人気ブログランキング |
ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

おとり捜査でクロサイの角を買った密輸業者逮捕

米国でサイ角と象牙の
中国人密輸業者に
70ヶ月の禁固刑。

参照記事 :
US Imposes One of the Longest Sentences to Wildlife Trader


アメリカ合衆国は5月27日、中国人密輸業者、
Zhifei Li に対し、
70か月の禁固刑を
言い渡した。

この中国人は、4500万ドル以上に相当する、
サイの角30本、サイ角製品、そして象牙を
アメリカから中国に密輸しようとした。

今回のLi の逮捕は、おとり捜査の結果。

Li が、マイアミで
US Fish and Wildlife Service agent
(魚類野生生物保護委員会)の覆面捜査官から
クロサイの角を5万9000ドルで購入し、
それらの角を中国にある, 角を盃に加工する工場に
売却したことが、逮捕につながった。



懲役70ヶ月は、米国における野生生物の
密輸犯罪者に対して最長の懲役判決の1例となった。

密猟密輸に関わる犯罪者は、リスクをはるかに
上回る利益のために絶滅危惧動物を狙うが、
こうして厳罰に処することで、
野生生物犯罪はきわめて重大で、
密猟およびその不法取引は割りに合わない犯罪だ、
ということを示すことが今回の狙い、だという。


野生生物の違法取引は、人身売買、ドラッグ、
臓器売買などと
並んで、世界的に5番目の
高利益の市場とされており、年商100億ドル市場、
と言われている。





サイの角が健康によい、という全く根拠のない
アジアの迷信のために1日に2頭以上のサイが殺され、
巨大な闇取引市場が形成される。その利益は
テロリストの資金源にもなる。

中国やベトナムの迷信のために高値でサイ角製品を
買いあさる富裕層が、サイもゾウもパンダと同様に
貴重な
野生生物だということに気づいて、
サイ角や象牙製品を
買うのをやめてくれれば
絶滅危惧の問題も解決するのに、
現状は逆に
密猟が増えるばかりだ。

(C):USDOJ
a0280851_16530182.jpg

サイの角を加工した盃。
これで飲むと健康になる、なんてことはない。



以下、参照記事より原文一部引用 :

The United States imposed one of the longest sentences for a wildlife trafficking on Zhifei Li, the ringleader of an illegal wildlife trafficking operation that spanned the US and China, on May 27, 2014. Li was sentenced to 70 months in prison for his role in smuggling 30 rhino horns and objects made from rhino horns and elephant ivory worth more than $4.5 million from the US to China.


by dearhino | 2014-06-18 17:34 | アメリカ | Comments(0)
<< シロサイの生息地至近に炭鉱計画... サイの密猟者に悪用される位置情報 >>