人気ブログランキング |
ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

南アフリカで非武装でサイを守る女性チーム

世界初! 女性だけのチームが
南アフリカのクルーガー国立公園内で
サイを密猟から守る任務を!
a0280851_15253925.png
Photo(C):Blackmambasapu


チーム名は、Black Mambas.
地元の26名の女性が参加。

クルーガー国立公園内の私営リザーブ(保護区)
Balure Nature Reserveの管理者の
クレイグ・スペンサー氏が、国立公園周辺の
コミュニティーとの新たな関係作りとして、
高校を卒業したばかりの仕事のない地元の女性達を
雇用し、パトロール任務のためのトレーニングをした。


女性チームは、武器を持たないが、
着実に成果を上げている。

このBalure Nature Reserve では、
10ヶ月前から1頭のサイも密猟されていない。

近くの他のリザーブでは同じ期間に
23頭ものサイが殺されているのに。

4万ヘクタールもあるBalure Nature Reserveを
守っているのは、この女性チームだけではなく、
武装した約30名のガードマンと情報チーム。

女性チームの主な仕事は、守衛の最前線であるリザーブの
境界線パトロール、密猟者のキャンプ探し、
密猟者が仕掛けた罠の除去などである。

彼女らは、この仕事に対して高い誇りを持ち
熱心に取り組んでいる。そして、それは同時に、
密猟の要因となる貧困や不平等に立ち向かう
姿勢にもなっている。

当初は、野外のテントで長期間、寝泊りすることを
少し怖がっていた女性もいたが、今では皆、
自然を謳歌している、という。



Photo(C):Blackmambasapu
a0280851_15351877.png

“I am a lady,
I am going to have a baby.
I want my baby to see a rhino,
that’s why I am protecting it”

「私たち女性は、これから子供を生む。
子供たちにはサイを見せたい、だから私たちはサイを守る。」

彼女らのこの言葉は、密猟者に殺され続けるサイたちの
未来への「一筋の希望の光」のように感じられる。

昨年、南アフリカでは1200頭以上のサイが密猟され、
平均7時間に1頭、殺された。


参照記事 :
1.Women carry fight against rhino poaching
2.This Kickass All-Female Unit Is Protecting Rhinos And Taking A Stand Against Poachers


参照記事1より原文一部引用 :
”A group of unarmed women might not be able to save South Africa’s rhinos from extinction, but they’re definitely making a difference in the fight to save the iconic animals.

The 26 women comprise the Black Mambas, the world’s first all-female anti-poaching unit, which patrols Balule Nature Reserve within vast Krugar NationalPark.!"


by dearhino | 2015-03-16 16:39 | アフリカ | Comments(0)
<< WWFスマトラサイ保護プロジェ... クロサイの赤ちゃんの小さな角ま... >>