ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

心配される地球最後のキタシロサイのオスのスーダンの病状

世界で最も注目されているサイは、知る人ぞ知る、

ケニヤのシロサイのスーダン。


3頭しか残らないキタシロサイのうちの1頭。

しかも唯一のオス、45才という

高齢の地球最後のキタシロサイ。


2月末、ケニヤのオルペジェタ自然保護区から

スーダンは後ろ足の感染症のため

健康状態がかなり悪い、というが発表あり、

場合によっては安楽死という可能性も

取り沙汰された。


キタシロサイのことを気にかけている

世界中の人々が最悪の事態を覚悟しつつ、

心から回復を祈った。



幸い数日後に、スーダンの食欲が戻り、

立ち上がることもできるようになった。

感染症の治療が今も続けられているが、

容態が安定してくれることを願う。



a0280851_18465199.jpg

Photo(C):AP スーダン↑



残念ながら、スーダンは高齢で繁殖能力がなく

もう我々はキタシロサイの地球上での絶滅を

見届けるしかない。


キタシロサイの生息地は地形的に分断された

場所にあり以前から数は多くなかったが、

それでも1960年代には中部アフリカに約2300頭は

生息していたという。


しかしスーダン、コンゴ、ウガンダなど周辺国の

内戦が続き密猟や生息地破壊がさらなる減少をもたらし、

野生のキタシロサイはすでに絶滅してしまった。


現存する3頭は、チェコのドヴール・クラロベ動物園で

飼育されていたが、繁殖のためには本来の生息地に

近い環境がよいのではという期待から、2009年に

ケニヤのオルペジェタ自然保護区に移された。


このときもう1頭、スーダンより7才ほど若いオスも

一緒に送られたが、2014年死亡。


結局、ケニヤでの繁殖が

実現する結果にはならなかった。



ブログ内過去関連投稿

「唯一の繁殖可能性なキタシロサイのオスが死亡」

https://dearhino.exblog.jp/20318002/

(2014.10.24)





a0280851_18472976.jpg
Photo(C):AP メスのキタシロサイのNajinとFatu。


キタシロサイの完全な絶滅を回避できる

僅かな希望はある。


それは冷凍保存してある精子と卵子から人工授精し、

ミナミシロサイのメスを代理母として出産させる方法。


さらに今ではiPS細胞から卵子を作って受精卵を

作る方法も研究されている。しかし、マウスでは

成功しているもののサイでの応用実現には

10年以上かかる見通しだそうだ。


今のところ、キタシロサイが絶滅しても

シロサイが絶滅するわけではない。そのときには

地球に存在する唯一のシロサイの亜種となる

ミナミシロサイは、現在約2万頭生息している。


しかし、1日平均3頭のペースで密猟されているので、

早く密猟を止めないとミナミシロサイも絶滅の可能性が

高まる一方だ。



そして、オルペジェタ自然保護区の特別な施設で

暮らす最後の3頭のキタシロサイでさえも

密猟される危険があるので、レンジャーが24時間、

厳重に彼らを警備している。



a0280851_10480440.jpg

Photo(C):National Geographics


参照記事 :


a0280851_11414358.jpg


by dearhino | 2018-03-15 11:14 | ケニヤ | Comments(0)
<< 3/19 地球最後のキタシロサ... 2017年の南アフリカのサイの... >>