ブログトップ

親愛なる犀たちへ

dearhino.exblog.jp

タグ:保護団体 ( 12 ) タグの人気記事

来年のライノ・カレンダー

100枚のサイの写真 !

Internationa Rhino Keeper Association が、
来年のカレンダー( 2014 Rhino Conservation Calendar)
用の12枚の写真を選ぶため、サイの写真のコンテストを実施し、
その上位12枚の写真が2014年のカレンダーを飾ることとなる。



コンテストの投票方法は、サイトにアップされた100枚の写真から
気に入ったものを10枚選び、投票フォームから送信するもの。
投票は誰でも可。

尚、カレンダーの売り上げはすべて、スマトラサイの保護
( the Sumatran Rhino Sanctuary)のために寄付される。

投票しなくても、100枚のサイの写真を見るだけでも楽しい。

38番の写真の、狛犬風だけれど、ジャワサイらしき
ふたつの石像の写真が面白い。 並んだ姿が何とも
可愛いいけれど、いったいどこにどんな風にあるのか?


100枚の候補の写真を見るのは、 ココから NEXT をクリック。


カレンダーは、9月1日から発売され、ライノデーの9月22日までは、
割引価格で22ドル、それ以降は26ドルとなる。昨年は完売した。


参照記事 :
2014 Rhino Conservation Calendar(E)


a0280851_10194372.jpgWelcome to the 3rd Annual Rhino Photography Contest!

(Photo Credit : IRKA)
by dearhino | 2013-08-28 10:47 | その他 | Comments(0)

このままだと年末までに500頭のサイがコロサレル

a0280851_15441872.gif7月17日時点で281頭のサイが南アで殺されている現状では、年内に角のために命を奪われるサイは515頭に達すると予測される、という。 (TRAFFIC のレポートより)


野生生物の取引を監視・調査するNGO密輸取引を監視する
英国のNGO" Traffic " レポート によると、

アフリカにいる約2万頭のシロサイと4800頭のクロサイの約4分の3が南アフリカに生息。

その南アフリカは、最近サイの密猟と角の不法取引に対し監視を強化しており、今年に入ってすでに176名の容疑者を逮捕している。

この数字は、2010年の1年間の逮捕者165名を上回る。

lこうしたサイの密猟・角の密輸による逮捕者の増加、厳罰化といった密猟防止対策が強化されるにつれて、密猟者の手口もより過激かつ高度化、資金も高額化している。

危惧される最近の傾向は、保護区の所有者、プロのハンター、獣医らが犯罪組織に誘われ、サイの角のディーラーになってしまう、ということ。


このレポートでは、サイの角の闇取引を煽る最大の要因はベトナムにあると名指し、ベトナムに対して厳正に角の取引を禁止する法律を施行させなければならない、としている。

サイ角の密輸ができなくなれば、不法取引はなくなり、密猟が防止できる。



参照記事(F)

参照記事(E)
by dearhino | 2012-08-29 22:15 | Comments(0)