ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

南アフリカ環境省発表の今年8月までのサイ密猟数

9月21日に発表された南アフリカ環境省の
サイ対策に関連する進捗レポートによれば、
2018年1月から8月末までの南アフリカのサイの密猟数は、
前年同時期に比べると、かなりの減少が見られる。

a0280851_01141519.jpg

2018年1月から8月までのサイ密猟数  508
2017年1月から8月までのサイ密猟数  691

統計で示されている今年8月までの密猟数が。
去年の同時期よりも183頭も減少していることから、
2018年の密猟数が昨年よりもかなり減少することも
期待できる。

2013年以来、南アフリカの年間サイ密猟数は
千頭を超えているが、今年は6年ぶりに
3桁に留まることを願いたい。本当は
これからもう1頭も殺されないで欲しいが。


2017年のクルーガー国立公園のサイ密猟数 504
2017年のクワズルナタル地域のサイ密猟数 218

地域別に考えると、サイの生息数が多い
クルーガー国立公園は2017年の年間密猟数は、
前年の4分の3程度に減少した504頭。
今年の8月までに密猟されたのは292頭。

このペースで単純計算するとクルーガー国立公園の
年間密猟数も400程度に抑えられるかもしれない。

クルーガー国立公園とは対照的に、2017年には
前年より37頭も密猟が増加し合計218頭となった
クワズルナタル地域の密猟数も、
今年の8月までの数字を見ると、前年同時期の
163頭から今年は83頭とちょうど半分となり、
増加傾向を断ち切れたようで喜ばしい。

ともかく、この減少傾向が続き、今年の南アフリカの
密猟数が千頭を下回ることを期待する。


<2007年からの南アフリカの年間密猟数の変遷>
a0280851_19242828.jpg

(C)Traffic

参照記事 :




by dearhino | 2018-10-24 19:38 | 南アフリカ | Comments(0)

10月4日「ゾウとサイの日」グローバルマーチ@上野公園 2018.10.6

2014年10月に東京でも開始された
「ゾウとサイのためのグローバルマーチ」は
今年で5回目を迎えました。
a0280851_14461814.jpg
主催のNPO「アフリカゾウの涙に加え
以下のゾウを保護する団体の皆さまも参加。、

象との絆
象のUNKO elephant paper
トラ・ゾウ保護基金
ボルネオ保全トラストジャパン
(アイウエオ順)
WildAidJapan

a0280851_14415499.jpg
a0280851_14424674.jpg

a0280851_14450099.jpg

設置テントも前年よりも増えて、
楽しく真剣にゾウとサイのことを考える
イベントとして発展中です。

来場した親子連れの方々がたくさん、
サイの折り紙作りにも参加してくれました。
a0280851_14471640.jpg
a0280851_14474178.jpg
ゾウとサイのアンケートも!
a0280851_15565851.jpg

a0280851_14441950.jpg
a0280851_14444097.jpg

2014年の第1回グローバルマーチ開催時に、
滝川クリステルさんから
頂いたメッセージです。

日本でも少しづつ象牙消費の問題が知られつつあり、
イオン、楽天、メルカリ、そして、印鑑通販の大手
ハンコヤ・ドットコムなどが象牙印鑑の販売を
中止するようになりましたが、残念ながら
4年前と現在では、ゾウの密猟状況の厳しさに
変わりがありません。
サイに関してもまったく同様です。

まだまだ私達は象牙とサイ角の消費を
ストップさせるために
頑張らなくてはならないのです。


by dearhino | 2018-10-15 16:13 | イベント | Comments(0)