人気ブログランキング |
ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

過去10年間のインドでのインドサイ密猟の合計総数


上記の参照記事によると、
インドでの、2008年から2018年までの
インドサイの密猟数の合計は、
102頭であるという。

そのうち、インドサイの主要生息地である
カジランガ国立公園を含むアッサム州で
犠牲になったのは84頭。

逮捕された密猟者は、209名。

最も密猟が多かったのは、2013年と2014年で、いずれも 22頭。
次が2010年の11頭。 それ以外の年は、10頭未満。

昨年2018年は7頭、2017年は2頭だった。

このデータは、Right to Information Act という、
市民が政府機関に情報を要求することのできる法律に
則って提供されたもの。


但し、2017年の以下の参照記事中の
下記のグラフでの密猟数に基づくと、2008年から2015年の
アッサム州のカジランガ国立公園の密猟数だけでも
合計102頭ということになる。

a0280851_22475220.png

どちらの記事の数字の信頼度が高いかは
わからないが、 感覚的には
2008年から2018年のインドのサイの密猟数は
102頭よりも多いのではないかという気がする。

いずれにせよ年間千頭以上が密猟されている
アフリカのサイに比べれば
はるかに密猟の犠牲となるサイは少ない。


しかし、インドでは密猟だけでなく、
洪水で命を落とすサイが少なくない。
2017年には31頭のサイが死亡している。

また、洪水で母親を失ったり、はぐれたりした
サイの子どもが孤児となっている。



by dearhino | 2019-01-27 23:11 | インド | Comments(0)

津波でジャワサイは無事だったが対策が必要。

昨年末の12月22日、インドネシアのジャワ島と
スマトラ島に挟まれたスンダ海峡で発生した
津波は犠牲者400名以上の大災害となった。

この津波の原因は、アナク・クラカタウ島の
噴火活動の影響と考えらている。

この島は、ジャワサイの唯一の生息地である
スマトラ島のウジュンクロン国立公園の北側にあり
距離が近いため、ジャワサイが無事かどうか
心配されていた。
a0280851_00224956.jpg
(C):WWF

幸い、ジャワサイは通常、国立公園の南岸に沿って
生息していることから今回は無事であった。

しかし、噴火活動は活発に続いているため、
今後、このジャワサイ唯一の生息地が
被害に合う可能性は否定できない。

そうなると、ジャワサイは絶滅してしまう。

a0280851_00222913.jpg
(C):WWF

現在、ウジュンクロン国立公園当局では
ジャワサイの早急の移動を検討している。


参照記事 :



by dearhino | 2019-01-10 23:28 | インドネシア | Comments(0)