Valleyで捕獲された
メスのスマトラサイは、10日後の3月21日、ヘリコプターで
Tabin Wildlife Reserve のBorneo Rhino Sanctuary へ 
無事に移送された。

そのサンクチュアリーには、繁殖相手のオスの Tamと
メスのPuntung というスマトラサイが飼育されている。

移送されたメスは、捕獲場所の近くの川の名前に因んで、
Iman と名づけられた。


サバ州の環境担当大臣Masidi Manjun氏によると
「今年2月に、米シンシナティ動物園に繁殖のために
オスのタムを貸し出すことが議会で合意されたが、
もしIman が妊娠可能であることが明らかになったら、
その必要はないかもしれない。」という。



the Borneo Rhino Alliance (BORA)のJohn Payne,氏の見解。

「彼女は健康そうだが神経質になっているので
飼育環境に慣れるのに時間が必要。

当初の検査に基づき、Imanには生殖器の嚢胞の問題がな
く妊娠可能であると我々は信じている。

Iman が妊娠可能であることが明らかになったら、
タムはさしあたりここに残ることになるだろう。」


飼育下のスマトラサイは今はサンクチュアリー内の
仮の施設に収容されている。なぜなら、2009年に
正式の施設の建設が約束されたが、まだ竣工されていない。
仮の施設は、Sime Darby財団とサバ森林部門の財源に
よって建てられたものである。

捜索および捕獲は、Sabah wildlife Deparrtment (SWD)、
.the Borneo Rhino Alliance (BORA)、マレーシアWWF、
サバ森林部門などの協力で行われた。

専門家によると、スマトラサイは地球上に100頭以下で、
ボルネオ、スマトラおよびマレー半島に生息。

そのうち10頭が飼育下にある。このマレーシアのボルネオ島の
サンクチュアリーに3頭、インドネシアのスマトラ島の
Way Kambas 国立公園内のサンクチュアリー5頭、
米シンシナティ動物園でに2頭。これで、地球にいる
スマトラサイの約1割だ。


森林破壊と密猟がスマトラサイ減少の原因であった、
目下の最大の問題は、繁殖の機会が少ないこと。

実際、このサバ州とインドネシア・スマトラにあるスマトラサイの
広いサンクチュアリーは、フェンスで囲われているが、
野生に準じた環境なのでオスとメスが出会う機会が少なく、
繁殖ができないという問題がある。

そのため、捕獲して飼育下におかれたスマトラサイの繁殖の成功が
期待されるのであるが、2011年に繁殖のために捕獲されたメスの
Puntung の場合、タムと繁殖の試みが2年間続けられたにも
拘わらず、成果が出なかった。というのは、Puntungに繁殖能力
があっても、子宮内膜症が原因で妊娠が難しくなっているのだ。

Puntungのように、メスのスマトラサイの多くは、交尾の機会が
少ないことも影響しているのか、生殖器官の嚢胞など妊娠を妨げる
問題を抱えているのが実情だ。

そのため、Puntung には、今後タムあるいは他のオスの精子を
使って人工受精することも検討されている。

また、現在、専門家らは、スマトラサイの絶滅を防ぐために、
亜種間での繁殖も視野に入れている。

現在ボルネオにいるサイは
Dicerorhinus sumatrensis harrissoni、

スマトラにいるサイは、
Dicerorhinus sumatrensis sumatrensis 。


両政府も研究者も、もはや亜種を混ぜることも辞さないところまで
来ているという点で一致している。


a0280851_1659342.jpg
   ヘリコプターで搬送されるIman. Photo(C):SWD

以下、参照記事2より原文一部引用 :
Danum Valley, 21 March 2014: A rare Sumatran rhino was successfully translocated late afternoon on Friday 21 from a very remote area in Danum Valley, to join a male (Tam) and a female (Puntung) rhinos at the Borneo Rhino Sanctuary (BRS) Facilities in Tabin Wildlife Reserve. Named Iman, after a small river near where she was caught, her rescue was a result of a year of intense efforts to make every last rhino in Malaysia count towards efforts to prevent the extinction of one of the world’s most critically endangered species.


ブログ内関連投稿 :

「新たなメスのスマトラサイを捕獲」
http://dearhino.exblog.jp/19569749/
(2014.03.16)

「米シンシナティ動物園にマレーシアからスマトラサイ」
http://sainomimy.exblog.jp/21718117/
(2014.03.02)


 
by dearhino | 2014-03-30 00:47 | マレーシア | Comments(0)
<< 2014年・南アフリカのサイ密... シロサイの赤ちゃん、撃たれたけ... >>